ドMの同僚を縛ってローター責め

この体験談は約 7 分で読めます。

今から3年前(現在29歳)、東京に勤めていたときの、同い年のI子ちゃんとの体験を書きます。

I子ちゃんは明るい女の子で、職場でも皆に可愛がられていました。
150センチあるかないかの小柄な子でしたが、それに反してDカップのボリュームある胸を持っていました。
黒髪でサラサラのロングヘアもオレ好みでした。
部署内では当時、オレとI子ちゃんしか同い年がいなかったこともあり、お互いの仕事の相談なんかをするうちに自然と仲良くなっていきました。

あるとき、仕事帰りに飯を食っていくことになり、適当な居酒屋に入って、仕事の話や他の同僚の話など他愛もない世間話をしているうちに、互いの恋愛の話になりました。
すごく昔の中学生くらいの時の話から始まって、高校の話、大学の話と盛り上がっていると、I子ちゃんには大学時代から付き合っている彼氏がいるということがわかりました。
オレも当時、大学時代から付き合ってた彼女がいたので、「偶然だねー」とか笑いながら、お互いの彼氏・彼女とのデートの話などをしていました。

だいぶ酒が入ってきているのもあり、話はだんだんとアレな方向へとシフトしていきました。
I子ちゃんも結構その手の話は好きらしく、「I子ちゃんって、話聞いてるとMっぽいよねー?」と水を向けると、「んー、すっごいドM」と楽しそうに答えてくれました。
オレが「あ~、やっぱね~」とか笑っていると、ノリノリになってきたのか、「オレ君は?」と聞いてきました。
オレは、「ん・・・どっちかっつったらSかなあ?」と曖昧に返しつつも、頭の中では、(本当はバッチリSだけどね)と訂正していました。
付き合ってた彼女とは、ソフトですが、目隠し、ボンテージ、ロープや首輪での拘束、媚薬をアソコに塗ってのローター責めなど、SMっぽいエッチをいつもしていたからです。
(苦しませるのが好きなのではなく、相手を恥ずかしがらせたり言葉で苛めたりして、何度も何度もイかせるのが大好きで、彼女は「オレ君のはサドのSじゃなくて、サービスのS」だと言ってました)

彼女とのエッチをぼーっと思い出しているとI子ちゃんが、「え~、じゃあ結構、彼女さんを苛めたりするの?」と興味津々で聞いてきました。

「ん?苛めるって例えば?」

「えっと・・・縛る・・・とか?」

少し照れながらI子ちゃんが答えました。
結構突っ込んでくんなぁと思いながらも、別に聞かれたんだから構わんだろうと、「まあ、そうね、軽い感じでね」と正直に答えました。
するとI子ちゃん、「いいなあ・・・」と羨ましげにポツリ。
それまでよりも随分と気持ちが入ったその一言を聞いて、オレは俄然興味が湧いてきました。

矢継ぎ早に質問していくと、どうもI子ちゃんは、彼氏にもっと苛められたいのだが、彼氏はそれほどそういった嗜好がなく、少し物足りなさを感じているとのこと。

「どんな感じかすごい興味あるんだよね~」とか照れながら可愛く言うもんだから、酒のせいもあって思わず、「んじゃ、オレが持ってるテープで試してみる?」と聞いてしまいました。

言ってから、(何言ってんだ、このアホは!)と自分に呆れていると、「ホント!」というまさかの返事。

I子ちゃんがどうも本気で言っているらしいことが分かったので、相談した結果、翌日2人とも休日出勤をして職場で試すことになりました。
(オレらがいた部署は休日出勤がほぼ無いところだったので、空き部屋で隠れてそういうことをしても全然バレなかったんです)

翌日の会社に行くと、幸いなことにオレら以外は誰も出勤していませんでした。
I子ちゃんからは、『先に空き部屋に行って待ってる』とメールが来ていたので、オレは少し仕事を片付けてから空き部屋に入りました。
I子ちゃんは、ピンクのセーターに白のブラウス、グレーのタイトスカートと普段通りの格好でした。
正直、始める前はまだ少し迷っていたのですが、I子ちゃんを椅子に座らせ、アイマスクを着けた途端、「ハア・・・」という吐息が漏れた瞬間、オレのS心が刺激されてしまいました。

