お母さんのお尻の重さが、夢ではないと教えてくれた

この体験談は約 9 分で読めます。

僕はお母さんに筆下ろししてもらいました。
僕がお母さんと近親相姦で初体験をしたのは半年ほど前。
お母さんとセックスするなんて現実には無理だよなーって思っていましたが、実際に母子相姦できたんです。

僕は小さいときからお母さんが大好きだったのですが、性欲が出てきてから何だかお母さんの体ばかり見ていました。
だってお母さんはとってもナイスバディなんです。
巨乳だし、お尻も立派。
それにお母さんはとても優しくて、僕はいつも甘えていたのですが、そのうち、(お母さんとセックスできたらいいなあ)なんてぼんやり考えるようになり、自然とお母さんの体に目が行くようになりました。
そうしたら3ヶ月前のある晩、母が僕の部屋に来て言いました。

「ねえ隆、最近お母さんの体ばかり見ているような気がするんだけど、そんなことないわよね?」

お母さんは昔からこんなときにはジーっと僕の目を見つめてくるのです。
僕は心の中まで覗かれているような気がして、いつも本当のことを答えてしまうのですが、その時もそうでした。
でも、僕は途中で泣き出してしまいました。
だってお母さんと近親相姦したいなんて、考えることが正常でないことは僕自身もわかっていたし。
それを聞いたお母さんはどれほど驚くだろうか。
僕のことをおぞましく感じるのではないだろうか。

(大好きなお母さんに嫌われてしまう・・・)

物凄く怖かったのです。
ところが、僕の泣き顔を見つめていたお母さんは優しく笑いながら言いました。
何だか切なそうな表情も含まれていたように思います。

「お母さん、ちょっと驚いたけど、怒ってなんかいないから気にしないで。きっとまだ甘え足りなかったのね」

僕を励ますようにそう言うと、何を思ったか両手で僕の頭を抱き寄せたのです。

「あ、お母さん」

「しっ、黙って」

お母さんに強く抱き締められ、僕の顔は大きなおっぱいの谷間にギュッと押しつけられました。
こんなことをされたら嫌でも興奮して勃起してきます。
すると、お母さんはズボンの上から僕の硬くなったチンポを握ってきたのです。

「こんなになって・・・まだ子供だと思っていたのにね」

そう言いながらお母さんは優しく僕のモノを擦ってきました。

「あっあっ・・・」

僕は驚いたのと同時に嬉しくて、ついクイックイッと腰を動かしました。
お母さんは緩急をつけて手コキしてくれました。
それがあまりにも気持ち良くて、僕がうっとりしてしているとお母さんが耳元で囁きました。

「そんなにお母さんとエッチしたいの?」

「うん」

「じゃあ、こっちへいらっしゃい」

お母さんは僕をベッドに連れて行き、着ているものを脱ぎだしたのです。
少し恥ずかしそうでしたがお母さんは全裸になり、それから僕の着ている服も全部脱がせてくれました。
ワイシャツのボタンを外したり、ズボンを下ろしたりしている間中、お母さんの大きなおっぱいがフルフルと震えています。
僕はもうそれだけでイキそうになりましたが、我慢していると、とうとうパンツも下ろされました。
ちょっと恥ずかしかったけれど、お母さんも裸だったから平気でした。

僕とお母さんはベッドの上で抱き合いました。
お母さんは僕の手を掴んで自分の股間に導いてくれました。
そっと指を動かすと、ねっとりと温かい感触が伝わってきます。

「優しく指を入れてみて」

お母さんに言われておまんこに指を差し込むと、中はヌルヌルと濡れていました。

「そこが隆の生まれてきたところよ。そして隆が入れたいと思っていたところ」

「うっ、うん」

僕は興奮しすぎて返事をするのもやっとでした。
僕のもう片方の手はやはり母に導かれておっぱいに被さっています。
揉み上げると水をたっぷり入れた風船のようにタプタプとしていて、それでいてマシュマロみたいに柔らかいのです。
僕は夢中でおっぱいを揉み、おまんこを掻き回しました。

「一度、経験してみる?」

お母さんがそう言ったとき、僕は夢ではないかと思いました。
もう返事もできなくてガクガクと首を縦に振ると、お母さんは身を起こし、足を広げて、僕の下半身を跨いできたのです。
そのときお母さんのおまんこがクパァと口を広げ、内部の赤い粘膜が垣間見えました。
ドキドキして待っていると、お母さんは僕の上に覆い被さり、またもジーと僕を見つめてきました。
お母さんは何とも言いようのないエロい顔をしています。
僕を優しく包み込んでくれるように微笑んでいるのですが、その目にはどこか困惑したような、それでいて何か強い意志を感じさせるような複雑な色が宿っていたのです。
本当に、あのときどうしてお母さんがあんなことをしてくれたのか、今でもよくわかりません。

やがてお母さんはちんぽを片手で握り締め、グイッと先端を上に向かせると、ゆっくりとお尻を下ろしてきました。
目の前でマシュマロおっぱいが揺れています。
白いマシュマロおっぱいの先端にイチゴみたいな乳首が二つ、一緒に揺れています。
僕は、今度はその乳首にジッと見つめられているような気がしました。

僕の硬いモノが熱いものに包まれました。
お母さんはさらにお尻を下ろしてきます。
クパァした割れ目の中にオチンポが飲み込まれていくのです。

(ああっ、お母さんのおまんこに入っていく!)

