レースクイーンと仲良くなって

この体験談は約 6 分で読めます。

レースクイーンをしている友人から、「皆が紹介して欲しがってるから、今年の忘年会には是非参加して欲しい」と頼まれました。

私が業界関係の仕事をしている為、コネを作りたくて呼ばれたんだと思います。

その日はクリスマスイヴ前で、面倒臭いなと思いながら渋々その忘年会に参加しました。
仕事が忙しかった私は、一次会の終わり頃から参加しました。
来ていたメンバーはレースクイーンやモデル、深夜番組でアシスタントをしているような駆け出しのタレント達が中心でした。
勿論、男性陣も(モデルや舞台俳優をやっているような人達がほとんど)いました。
ミニスカポリスに出てる子や、変わった職業では、そこそこ人気のある漫画家もいました。
参加メンバーの年齢は、私を含め大体20~25歳くらいでした。

三次会の途中で帰った彼女から私の携帯に電話が入りました。
(二次会で彼女と携番を交換してました。)
店に忘れ物をしたから、よかったら帰りに家に寄って届けてくれないか、との事でした。
私は、「届けてもいいけどタダでは帰らないかもよ」と付け加え、電話で教えられた彼女の家にタクシーで向かいました。
勿論、タクシーの中での私は下心で一杯です。

彼女の家に着いた時は、出会ってから三時間くらいしか経っておらず、自分がこのレースクイーンの部屋にいるのが可笑しく思えたのを覚えています。
何より、嫌々付き合いで参加した忘年会でこんな展開になるとは予想してなかったわけで・・・。

彼女の部屋にはパソコンがあり、壁には自分の写真が沢山飾ってありました。
カメラ小僧から送られてきた手紙や写真などを見せてもらい、色々な話を聴かせてもらいました。
カメラ小僧が、レースクイーンと結構仲良くなれるという話は、私にとって意外な事実でした。
恋愛に発展したり友達になる事は無いと言っていましたが、「気持ち悪い」とか、毛嫌いするような事も無いとも言ってました。

そんなこんなで寝ることになり、別々にシャワーを浴びました。
確か、私が最初に入らせてもらったと記憶しています。

ベッドに先に入り待っていると、パジャマに着替えた彼女が戻ってきました。
メイクを落とした彼女は途端に幼く見え、いつもは無理して大人っぽくしてるんだなと、少しキュンと胸が痛みました。
レースクイーンという仕事も大変なんだなぁと。

狭いベッドに並んで寝ることになったのですが、Hな雰囲気等は無く、彼女は私に、自分が付き合ってる彼の話をしてくれました。
彼女の付き合っている人は、広告代理店に勤める30代後半で、妻子持ちだということでした。
要するに不倫ですね。
もともと仕事で知り合い、他の仕事をまわして貰ったり、色々世話をしてくれた人だと。
勿論、彼に下心が有ることには気付いており、そういう雰囲気にはならないように気をつけてはいたが、ある日どうしても避けきれなくなり、男女の関係になってしまったと教えてくれました。
そして、それ以来、彼・彼女として付き合っていると。
私の彼女の話も聞きたがっていたので、少しだけ話して聴かせました。
小一時間そんな話をして、私達は寝ることにしました。

全然Hな雰囲気では無くなってしまい、私は「今日はH無しだな」と諦めかけていたように記憶しています。
しかし、どちらからともなく“オヤスミのキス”をした瞬間に、そんな空気は一変しました。

軽く“チュッ”とフレンチキスをしたり、激しく舌を絡め合い、ディープキスをしたりと10分以上キスをしていたでしょうか。
私は、そのキスを切っ掛けに、なんとかHにもっていこうと考えたのですが、彼女には「お互いに付き合ってる人がいるんだからHはダメ」と言われてしまいました。
ただ、私のキスをよっぽど気に入ってくれたらしく、「◯◯さんとキスするの気持ちイイ、もっとキスしよぉ」と言われました。
そのキスの流れで、私が彼女の耳たぶを軽く噛むと、彼女はビクンと身体を仰け反らせ、少しだけ喘ぎ声を漏らしました。
私は、そんな彼女の姿に興奮してしまい、彼女の耳や首筋、髪の毛や瞼など、いたるところにキスしました。
正確には、もうキスではなく、愛撫になっていました。

彼女は途中何度か「感じちゃうからダメだよぉ」「Hしたくなっちゃうからダメだよぉ」と喘ぎ声交じりに言っていたのですが、言葉とは裏腹にブラを外し、乳房に愛撫する私の頭部を、しっかりと抱きしめていたのが強く印象に残っています。

彼女の下着を脱がせ、下腹部に指を挿入すると、彼女はより一層大きく仰け反り、激しい喘ぎ声をあげ始めました。
ものすごく濡れていたのをはっきりと覚えています。

「やっ、ぱりっ、Hはダっ、メだよぉ、ぅ浮気になっちゃうよぉぉ」と喘ぎ声交じりの彼女に、私は愛撫を続けながら「でもスゴク感じてるんでしょ?気持ちいいんでしょ?」と聞きました。