I子ちゃんをテープで両手首を縛って、椅子ごとM字開脚の姿勢で縛って固定しました。
タイトスカートが捲れ上がり、可愛らしいレースの紐パンが丸見えになりました。
すでに少し湿っているのが分かります。
オレが椅子の後ろに立って耳を甘噛みしたり、首筋を舐めたり、オッパイやお尻を撫でたり、太ももを擦ったりしてあげると、「ン、アン・・・ン」と甘い声を出すI子ちゃん。

「どうしたの?そんな声出して?」

「ン、目隠しされてると、アン、どこ触られるか、分かんなくて、ア、すごく敏感になっちゃう・・・ん!」

とってもいい反応を返してくれます。
キスまでしてしまうとハマって戻れなくなってしまいそうな気がしたので、しようとするフリだけして、寸止めしました。
結果的にお預けを食らった形になり、I子ちゃんは舌を出してハアハア言いながら感じています。

その後も時間をかけて服の上から愛撫を続けました。
ただし乳首やマンコには触らないように愛撫していると、I子ちゃんは「アン、アン」と喘ぎながら、そのうち太ももをもじもじとすり合わせ始めました。
オレが、「どうしたの~?」とニヤニヤしながら聞くと、小声で「・・・直接触って・・・」とおねだりしてきます。
耳元で「スケベだな~I子は」と囁いてやると、「ハ、ア・・・いや」と言葉責めにも敏感に反応して、体をビクビクさせています。

オレは、I子ちゃんの手首からテープを一旦外し、セーターとブラウスを脱がしました。
Dカップのおっぱいがフロントホックのブラに包まれた姿が露わになりました。
両手で柔やわと触りながら、「大きいねー」と言ってやると、「ん~、フフ?」と嬉しそうにはにかむI子ちゃん。
袖を抜こうとバンザイをしている隙に脇の下にしゃぶりついてやると、「ンア・・・!ヒャン!」と嬌声を上げていました。
下半身を弄りやすいように足の拘束は解きましたが、「直接触って」というお願いを無視してまだまだ焦らすつもりだったオレは、ブラの紐だけ外して、また手首を拘束しました。

前に回り込んで足を大きく開かせ、右手で尻肉を、左手で乳房を揉みながら全身を露わにし、持ってきてたローターを取り出しました。
I子ちゃんの耳元でスイッチを入れてやり、「何の音だかわかる?」と聞くと、口を半開きにしてハアハア言いながらヨダレを一筋垂らしています。
紐パンの紐でスイッチを挟み、湿っている部分の周りをなぞってやります。
同時にブラのカップを少しだけ下にずらし、乳首が出るか出ないかの状態にして、出てきた分の乳輪を、ジュブ!ジュブ!とわざと下品に音を立てながら吸っていきます。

刺激を与えられるたびに、「アン!アン?」と甘い声を上げるI子ちゃんでしたが、決定的な快感がない状態に堪えられなくなったのか、「オレくぅん、触ってよ~、もっと気持ちいいとこ、直接触ってぇ!」と再びおねだりをしてきました。
触ってあげたくなりましたが、Sモードに入ってるオレは、「嫌だね。もっとスケベに、分かるようにおねだりしないと・・・」と囁きます。
I子ちゃんが、「嫌だよぅ・・・恥ずかしくて言えない・・・」とか言ってるので、「んじゃ、もうやめよっか」とローターのスイッチを切ります。

「ヤダ・・やめないで。I子の・・・を直接触って・・・」

「聞こえないよ、もっと大きな声で言わないと」

ローターを少しだけ中心に近づけながら、もう一度言い直させます。

「I子の、オッパイと・・・」

「オッパイはもう触ってるよ?オッパイのどこ?」

フロントホックを外し、乳首を出しながら言うオレ。
I子ちゃんの乳首はもうビンビン。
(乳輪も乳首も少し濃いピンクでした)

