チングリ返しまでしてくれた台湾人のリンリン

この体験談は約 5 分で読めます。

今までに数回の台湾渡航経験あり。
全て個人旅行。
台湾に行ったきっかけは学生時代の研修旅行。
それまでは「台湾ってどこ?」ぐらいのレベルだった。

初めて台湾人とナンパからセックスしたのは2回目の台湾。
初台湾で味を占めた悪友と私は3人で2ヶ月後ぐらいに台湾にカムバックw
だってモテるんだものw

初めての台湾で悪友たちと初めてクラブへ行った。
普通の踊るほうな。
そこでナンパしたら結構モテるんだなこれが。
その時はクラブでナンパした子といちゃいちゃしたり、あろうことか大学で宿泊してるホテルに連れ込んだりして、そこでもセックス手前までしていた。
ちなみに後輩達には、研修中の我々の話は武勇伝として今も語り継がれているw

2回目の台湾で、台北の某有名クラブに足を運んだ俺。
そこで彼女と出会うことになる。
クラブで出会った彼女。
当時27歳で会社員。
台北には違う街から旅行で来ていた。
大学では日本語を専攻していたらしく、片言の日本語で会話が出来た。
今まで台湾人とは片言の英語で話していたため、彼女が日本語が出来るのはありがたかった。

ナンパした彼女(仮名:リンリン)とはバーカウンターで話したり、一緒に踊ったり、出入り自由なクラブだったので外に連れ出してお話した。
その日はリンリンの番号を聞いてクラブでバイバイした。
10日ぐらい滞在してる学生の暇潰し旅行なので、翌日、(また会えるかな?)程度の軽い気持ちでリンリンに電話してみた。
するとリンリンは今日、台北から自分の街へ帰ると言う。

電話口で「俺ちゃんも暇だったら私の街に遊びに来てね。案内するよ」と言われた。

思ってた以上にリンリンの食いつきがいいと思った。
しかしここはアウェイ。
ちょっと怖いので、リンリンには「暇な時があったら連絡するねー」と言って電話を切った。
そして事の顛末を一緒に台湾に来ていた悪友に相談した。
悪友は笑みを浮かべて一言。

「台湾人は社交辞令とか言わないらしいぞw言って来いよw」

謎のそそのかしをされた俺は、リンリンに電話を掛け直した。
すんなり彼女が休みの日に会うことになった。

その日が来た。
リンリンが住んでいるのは台湾第3の都市、台中。
俺は台北に友人達を残し、リュック一つでリンリンの街を目指した。
高速バスで到着してリンリンに電話した。
台中駅前のコンビニで待ち合わせた。
そしてリンリンからヘルメットを手渡される。
(え?)と一瞬戸惑ったが理解した。
リンリンと原チャリ2ケツである。
恐々としつつ彼女の原チャに跨がり、駅を後にした。
台湾は日本よりも交通事情が悪いため、とにかく怖い。
車も原チャも結構なスピードで飛ばしてくる。
俺はリンリンのお腹に優しく掴まってた。

リンリンとはその日、オシャレなイタ飯屋に行ってパスタを食べたり、ショッピングモールへ行ったり、夜市に行ったりした。
そして俺が泊まるホテルもその場で予約してくれた。
驚いたのは、それまでリンリンが全て奢ってくれたこと。
悪いと思い、せめて半分出すと何度も主張したが、「私の街を私が案内するのだから、もてなすのは当然」のようなことを言ってた。
それが台湾の文化なのかなと思ったが、後から聞くと彼女はどうやら裕福な家の娘のようだった。

彼女はホテルまで送ってくれた。
駅前のシティホテルみたいな所だった。
自分から誘ったのか、何となく雰囲気でそうなったかは覚えてないが、彼女も一緒に部屋まで来た。
とりあえず部屋でテレビを観ながら後ろから抱き締めてみる。
モーマンタイだった。
膝枕してもらう。
モーマンタイだった。
気づいたらべロチューしていた。
べロチューしてたらリンリンは、「私、シャワー浴ビルヨー」と言って風呂へ消えた。
一緒に入りたいなと思った俺も全裸で風呂へ向かった。
風呂へ一緒に入ろうとしたら、「ダメダヨー」と怒られたw
俺もシャワーに入った後、2人でベッドの上でゴロンってなった。