僕はもう夢見心地でした。
やがてお母さんはズンッと腰を下ろしきり、僕のモノはすっぽりとお母さんの中に飲み込まれました。
僕の股間に、お母さんの大きなお尻が乗っています。
その重さが、これは夢ではないと教えてくれます。

お母さんは僕の上でゆっくりとお尻を上下し始めました。
すると、さっきまで熱くて柔らかいだけに感じていたそこがねっとりとしたキツさを帯びて、キュッ、キュッとオチンポを締めつけてきました。
柔らかいのキツくて、ねっとりしているのにシコシコした感じもありました。
こんな感触は今まで味わったことがありません。
僕は、お母さんの体に神秘的なものまで感じてしまいました。
お母さんがお尻を動かすたびに痺れるような快感が走り、僕はあまりの気持ち良さに身悶えするほどでした。
いつの間にか僕は、お母さんのマシュマロおっぱいを両手でしっかりと掴んでいました。
でも感覚としては、揉んでいるというより、しがみついているという感じ。
それほどお母さんのマシュマロおっぱいは大きいし、重量感があったのです。

やがて僕のモノはお母さんの中でピクピクと痙攣し始めました。
自分でも限界が来たのがわかりました。
お母さんもわかったらしく、下腹部に力を入れてきたのですが、今度は僕を包んでいるものが筒状にググッと収縮して、すごい力でチンポを締めつけてきたのです。

「ああっ、お母さん!」

「隆・・・いいのよ、出していいのよ!」

お母さんの声も震えていました。
次の瞬間、お母さんが激しくお尻を上下させるその中に、僕はドッと噴き上げました。
あのときの快感は今でも忘れられません。

お母さんは僕に初体験させてくれてから、ときどき近親相姦セックスをさせてくれるようになりました。
でも2回目からは僕が・・・。

「お母さん、僕、我慢できないんだ」
「お母さん、お願いだよ」

などと必死に頼まないとさせてくれません。

「じゃあ、何でこの間はさせてくれたの?」

そう聞くと、お母さんは言いました。

「それはね、隆がとっても辛そうだったからよ。本当はね、一度満足すれば、もうお母さんに執着しなくなると思ったの。でも、逆効果だったみたね」

それから、「お母さん、間違ったことをしたみたい」とか「こんなこと、本当はいけないことだったのよ」とか言われましたが、僕は「そういうことだったら確かにお母さんの間違いだよ」と言いました。

最初からお母さんと何もなかったら我慢できます。
でも僕はもう、お母さんとセックスする快感を知ってしまったのです。
我慢できるわけがありません。
そのこともお母さんに言うと・・・。

「わかったわ。お母さんにも責任があるからしてあげる。でも本当に我慢できなくなったときだけよ」

と、釘を刺されてしまいました。
本当は毎日でもお母さんと母子相姦セックスしたかったのにがっかりしました。
でも、2週間に一度くらいは母子相姦してもらえることになったのです。
ただ2回目からは、何だかいつも慌ただしいことになっています。
というのも、僕がどうしてもお母さんとしたいときって、大概お父さんが家に居るからです。

まず2回目ですが、前の日もお父さんが居たためにさせてもらえず、今日こそはと思っていたらやっぱりお父さんは早く帰って来てしまいました。
僕はお父さんに聞かれないように、「ねえ、お母さん」と何度も頼んだのですが、「だめ、お父さんがいるでしょう」と、小声だけど厳しい声で拒否されてしまいました。
でも僕は諦めきれずにお母さんの周りをウロウロしました。
お母さんは口では駄目と言っていましたが、僕のことが気にはなっていたみたいです。

お父さんがお風呂に入ると同時に、「隆」と僕を呼びました。
ちょうど食器を洗っていたところでしたが、僕がそばに行くと、「隆、お父さんがお風呂に入っているうちにね」と言い、少し赤い顔で囁くと、流し台に手をついてお尻を突き出したのです。

「う、うん」

僕は返事をしましたが、後ろからなんてやったことがないので、ちゃんと入れられるか少し心配でした。

「さあ、隆」

お母さんが誘うようにお尻を振ったのを見て、カーッと興奮してしまい、僕は夢中でスカートを捲り上げました。
自分のお母さんがこんな格好でお尻を突き出している姿なんか想像したこともなかったので、たまらないくらい刺激的でした。
それに廊下の向こうからは、お父さんがお湯を流す音が聞こえてきます。
なんだか物凄く緊張した空気が漂っていて僕はますます興奮しました。

スカートを捲ると白いパンティが目に飛び込んできました。
お母さんのお尻って、エロ雑誌で見る若い女のお尻とは違い、骨盤が張って全体がとても大きく感じます。
パンティを丸みに添って引き剥がしていく興奮は、ちょっと口では言えないほどです。
お尻の穴とふっくらした亀裂が剥き出しになったときには本当に心臓が止まりそうでした。
お母さんにこんなに生々しいものがついていることが信じられない思いだったし、だから余計に興奮したのです。