「す、すごッ、くぅっ、キモチイィ!キモチぃイイっ、けどぉ・・・」と彼女。

そんなやりとりが何度か続き、彼女が幾度か絶頂を迎える間に私も下着を脱ぎ、下半身丸出しの状態になりました。

「イクゥ」とか叫ばれたわけでは無いので、正確には彼女がオルガズムに達したのか分かりませんが、大きく仰け反って、無言で口をパクパクさせる状態に何度かなっていました。
そのときの着衣の状態は、彼女→パジャマの上着(ボタン全開)のみ、乳房・下半身丸出し、私→Tシャツのみ、やはり下半身丸出し。
当時の私は自他共に認めるかなりの遊び人で、毎日のように青山のミュ◯ズやア◯ロといったクラブに入り浸り、仕事→クラブor合コン→お持ち帰り&SEX→少しだけ寝てから仕事というような生活をしていました。
今考えると、自分でも何故あれほど少ない睡眠時間で生活出来ていたのか分かりません。
そんなヤリチンの私でしたが、その時の私は今迄に経験したこともないくらい、激しく勃起していたのが強く印象に残っています。
腹まで反り返りそうな自分のペニスを見下げ、大袈裟では無く、自分でも「デケぇ!」と驚く程でした。
その後も、今日まであれほど激しい勃起をしたことはありません。

何度かの絶頂で、激しく反り返ったりして動いていた彼女は、ベッドの上で半ばうつ伏せの様な体勢になっていました。
身長160cm位(だったと思う)で、レースクイーンとしては小柄な彼女は、後ろ向きになると余計に幼く見えました。
私は長身なので、ベッドに突っ伏す彼女がかなり小さく見えました。
乳房は小さく身体は華奢で、決してイヤラシイ身体つきでは無かった彼女ですが、その脚はスラッと細く美しく伸び、何よりヒップはツンと上を向き、キュッと締まっていて、思わず見惚れてしまう程でした。
私はその美しいヒップを包み込むように、彼女の腰近くを両手で支え、激しく勃起した自分のペニスを彼女の下半身にあてがいました。

「入れていい?」と聴くと、「イっ、入れっ、ちゃ、ダメぇ、だよぅっ」と彼女。

「でも、スゴク感じてるじゃん、したく無いの?入れて欲しく無いの?」と私。

「シっ、シタいぃっ、スゴっ、クぅっ、シタいけどぅっ、・・・!!!」

彼女が言い終わるか言い終わらないかのうちに、私はペニスを彼女の下腹部に根元まで挿入しました。

その瞬間、彼女は今迄で一番大きく仰け反り返り、小さく口をパクパクとさせました。
彼女の中はとても熱く、愛液で激しく溢れながらも、ねっとりと私のペニスを包み込みました。
“蚯蚓千匹”や“数の子天井”とかでは無かったのですが、彼女の中は、それより過去に関係を持ったどの女性のモノよりも気持ちよく、私のペニスを熱く包み込み、時には優しく締め付けました。
正直、当時付き合っていた本命の彼女よりも気持ちよかったです。
私がペニスを出し入れすると、激しく愛液が溢れ飛び、私の陰毛・陰嚢、彼女のヒップ・内股に至るまで、みるみるうちにベチャベチャに濡れていきました。
あの、熱くヌルヌルした感覚は7~8年経った今でも、はっきりと思い出す事が出来ます。

「あンぁっっ、ダメっ、だよっ、うぅっ・・・」

激しく感じ、喘ぎながらも、彼女は彼に対する罪悪感を口にしました。
私は身体が大きいせいか、人よりもペニスが大きく、しかもその時は過去最高に勃起していましたから、根元まで深々と挿入しながらも、実は彼女は痛がっているのではないかと心配になり、何度か「痛いの?キモチイイの?」と話しかけました。

「ダメなの?やめる?気持ちよく無いの?」とも聞きました。

その頃には私も少し息が上がり、吐息まじりだったと思います。
必死に喘ぎ、時折無言で口をパクつかせる彼女に、私は何度か同じ質問を繰り返しました。

「スゴっ、くぅっ、キモチイイぃっやめっ、て欲しくなっ、いけどぉぅっ・・・」

彼女は喘ぎ声交りで切れ切れの小さな声で答えました。

彼女の腰がガクガクと痙攣し、私のペニスは彼女の中で一段と熱く包まれました。
私はイキそうになり、動きを止めましたが、今度は彼女の動きが止まりません。

ヌルンヌルン?グニュングニュン?

何と表現したら分からない程の気持ちよさで、私は一気に絶頂へと導かれました。
慌てて私はペニスを彼女から引き抜き、咄嗟にベッドの脇に脱ぎ捨ててあった自分のトランクスでペニスを包み、その中に射精しました。
とてつも無く長く、大きな射精感でした。