大好きなお姉ちゃんとファーストキス

この体験談は約 6 分で読めます。

初めて投稿します。
姉の結婚を機に、私も新たな道に進む決意ができました。

10年前に遡って書かせて頂きます。
当時、中3で受験生だった私。
大好きで尊敬する姉は高校2年生。

私にとって姉は絶対的な理想の女性でした。
162センチぐらいで胸も私とは比べようないサイズ(たぶんCカップ)。
艶のあるロングヘアー。
上戸彩さんの10代の頃に似ています。
私も料理は好きでしたが、姉の料理は本当に美味しくて、中学時代はいつも私の分も作ってくれました。

私は姉が通う女子学院を目指しての受験生でした。
模試での判定も問題はありませんでしたが、やはり不安でいっぱいの日々でした。
ある時期、軽いノイローゼに陥り、大好きなお姉ちゃんに当たってしまいました。

「私はお姉ちゃんみたいに出来が良くない、余裕もない!」など・・・。

その晩、自室で受験勉強をしていても後悔ばかりしてました。
そんな私に姉は夜食を作って運んでくれました。

「お姉ちゃん、ごめんなさい、嫌いにならないで、嫌っちゃ嫌だ」

ワンワン泣きました。
そんな私を姉は優しく抱き締めて・・・。

「菜々美、お姉ちゃんが嫌いになるわけがないでしょ。菜々美は、お姉ちゃんの大切で大好きな妹だからね」

姉の胸元に抱き付いて泣いていたら、「もう泣かないで」と言って、私にキスをしてきました。
小さい頃にされたおでこへのキスでなく、唇と唇を重ねたキス。
私のファーストキスでした。
驚きましたが、嬉しかったです。
唇が離れた時・・・。

「お姉ちゃん、大好き」

今度は私からはキスをしました。
何度も何度もキスを繰り返しました。
その日から、朝のキス、ただいまのキス、お休みのキスが当たり前になりました。
必ず欠かさずしていました。
溜まってたストレスも吹き飛び、受験も成功しました。

入学すると、学院でも昼休みは姉を探してくっついていました。
学院に入り、わかったこと。
それは姉が人気があり、みんなから慕われているということです。
かなりモテてました。
妹の私に対して、嫉妬なのかあたりが強くて怖かったです。
でも、自分で言うのも何ですが、姉の私に対する溺愛ぶりは半端ないので、私のことが気に入らなくても手出しは出来なかったと思います。

そんな中、忘れられない出来事がありました。
姉が同じ学院の生徒とキスをしている姿を見てしまったんです。
悲しくて泣きました。
学院を早退して自分の部屋で泣きました。
クラブ活動を終えて帰宅した姉が私が早退したことを知り、私の部屋を訪ねてきました。

姉「菜々美、入るわよ」

私「嫌い!入らないで」

姉は驚きながら入ってきました。

姉「菜々美、どうしたの?何があったの?」

私「お姉ちゃんなんか嫌い!」

泣きながら姉を押し出そうとしましたが無理でした。

姉「何があったの?お姉ちゃん分からない」

私「学院で、お姉ちゃんキスしてた。彼女なの?」

姉は引き攣った顔で、「違うの、違うの」と繰り返すばかり。

私「お姉ちゃんなんか嫌い」

姉は突き飛ばす私を抱き締めて・・・。

姉「本当に違うの。お姉ちゃんが好きなのは菜々美なの。だけど菜々美は妹なの。キス以上のことは出来ないの。嫌われたくない。お姉ちゃん、菜々美に嫌われたら生きていけない」

私をぎゅっと抱き締めながら泣いていました。

私「本当?菜々美のことが好きなの?」

姉「大好き、世界一好き」

私「私もお姉ちゃん、大好きだよ。だから嫌いにならないよ。だから泣いたんだよ」

その晩、姉と一緒にお風呂に入り、お互いに体を洗ったり、キスをしました。

私「お姉ちゃん、キス以上ってどんなこと?」

薄っすらとは分かっていましたが、とぼけてみました。
姉は私の胸に手を当て言いました・・・。

姉「こんなこと」

私「ふ~ん、じゃあお姉ちゃんは女の子との経験があるんだね?」

かなり嫉妬心が燃え上がりました。

姉「だって・・・菜々美には出来ないし」

私「じゃあ、私だけにして、これからは」

口にしてみて恥ずかしかったです。
姉は嬉しそうにキスをしてきて・・・初めて胸を吸われました。
自分でも触ったことはありましたが、そんなの比ではありませんでした。
ポ~としている私をお風呂から連れ出すと、バスタオルで髪や体を拭いてもらい、ドライヤーで髪まで乾かしてもらいました。