「アナタ、将来何二ナリタイー?」
「給料ガ高カッタラ、日本ヘ遊ビニ行ケルノニー」

リンリンがとても可愛いと思った。
さっきよりもエロくべロチューした。

リンリンだが、顔は加藤夏希風の濃い顔立ち。
でも色は白くて、肌もとても綺麗だった。
胸も綺麗でCカップぐらいだった。
興奮してとにかく夢中で舐め回したの覚えてる。

下のほうも攻めてみた。
リンリンも次第に声が大きくなる。
ニュアンス的には「ン・・・ン・・・」って感じで聞こえるんだけど、「ンニュ・・・ン・・・ンニュ」と喘いでいて、日本人と微妙に違うなと思った。

驚いたのは、それまで「恥ズカシイヨ・・・」とか言ってたリンリンも、前戯が終わる頃には完全にスイッチが入ってたこと。
入れ替わりで今度は俺が舐められる番になったのだが、これがとにかく上手かった。
頭をグリングリンされながらフェラされた。
スイッチの入ったリンリンは、そのまま俺をチングリ返し(!)にして、べろべろと俺のアナルを舐めだした。
アナルを舐められたのは当時初めてで、あまりの気持ちよさに声が結構出てしまったw

いざ挿入かなと思い、リンリンに入れていいか確認すると、「サックシテ」と言われた。
あぁコンドームかと思い、カバンに常備させておいたコンドームを装着した。
薄明かりに照らされたリンリンの体が火照っててエロかった。
挿入後、興奮してた俺は一心不乱で腰を振った。
リンリンはセックスが久しぶりらしく、「大キイヨー、チョトイタイ//」と言われた。
それ以後、優しいピストンを心がけた。
リンリンは、「ンニュ・・・ン・・・ンニュ」と気持ちよさそうだった。
色々体位を変えたのち、正常位で果てた。
台湾旅行中、溜まっていたので、とにかく出た。

リンリンは肩で息をしながら俺の背中に手を伸ばし、自分の胸に押しつけた。
リンリンとのピロートークで、中国と台湾の政治問題とか台湾の民族問題について熱く語ったのを覚えてるw

2回戦をしたのち、リンリンの家はママが厳しくて外泊が禁止らしく、「帰ル」と言った。
服を着てリンリンを送ろうと扉の前まで来た時、リンリンがカバンをガサコソして俺に香水をふりかけてきた。

(???)

「今日ハ私ノニオイデ寝テネー」

萌え死にするかと思ってリンリンにチューしまくった。

翌日の夕方には俺は台北に帰る。
朝からリンリンはまたバイクでやって来て色々遊びまわった。
帰る前に土産物屋に連れてってもらい、友人に土産を買う一方、お金を出してもらった感謝からリンリンにお菓子と貯金箱的な物を買ってプレゼントした。
貯金箱を渡しながら、「お金を貯めて日本に遊びに来て」と言った。
駅に向かう道中の2ケツでも、(リンリンとは、もう会えないのかも・・・)と思うと急に切なくなってきて、彼女のお腹により強くすがりついたのを覚えてる。
リンリンも信号で止まるたびに切なげに俺の手を触っていた。

リンリンは駅の近くで唐揚げを買って、「電車ノ中デ食べテネ」と言って渡してきた。
電車の切符を買って彼女と別れた。

「また会いに来るよ」

「会エルノ楽シミニシテルヨー」

笑って振る舞う彼女だったが、どこか寂しそうだった。
リンリンと別れた後、駅のホームで泣いた。
なんでかわからないけど気づいたら涙が出てきた。
台中の駅のホームで涙を流す日本人。
周りはさぞかしドン引きだったろうw

リンリンとはその後、1回会ったきり。
俺も台北で色々な子と遊んでるうちにリンリンのことを忘れてた。
もう30歳過ぎか。
結婚しちゃったかな。