エロスイッチが入った姉とイメージプレイして中出し

この体験談は約 3 分で読めます。

俺も軽いアスペだけど、姉ちゃんは俺よりも程度が重くて、ちょっと躁鬱も入ってる。
だから新しい人と親密な関係を築くのが難しい。
外見がいいから常に男は寄ってくるんだけど、自分の関心のないことは全くしようとしないし、相手に合わせるということをしないから、付き合ってもすぐ別れていた。

まあ本人は別に気にしてなかったんだけど、姉ちゃんが25歳くらいの時に急にセックスのスイッチが入ったらしい。
でも女ばかりの職場だから出会いもないし、仮に出会いがあっても付き合うということが面倒くさい。
とりあえず生理的にやれる男は誰か?
そう考えていったら、太ってなくてブサイクじゃなければやれるけど、知り合いの男はほぼ友達の彼氏とかだから無理。
じゃあリスクはあるけど、出会い系やナンパ男を相手にするか?
そこまで考えて、(あ、弟がいるじゃないか!)と閃いたらしい。

俺は中学生の頃に姉ちゃんに下着を盗んで見つかったことがあるし、姉ちゃんが昼寝してるときにちょっと体を触ったこともある。
高校の時には姉ちゃんをレイプする妄想でオナニーしたこともある。
外で女と付き合えるようになってからはそういうことをしなくなったけど、抱けるか抱けないかで言えば、十分抱ける。

そんで姉ちゃんに相談されて、「今すぐにでもセックスしたいけど、相手を探すのも大変だから、あんたはどう?」と単刀直入に誘われた。

そんなことを急に言われて困ったけど、姉ちゃんが服を脱いで抱きついてきたら、体は正直なもので俺も勃起した。
まあ昔は性的な目で見たときもあったわけで、俺もその気になって姉ちゃんとセックスした。

最初は自宅、時々ラブホに行ってたけど、家だとやっぱり親にバレないようにするのは大変だし、ラブホも毎回だと金がかかる上にちょっと遠いので、家の近くに小さい部屋を借りた。
駅からそこそこ遠くて線路のそばだから、家賃は安いし、多少うるさくしても聞こえないからちょうど良かった。

姉ちゃんは芸能人で言うと、吉沢明歩という元AV女優にちょっと似ていて、きりっとした美人。
背も高いし、胸もEカップ寄りのDカップ。

自宅でやってたときはスッピンで、スッピンでも悪くないんだけど、部屋を借りてからはOL的な化粧をしてもらうと超燃えた。
イメクラ的なのって男の趣味だと思ってたけど、姉ちゃんもそういう妄想が好きで、ヤリ部屋にはベッドと簡易冷蔵庫の他に、どこから手に入れたのか学校で使う机と椅子があった。
俺はお姉さん系のメイクや服が好きだし似合うと思うんだけど、姉ちゃんはセーラー服と耳の下で髪を二つ結びにして、『先生や先輩にレイプされる中学生』という設定が好きだった。
はっきり言って違和感ありまくりだった(笑)

あと、伸縮するつっかえ棒を使って電車の吊り革を再現して、痴漢にレイプされるという設定のプレイも時々やった。
姉ちゃんは性欲スイッチが入ってからは携帯でエロ漫画とAVを見るようになってて、(こういうことをされたい!)って悶々としてたらしい。

エロ漫画だとレイプはほぼ中出しだし、実際の事件では犯人が証拠を残さないためにゴムを付けるかもしれないけど、イメージ的にはそんな冷静なレイプ犯ではなくて、乱暴な男に無理やり犯されるプレイをしたいから、「最後は中に出して」と言われた。
もちろんピルを飲んで避妊はしていたけど、最初に生でやったときはかなり緊張して、めっちゃ気持ちいいのになかなか出なかった。
それでもだんだん中出しにもイメージプレイにも慣れてきて、「お願い、中はダメ」と哀願する姉ちゃんを押さえつけて、「おまんこに俺の精液をいっぱい注いでやるからな!」とか言って中出しするのは最高に興奮した。

タイトルとURLをコピーしました