アイドル顔のパンチラ女にフェラ&ごっくん調教

この体験談は約 3 分で読めます。

もう10年以上前になるんすけど、酔った勢いで投稿させてもらいます。

90年代後半、高校生1年だった俺は身長は170センチ手前の小柄。
自分で言うのもなんすけど、ルックスは少年隊のヒガシに似ているとよく言われた、まあまあのイケメン。
名前は仮に『I』としておきます。

高校は公立の進学校(共学)で、実家からやや離れた所にあったので、中学からの知り合いはほとんどおらず、入学当初は彼女はいませんでした。
しかし入学後すぐに美味しい出来事がw

俺の見た中ではクラスの中でも一番可愛い、若い頃の華原朋美に似ている女子(仮に『M』とします)が、机で寝ている素振りの俺の前で他の女子と雑談しつつ、おもむろに足組みパンチラ!
色は白でかなりの至近距離(1メートル)のため、血気盛んな俺はもちろんすぐにフル勃起。

(絶対わざと見せてるよな、この女・・・。ヤリマンかな?)

一瞬Mの顔を見た後、すぐさま視線は白のショー津へ。
1分ぐらい目の保養をしてたらチャイムが鳴り、パンチラタイム終了。
しかし当然授業中も勃起は治まらず。
モヤモヤした気分のまま帰宅後、速攻で華原の曲を聴きつつオナニーで処理。
当時は華原が流行っていたので、今もその曲を聴くと股間が熱くなりますw

後日、Mのせいで脚フェチになった俺は、Mと仲良しになろうと何回もアタック。
まあ下心は見え見えなんすけどね。
Mもそれは理解してくれたみたいで、1年後には交際OKの返事が。

やりたい盛りの俺がすぐさま考えたのは、Mに初フェラからの口内発射w
ただ、どこでやるのがいいかと悩んだ挙句、俺の両親が2日後の冬休みから旅行でいない時がチャンスと思い、早速Mに電話して実行することに。
まあMには本番を期待させる口調で。

俺「M、2日後の夜、俺の家に来いよ。親おらんし」

M「うん・・・。いいよ、Iがそう言うのなら」

あっさりOK貰った俺は2日間オナニーを我慢して、胸の高まりを抑えつつ、初フェラの快感に備えることにしたw
初フェラ当日。
Mはメイク、服装とも俺が好きな水商売風のブラウス&ミニスカにパンスト姿で登場。
早速俺の部屋に入れて、カーテンを閉め、照明を薄暗くして彼女の服を脱がしつつ、まずはキス。
その後、俺は裸になりベッドにごろんと横になって・・・。

俺「じゃあ、まずフェラチオして」

Mは戸惑いながら、俺の我慢汁出まくりのアレを凝視してる。

M「え?・・・私フェラしたことないんだけど、それでもいいの?」

ヤリマンっぽい見た目のMにやや疑問を持ちつつ・・・。

俺「舌と唇を使って先っぽを咥えてくれたらいいから」

M「よく分からないけどやってみるね・・・」

Mの指先がピンコ立ちの俺のアレに添えられ、俺の股にうずくまる姿勢で、いよいよMの着衣フェラが始まった。
華原似の処女の彼女に咥えられているという興奮が快感が呼び、一気に射精感を引き起こす。
俺はMのフェラ顔を堪能しつつ・・・。

俺「もっと唾液を含んで口を窄めてしてくれる・・・そう・・・上手いよM・・・うっ」

Mは俺の言う通り、一生懸命にフェラをしてくれた。
ストロークを激しく、カリに歯を当てないようにジュッポジュッポ・・・。
2日間オナニーを我慢した童貞の俺に、今まで経験したことのない快楽にそう長くは耐えられるはずもなく、限界が近づいてきた。
しかしイク時は無言と決めていたので、フェラ開始から10分経った頃、心の中でこう呟いた。

『2日溜め込んだ濃厚ザーメンをとくと味わえ!パンチラ女!』

・・・数秒後、体を仰け反らしつつ、Mの口内に勢いよく射精した。

ビュルッ!ビュルルッ!!

イッてる間、Mは驚いた様子で、フェラは一瞬止まるも、俺の射精が終わる頃にゆっくり口を離し、すかさず吐き出そうとする。
すかさず俺は言った。

俺「何で飲めないんだ?」

M「えっ?・・・でも初めてで苦いし・・・飲まないと駄目なの?」

俺「AV女優とかは美味しそうに飲んで、それで感じてるんだぞ」

それ以降、フェラの後はゴックンが基本になり、Mの処女もその後頂きました。
しかし俺の浮気が原因で別れることに。
まあ美味しい青春の思い出でした。