その深夜、姉が私の部屋を訪れ、ベッドに入って来ました。

姉「菜々美、来ちゃったわよ。お姉ちゃんもう我慢しないからね」

キスから始まり、パジャマ代わりにしているロングシャツを脱がされ、胸を触ったり口に含まれたりしました。
体中にビリビリと気持ちよさが湧き出るような感じ。
胸を優しくゆっくり揉まれてました。

姉「菜々美可愛い、好きよ」

姉の言葉だけで体中の力が抜けたかのようになり、心臓だけが早鐘のように鳴ってました。

姉「大丈夫よ、お姉ちゃんに任せて」

私は姉に抱き付き・・・。

私「大好き、お姉ちゃん愛してる」

後で聞いたら、私はそう叫んだそうです。
すると姉は動きを止めてしまいました。

私「お姉ちゃん?」

姉「嬉し過ぎて真っ白になっちゃった。ありがとう。私も愛しているわ、菜々美が産まれたときから、これから先もずっと」

たくさんキスをされました。
唇が離れたと思ったら、また塞がれました。
他にも、首、髪、胸、肩、お腹・・・様々な場所にされました。
どれくらい時間が過ぎたか分かりません。
姉が私に言いました。

姉「菜々美、服を着ないとね」

ボ~としていた私に姉が着させてくれました。

姉「ねぇ、お姉ちゃん、ここで眠ったらダメかな?お姉ちゃん、菜々美と一緒にいたい」

私は姉に抱き付いて・・・。

私「お姉ちゃん、一緒に寝よう」

キスをしながら私は寝落ちしてました。
朝、目を覚ますと、姉が私の髪を撫でながら私を見つめてました。

姉「おはよう、菜々美」

私「おはよう、お姉ちゃん」

姉に抱き付いてキスをしました。
姉の私に対する溺愛は、今まで隠していた気持ちを解放したことで、さらにパワーアップしました。
約束通り、他の女性との関係は総て切ってくれました。

姉は私の部屋に来ると必ずキスをします。
ある日、キスをしていて、いきなり姉の舌が入ってきた時は驚きました。
姉は笑顔で言います。

姉「驚いた?恋人同士のキスだから」

色々と姉に教わります。
初めて姉に、女の子の大切な場所に触れられた時は、思わず脚を閉じてしまいました。

姉「菜々美、大丈夫だからね、力を抜いてね」

恐る恐る力を抜くと姉の指が触れてきました。
そこは、自分でもあんまり触ったことがありませんでした。

私「お姉ちゃん、怖いよ」

姉は屈み、舌で舐めました。

私「嫌、汚いよ、お姉ちゃん」

姉は無言で猫のように舐めてきます。

姉「菜々美、可愛いわ、汚くなんてないわ」

顔を上げた姉にキスされ、猫みたいに舐められました。
初めての強烈な感覚がバーンと来ました。
姉の頭を押さえても止まらず、脚はピーンと力いっぱい伸びてました。

私「いや、お姉ちゃん、ヘンヘン」

私はシーツを握り締めて力尽きました。
これが初めてイッた経験でした。
私は状況を上手く説明出来ませんでしたが、姉には伝わったみたいで・・・。

姉「菜々美を初めてイカしたのがお姉ちゃんなのね、嬉しいわ」

私「ファーストキスもお姉ちゃんだよ」

そう言うと姉は大喜びで私を抱き締めて振り回しました。
それから姉が私に言いました。

姉「お姉ちゃんも気持ち良くして」

姉は自分の胸を突き出すようにしてきました。
綺麗な形をした大好き姉の胸を、姉の真似をして揉んだり口に含んで転がしたりしました。
桃のボディーソープの香りがしました。
私は赤ちゃんみたいに吸ったりキスしたり、手のひらで転がしたりしました。
姉の聞いたことがない声が聞こえてきました。

しばらく続けてから、先程の姉の真似をしました。
姉の女の子の大切な場所、初めて見ました。
色々と突っついたりしました。
それから舐めてみました。
姉から様々な指示を受けながら舐めていたら、姉に転がされて私の大切な場所を舐められました。
私も頑張って姉の大切な場所を舐めましたが、テクニックが雲泥の差でした。
結局、また私が先にアクメを感じてしまいました。

私は、まだ処女です。
姉も結婚式の前まで(春まで)、処女でした。
義理の兄は信頼できる人で、姉を守ってくれる人だから、姉の幸せを託せました。

姉を愛しています。
でも、私達はレズではありません。
私は姉が大好きなだけです。
学院でも仲の良い学友も増えましたし、先輩や後輩から告白されたこともありますが、好意は持っても愛情にはなったことはありません。
私が好きなのは姉だけでした。
私は女性が好きなのではありません。
好きになったのが姉だったというだけです。

タイトルとURLをコピーしました