宴会コンパニオンとプライベートセックス

この体験談は約 3 分で読めます。

先日、上司に言われて取引先の宴会に出席した。
旅館の大広間を借り切っての宴会で、コンパニオンが1人ついた。
お見合いタイムのように代わる代わるコンパニオンが変わったが、その1人と意気投合して、宴会後2人で会った。

佳恵っていうコンパニオン。
こんなとき普通は、飲み会がお開きになると大体がコンパニオンの勤めてるクラブ誘われて行ったりするんだが、佳恵は宴会のみのコンパニオンでクラブでは働いてなくてそのまま上がりだったので、一旦事務所に帰ってからと言うのでカフェで待ち合わせた。
しばらくして佳恵がやって来て、俺の行きつけの店に行って2人で飲んだ。

コンパニオンスーツから私服に着替えた佳恵。
コンパニオンスーツも良かったが、私服もエロかった。
胸の膨らみが目立つノースリーブにミニデニムにレギンス。
レギンスを穿いているからか大胆に足を組んでミニデニムが太股までずり上がっていた。
佳恵はちょっと酔ったみたいで、今にも眠りに就きそうだった。

「眠くなった?もう帰る?」

「ごめんなさい、飲みすぎちゃったみたい」

店を出ると酔ってるせいか佳恵が腕を掴んできた。

「大丈夫?歩ける?」

「うん」

腕が佳恵の胸に押し付けられて柔らかさが伝わってくる。
腕を掴む仕草が可愛くて、我慢できずに人目につきにくい路地へ連れ込むとちょっとビックリしたみたいだが、唇を重ねることに拒むことはなかった。
舌を絡ませ舌を吸うと、砕けるように腰を落とす佳恵。

抱きかかえて、「大丈夫?どこかで休む?」と聞くと小さく頷く佳恵。

2人でネオンの光る方向へと歩いた。
部屋を選んで入るまで、ずっと下を向いて黙ったままの佳恵。
酔ってて思考が鈍っているのか、今になって後悔してるのかはわからないが、部屋に入るなり佳恵を担ぎあげると、俺の首に腕を回してきた。
俺は佳恵をベッドに下ろして、「俺、彼女を抱いてベッドに運んであげるのが夢だったんだ。これで夢が叶ったよ」と言うと、嬉しそうに「そうなんだぁ」と笑った。
横に座り、唇を重ねた。

「お風呂、入る?」

小さく頷く。

「俺も入っちゃおうかなぁ」

「ダメェ」

甘えた声で拒む。
佳恵が湯船に入ったことを確認して、ドアを開けて入ると・・・。

「ダメ、恥ずかしい」

「綺麗じゃん、恥ずかしがることないよ」

「じゃあ電気消して、お願い」

電気を消し、俺も湯船に入って、佳恵を引き寄せて抱き合った。
洗い場で体を洗ってあげて、風呂場でじゃれ合う。

「まだ上がらないでね」

そう言って先に上がる佳恵。
少し後に部屋に入ると、パジャマを着て布団に潜り込んでいた。
俺も布団に入り、形のいい胸を揉み、小さな乳首を舌で転がす。
それだけで体をビクつかせて感じる佳恵。
クリを弄ると、もう蜜を溢れさせている。
一気に挿入してピストン。
佳恵は声をあげ、全身を硬直させ、足先までピンと伸ばして小刻みに震えながらイッた。
震える体を抱き寄せた。

「大丈夫?」

「うん、ごめんなさい、ごめんなさい」

なぜか半泣き。
ちょっと目を潤ませているのを見てビックリして、何かすごく悪いことしたのかと思って・・・。

「ごめん、どうかした?大丈夫?」

「うんん、違うの、自然に涙が出ちゃって、大丈夫、ごめんなさい」

抱き寄せて俺の胸の中で涙ぐむ佳恵を見ると愛おしくなって、自然と手が再び佳恵のマンコヘ・・・。
ビチョビチョに濡れたマンコに指を這わせると・・・。

「ダ、ダメ、今すごく敏感になっちゃってるから感じちゃう」

悪戯心が芽生えた。
嫌がると余計にしたくなっちゃうのが男の性。
嫌がる佳恵の股間へ顔を埋めてマンコをしゃぶる。
クリを甘噛みしながら舌で転がすと俺の頭を押さえて・・・。

「ダメ、ダメ、イッちゃう」

指でマンコを掻き回すと大量の蜜が溢れさせてイッた。

「もぉ・・・ダメだって言ったのにぃ」

翌朝も元気な息子を落ち着かせるために、朝から頑張ってしまった。

タイトルとURLをコピーしました