デカ尻を突き上げて社長に犯されていた母

この体験談は約 4 分で読めます。

私は高校の時、定時制の工業高校に通っていました。
学校で出ていた求人募集で、町の電気屋に働きに行きましたが、数ヶ月でクビになりました。
私がクビになって数日後、社長が理由を伝えに家に来るとのことでした。
ちょうどその日は次の働き場所の面接日で私は立ち会わなかったのですが、パートを休んで母が立ち会いました。

当時の母の年齢は43歳。
お世辞にもスタイルは良いとは言えませんが、バストはFカップあり、尻もデカく、若い頃は痴漢されたこともあったとか。

私が面接を終えて家の前まで帰ってくると、会社のトラックがまだ停まっており、社長がまだ居るのが分かりました。
正直、顔を合わせるのは嫌だなぁとは思ったものの、渋々ながら玄関に入ると、母の金切り声が聞こえました。
社長はひたすら謝っていたようでしたが、いきなりバンと大きな音がしたかと思うと、少しの静寂があり・・・。

「ヤメテェ」

何事かと思いながら恐る恐る中に上がると・・・。

「黙って聞いてりゃ、つけあがりやがってぇ」

そう言うと社長は母の頬を平手打ちし、体勢を崩した母に上から覆い被さると、嫌がる母に乱暴に口づけし、右手で荒々しく母の胸を弄り、上着を乱暴に脱がし始めました。

「イヤ~。許してぇぇ」

手でガードしようとしたものの両手を封じられ、社長は母の胸に顔を埋めると・・・。

「プニプニで柔けぇなぁ。なぁ、やらせろよ!!」

そう言うと社長は素早く立ち上がり、ズボンとパンツを脱ぎ、勃起したチンポを母の顔へと近づけました。
母は慌てて顔を背けるも、社長は強引に母の顔を向かせ・・・。

「オラ、しゃぶれよ!」

社長が軽く母の頬を叩きます。

母は「止めてぇ」と社長に訴えるも、社長は「咥えるまで止めない」と言い、また何度か母の頬を叩きました。

母は泣きながら口を開き、嫌そうな顔で社長のチンポを口に含みました。
社長は母の髪を掴んで荒々しく母の頭を前後に振り・・・。

「ほら、もっと気持ち良くさせろよ!!」

母の頬に社長のチンポが何度も当たり、母の頬が膨れます。
母はゴホゴホ咽せ、チンポを口から出すと・・・。

「もう、もう許して下さい!無理です!!」

「無理だぁ!?しょうがねぇなぁ。じゃあお前のマンコで勘弁してやるよ!」

「エッ!?な、何を?イヤァァ!ヤメテェェェ!!!」

社長は無理やり母を押し倒すと、荒々しく母の服を脱がしにかかりました。
薄いピンクのシャツがビリッと音を立てて破かれ、母のベージュ色のスリップが露わになります。

「なんだぁ、ババァくせぇ下着してやがるなぁ?」

社長は母を貶しながらもスリップから零れ落ちそうな母の巨乳を見てニヤリとすると、そのまま荒々しく顔を埋め、母の巨乳の感触を楽しんでいました。

「イヤァ、イヤァ、誰か。ウゥゥン」

「うるせぇ!また殴られたいか?」

社長が母の口を左手で塞ぎながら右の拳で殴るジェスチャーをすると、母はビクッとして大人しくなりました。
社長は母の耳元に何か囁くと、母は放心したように社長にされるがまま衣服を剥ぎ取られていきました。

「最初っからそうやって大人しくしてりゃいいんだよ!」

社長は時おり嗚咽する母をスリップ姿にさせると、四つん這いにして母の尻をピシャンと叩きました。

「オラ、もっと尻上げろ!!」

「痛い!お、お願い、乱暴にしないでぇ。ウッ、ウゥ・・・」

母がポロポロ泣きながら社長の言うように尻を高々上げると、社長は母のスリップを胸元まで捲り上げ、母の茶色いショーツを指で撫でました。
母はビクッと身体を動かすも、恐怖で抵抗することが出来ないようでした。

「なんだよ、パンティも色気がないなぁ?まあいいや、ほら、尻振れ!!」

社長は母の尻をパンパン叩くと、母は「痛い」と言いながら社長に言われた通り尻を左右に振り始めました。

「いい尻してるじゃねぇか。中身はどうだ?」

そう言うと長は母のショーツを太股まで下ろしました。

「アッ」と小さく声を出す母の尻を社長は容赦なくピシャンと叩きます。

「嫌がってるんじゃねぇよ!お前のようなババァの相手をしてやろうってんだ、感謝しろ!!」

社長は母の尻を叩きながら、まだ濡れてもいない母のマンコに無理やり挿入すると・・・。

「イヤァ、痛い、痛いです!」

「うるせぇ!ほらほらほら!!」

挿入した社長は母の尻を叩きながら腰を振り続けます。
母は嗚咽しながら口を押さえて堪えていると・・・。

「なんだ?もっとアンアン喘げよ!『俺さんのチンポ気持ちいいです』って言ってみろよ!!」

母の髪の毛を掴み母を脅すも、ついには母は泣くことすらやめ、無言のまま社長に犯され続けました。

「なんだよ~、感じが出ねぇなぁ。このマグロババア!!」

社長は母を罵倒し、がむしゃらに腰を振りまくってから引き抜くと、母の尻に精液をぶっかけました。
社長はティッシュで股間を拭くと・・・。

「中に出さなかっただけ感謝しろ!」

そう言うと母に無理やりチンポをしゃぶらせてキレイにさせ、カメラを取り出して母の裸を撮っていました。

「もし警察に言いやがったら、この写真をバラまくからな!分かったか?」

「は、はい」

母は屈服したように社長の言葉に従いました。
社長が服を着始めたので私は慌てて外に飛び出し、身を隠しました。
社長は裸の母に玄関先まで見送らせ、勝ち誇ったかのように帰って行きました。

タイトルとURLをコピーしました