(そうか、この間はここに僕のモノが入ったのか)

そう思うと肉棒はズボンの中で弾けそうになってしまいました。
僕はすぐに挿入せず、思わず屈み込んでお母さんの亀裂にしゃぶりついていました。
ふっくらしているような、ねっとりしているようなお母さんのおまんこってすごく気色がよくて、僕が夢中でベロベロ舐め回していると、「隆、早くしなさい。お父さんがお風呂から出てきてバレたら大変よ」と、お母さんに小声で言われました。

「うん、わかった」

僕はお母さんのそこから口を離し、立ち上がってズボンを下ろしました。
僕は、お母さんの大きなお尻をしっかり掴んで下半身を押しつけていきました。
でも、お臍にくっつくくらい勃起しているために角度が合いません。
するとお母さんが僕を振り返りながら肉棒を握ってきたのですが、そのときのお母さんの顔は見たことがないほど艶めかしい表情でした。
もしかしたら、お母さんもお父さんにバレないようにという緊張感に満ちたシチュエーションに興奮していたのかもしれません。

お母さんは掴んだ肉棒に宛てがうように、お尻をさらに突き出してきました。
角度が合ったので僕が腰を突き上げると、ズブリとうまく入ったのですが、お母さんの穴を肉棒が突き破るのを見ながらする挿入は最高でした。
根本まで入ってギュッと締め付けられたとき、僕はお母さんを串刺しにしているような爽快な気分まで味わいました。
そこからは声を上げないようにしながらひたすら肉棒を突き上げました。
肉棒が出入りするお母さんの膣穴や、大きくて白いお尻を見ながら突き上げるたびに、この間とは比べものにならないほどの快感が走りました。
僕はあっと言う間に昇りつめていったのです。
お母さんはその間中、流し台に手を置いたままされるがままになっていました。
僕は目が眩むような快感とともにお母さんの中に射精しました。

そして引き抜いたのですが、お母さんは、「これで少しは我慢できるわね」と囁きながら、そのままパンティを引き上げました。
僕も膝まで下ろしていたズボンとパンツを引き上げたのですが、そのとき廊下の向こうからお父さんがお風呂から出る音が聞こえてきました。
射精するのがもう少し遅かったらお母さんは途中でやめてしまったかもしれません。
危ないところでした。
お母さんは台所で洗い物の続きを始めたのですが、その後ろ姿を見ながら、僕は何だか不思議な気がしました。
そこにいる、いつものお母さんと、つい今までお尻を剥き出しにして僕の肉棒を咥え込んでいたお母さんの姿が、どうしても一つに結びつかなかったからです。
でも、こうして2回目の母子相姦セックスをすることができました。

3回目は、それからまた2週間後くらいでした。
でも3回目はセックスではなく、お母さんの口でしてもらいました。
僕もお母さんに言われて結構我慢していたのですが、だんだん我慢できなくなってきて・・・。
ある朝、限界を感じました。
僕はお父さんが出勤するのを待って、お父さんを玄関で見送っていたお母さんに駆け寄ったのです。

「お母さん、もう我慢できない、い、今して!」

するとお母さんは、「何言ってるの?学校に遅刻するでしょう」と呆れ顔で言いました。

「遅刻したっていいよ。エッチしてくれなきゃ、学校なんか行かない!」

お母さんは少し怒った顔になりました。
でも、この様子では何を言っても駄目だろうと思ったらしく、「わかったわ。だけど学校にはちゃんと行って!」と言うと、僕の前に跪いてズボンのチャックを下ろしました。
そしてパンツの中から肉棒を掴み出すと、すでにギンギンに勃起していたチンコを指を添えてシコシコと擦り出したのです。

「お母さん、僕、し、して欲しいんだけど」

「わかってるわ。でも今は駄目。その代わりに口でしてあげるから」

そう言うとお母さんは、肉棒をパクッと咥え込えフェラチオしてくれんたんです。
僕はお母さんが、まさか玄関先でこんなことをしてくれるとは予想もしていなかったので、思わず「ああっ」と声を上げてしまいました。
本当はセックスしたかったけど、これならまあいいや、僕はそう思いました。
だっておまんこと同じくらい、いや、それ以上に気持ちが良かったのです。

お母さんの温かい口の中に深々と咥え込まれ、ねっとりしたお母さんの舌で亀頭を舐められる快感は堪らないものでした。
お母さんは、ときどき僕の顔を見上げながら一生懸命しゃぶっています。
さっきは怒った顔になったけれど、今では愛情のこもった目をしています。
何だかすごく幸せな気持ちになった僕はあっという間に爆発してしまいました。
お母さんは精液をしっかりと口で受け止め、ザーメンをごっくんと飲み込んでくれました。
そればかりか、亀頭に唇を被せて、チューチューと最後の一滴まで吸い取ってくれたのです。
僕がすっかり満足して学校に行ったのは言うまでもありません。