早苗の露出趣味について

この体験談は約 5 分で読めます。

私(37歳)、妻の早苗(32歳)。
子供はおりません。
私の妻、早苗の露出趣味について聞いて下さい。

私は会社人間で最近3年くらいは11時頃帰宅し、ご飯を食べて寝るだけの夫婦生活でした。
ここ半年くらいの間たまに早く帰ると早苗が家には居ないことが何度かありました。
帰ってくると、友達の所へ行っていたと言います。
そわそわした様子に気を止めずにいたのですが、先日妻を見張って見ました。

何度目かの見張りの日、妻は見知らぬワンボックスカーに乗り少し離れた公園の駐車場に行きました。
すると他の2、3台の車から男が早苗の乗った車に近づき、中を覗きはじめました。
しばらく様子を見ていると、外の男達はズボンからチンポをだしてしごき始めます。
私も側によると、全裸の早苗がお尻を窓に向けて男のものを舐め回していました。
窓にはガラス越しに早苗のオマンコがパックリと口を開けています。

「いつ見てもスケベな女だ。しかし、いいオマンコだな、一発やりてえなぁ」
「おいおい、見るだけの約束なんだぞ、変なことしたらもう見れないんだからな」

・・・と、外の男達は話しています。

私はどうなっているのか、怒りよりも現状を知りたくて一人の男に聞きました。

「なんだお前知らずに来たのか?運のいいやつだな。あるサイトに露出予告が出るんだよ。場所とかは分かりにくいけど、この女はだいたい分かるね。俺も今日で3回目だけどな」

見るだけの約束について聞くと・・・。

「だからサイトに書いてあるんだよ。見るだけだってよ。お前も車揺すったりするんじゃないぞ。何にも知らないならあっち行けよ」

・・・と、怒られました。

仕方なく私は自分の車に戻り、様子を見ていました。
それから2台車が来て外の男は全部で6人になりました。
みんな車を囲み、中を食い入るように見ています。

30分くらいして早苗の乗った車から何か白いものが捨てられ、外の男達は争って拾いました。
車はさっと居なくなり、一人の男が自慢げに白いものの臭いを嗅いでいます。

私は近寄り「何ですか?」と聞きました。

すると男は恐い顔で「俺のだからな。あっち行け」と言います。

「お願いだから見せてください」と言うと、「見るだけだからな」と手の上に広げてくれました。

それは白の下着で、べっとりと女の愛液がついていました。
臭いを嗅ごうとすると男に突き飛ばされたので、私は家に帰りましたが、頭が混乱してぼーっとしていましたが、なぜだか異様にチンポが大きくなり自分でしごいていました。

しばらくして早苗が帰ってきましたが、私を見てびっくりした様子でご飯を食べるかと聞いてきますが、私は早苗を怒鳴り、今日のことを説明させました。
泣きながら話す早苗の露出趣味は想像を超えていました。

高校のころ友達に勧められ、使用済みの下着を3枚ナイロン袋に入れて友達に渡すと、新しい下着3枚と5千円貰えたことに端を発した。
自分の下着で男の人がオナニーするのを想像すると無償に体が火照ってしまい激しくオナニーにふけった。
もらった下着をはいたまま駅前の浮浪者が下着を鼻にあててオナニーしてるところを想像しながらオナニーすると、とても気持ちが良かったと言う。

大学に入り、下着売りは辞めたのですが、その大学はトイレの覗きが多く、何度もブースの下から覗かれたが、自分のおしっこをしてるところや、自分のオマンコでオナニーするんだろうなと思うと非常に興奮して知らないうちにオマンコを指で擦ってしまっていた。
駅とか外でおしっこをするときは男女兼用のトイレに覗かれるのを期待してずっと入っていたそうです。

もう覗かれたくてしかたがない状態で、短いスカートで駅の階段や、ショッピングセンターの吹き抜けの手すり際へよく行ったそうです。
男の熱い視線が太股やお尻、オマンコに矢のように刺さるとどうしようもないくらいに濡れてきてしまう。
濡れて気持ち悪くて下着を脱ぎ自動販売機のゴミ箱の上に置いた時、男がさっと手にして走り去って行った。
高校時代を思い出してトイレに駆け込み激しくオナニーをしてしまった。
もっと沢山の男に見てもらい、チンポを扱いてほしくてしかたがないのだが、良い方法も見つからず悶々とした日々が続いたそうです。

そして、早苗は2年くらい前にあるサイトにたどり着きました。
そこには、露出の予告をする女性のBBSがのっており、女性の露出を見ようと男達から場所の質問等がチャット形式で沢山入っています。
その目撃報告のBBSも多く、早苗はこれだとそうそう露出予告を書き込んだそうです。

最初はノーパン・ノーブラで郊外のショッピングセンターでエスカレーターを上ったり、商品を取るふりをしてしゃがんだりしての露出でしたが、なんだか物足りなさが大きくなってきてもっと刺激的で男がオナニーをするような露出を望むようになりました。
ショッピングセンターの屋上駐車場の車の陰で早苗のオナニーシーンを男に見せたり、郊外の自動販売機置き場でのオナニーなどだんだんエスカレートしていきました。
サイトで予告をすると4、5人の男が集まり、男同士が牽制しあって早苗に手を出してくることは無く、遠巻きに見ながらチンポをしごいて最後には精液を床に放出するそうです。
帰りは男達につけられるんじゃないかと心配でしたが一度も恐い目にはあわなかったそうです。

そんなある日、郊外のバス停の小屋で露出オナニーをした時に、男達は場所が分からないのか一人も来ませんでした。
諦めて帰ろうとした時に何度か見に来たことのある40代の男がやってきました。
男が一人だと恐かったのですが、見せてくれるよう頼まれてオナニーをはじめました。
男も大きくなったチンポを出してしごきはじめました。

いつもは遠巻きにみているのですが一人と言うこともあって、すぐ近くまで来て早苗のオマンコに顔を近づけてきます。
早苗もいつしか興奮してきて異様な状況に感じてしまい、我を忘れてオマンコをさすり、イッてしまいました。
すると男がいきなりチンポを早苗の中に押し込んできてとうとう犯されてしまいました。
男が激しく腰を打ち付けている最中に、入り口に隠れるようにしてチンポをしごいている他の男の姿が見えました。
一番早苗が望んでいた場面でした。

早苗も極度の興奮状態になり、「見て!見て!」と激しく腰を揺すっていました。
早苗を犯している男は人がいるのが嫌だったらしく、早苗を自分の車に連れて行きホテルへ連れ込んで続きを始め、早苗の中に放出しました。
早苗がさっきとは感じ方が全然違うので何でかと聞くので、早苗は自分の性に対する欲望を話しました。
露出には男も理解を持っていて、その後は男と二人で本番の露出にはまって行ったということでした。

男と一緒だと他の男に悪さをされる心配も無いし、思いっきり出来るので深く感じられるそうです。
カップル喫茶に2度ほど連れて行かれたのですが、それなりに感じるのですが男が覗いてオナニーをするのを見る快感には及ばなかった。
やっぱり複数の男に覗かれて、男達が早苗を見ながらチンポをしごき、精液を放っていくことが一番燃えるのだそうです。

たぶん私達は離婚します。