「ち、乳首・・・乳首を触って・・・」

「触るだけでいいの?」

「やだ、舐めて・・・?」

「人にお願いしてるんだから、もっと丁寧にね」

「は、はい・・・I子の・・・乳首を」

「どんな乳首?」

「ん、硬くなってるエッチな乳首を・・・」

「ビンビンになってるスケベな乳首を?」

「アン、I子のビンビンになってるスケベな乳首を舐めてください、お願いします!」

I子ちゃんが言い終わるや否や、「よくできました」と右の乳首を思いっきり吸ってやります。
I子ちゃんはその瞬間、仰け反りながら、「アン?あ、あ、いい!!イ、ア、アン?あー!!」と一際甲高い声で喘ぎだしました。

「もっと吸われたい?」

「吸ってください!お願いします」

もう丁寧語で順応しています。
ホントにドMです。
乳輪ごと扱くように吸うオレ。

「アン、もっと!いっぱい、や、あん、いい!!」

「何がいいの?」

「あ、I子のオッパイ、吸ってくれるの、気持ちいいです」

真ん中に両方の乳首を寄せてベロベロしながら・・・。

「もっと気持ち良くしてあげようか?」

「うん、うん、アン、して、してください!」

横に落ちてるテープを拾い、乳首が強調されるようにオッパイを少し潰して縛ってやります。
スイッチを切ったローターを縛られた両手で持たせ、「I子はどこに当てたいかな?」と聞いてやると、「ん・・・」と恥ずかしそうに自分の下半身に持っていきます。
オレは乳首を弄りながら囁いてやります。

「下の方がいいんだ?」

「うん・・・」

「下の、どの辺?」

「・・・足・・・」

「足の?」

「真ん中辺・・・」

「そこ、なんて言うの?」

「ア、アソコ・・・」

「じゃ、分からないよね?」

「オ・・・おまんこがいい、です・・・」

「おまんこのどこがいいの?」

「・・・ちゃん」

「聞こえないよ?」

「あん、クリちゃんがいいですぅ」

「じゃあパンツの上からクリちゃんに当ててごらん」

「ハイ」

しっかり自分のクリの位置に当てるI子ちゃん。

「パンツの上からがいい?」

「や、直接・・・」

「スイッチは?」

「入れてください、お願いします?」

「上手に言えたね」

頭を撫でながらローターのスイッチをオッパイを縛ったテープに移し、紐パンの紐を片方だけ解いてやります。
捲れて少し薄めのヘアが見えました。
I子ちゃんはすぐにクリに当て直します。

「いくよ」

「はい」

スイッチを一気に強レベルまで入れてやると、「あ、アー!アン、あ、いい、あ、アン」と悶え始めました。
うなじや耳の裏、首筋を中心に舐めながらピンピンの乳首をこねくり回していきます。
もう思い切り足を開いて、「アン!気持ちいい、気持ちいいよ~!」と感じまくっています。

数分してから・・・。

「I子は今、どんな状態かな?お顔は?」

「んん?目隠しされてます」

「上は?」

「ぜ、全部脱がされて、縛られてる」

「どこを?」

「アン、手首と、あ、I子のスケベなオッパイです」

「乳首は?」

「オレ君に弄られてます」

「弄られてどう?」

「気持ちいいです」

「そうなんだ、下は?」

「ア、おまんこに、クリちゃんにローター当てて!気持ちいいですぅ?アン、いい、あー!」

I子ちゃんはオレの思った通り、自分の言葉で感じているようです。
オレは仕上げにかかりました。

「もっと自分でどこ弄ってるのか言ってごらん。イキたくなったら、ちゃんと大きな声で言うんだよ」

「はい、おまんこ気持ちいい・・・」

「もっと何度もだよ」

「おまんこ、おまんこいいの、クリちゃん気持ちいいの!おまんこいい、おま、ア!クリちゃ!あ、おまんこイク、イクイク!!あ、アン、イクぅ!!!」

激しく体をビクビクさせながら椅子からずり落ちそうになるI子ちゃん。
イッたようです。

荒い息を吐いているI子ちゃんの目隠しや拘束を外してやりながら、「どうだった?」と聞くと、「やばいかも・・・」と熱を帯びた声で答えてくれるのでした。