キャバ嬢の舐め犬になりました

この体験談は約 6 分で読めます。

キャバクラで知り合った子の“舐め犬”になってます。
いつも指名してる子とこういう関係になったのは、1年前ぐらいから。
最初のきっかけは、店に遊びに行ってアフターした時だった。

店の近くのカラオケに行って、そこでDVDをあげる話になっていて、「好きなの見て選べばいいし、家来る?」と言うと、最初は迷っていたけど来ることになった。
この時はやらしい考えはなく、単純にDVDをあげるのが目的なだけで、彼女にもその無垢さ(?)が伝わったのか、男の家にあがる気になってくれたのだと思う。

僕は、大体一度観た映画はほぼ観ないので、箱に適当に入れていた。
家に着くと、早速彼女はDVDを選んでいたんだが、僕はその箱の中にエロDVDも一緒に入れてたのを忘れてた。
完全に気付いてるはずだけど何も言わない彼女。
変な空気が流れてるのがわかった。
とりあえず彼女がDVDを選び終えたので紙袋に入れてあげた。

その後のことは本当にノープランだった。
家に来た目的は果たしたわけだし、「どうする、帰る?」と聞くと、彼女は少し考えて、「何か軽く食べたい」と言った。
キモイかもしれないが、僕は年中かき氷を食べるから、かき氷機を持っていた。
それを話すと彼女が食いついたので、2人でかき氷を作って食べた。

かき氷を食べてる時に、「Kくん(僕)もエッチなビデオとか観るんだね~w」と言われた。

「いや、ごめんw一緒に入れてたの忘れてたんだよw」と言うと、「どういうのが好きなの?」と聞いてきた。

普段、この子とは下ネタを話したことがなかったから、意外で驚いた。

「そうだな~、クンニシーンとか多いのが好きw」

一か八か正直に言ってみた。

「クンニ好きなんだ?w私が付き合った人はみんなクンニ好きじゃなかったみたい」

「そうなの?僕はクンニ好きだけどな~。彼女なのに舐めないとか勿体無いよw」

僕がそう言ったら、「次はそういう人と付き合いたいw」と彼女は冗談っぽく言った。
だから僕は、「Aちゃんのなら臭くても舐める!w」と調子に乗って言ってしまった。
彼女は意外な反応で、「お風呂入る前でも舐めれるの?」と普通に返してきた。
彼女がを引く限度がどこまでかわからないから、ビクビクしながらも、「ん~可愛い子とか好きな子だったら、多少臭くても大丈夫だよ」と普通に答えた。

「じゃあ私のを今すぐでも舐めれるの?」

「うん!w」

僕は即答した。
こんなこと言うぐらいだから、(舐めさせたいのかなぁ?)と思ったので聞いてみた。

「舐めさせてくれるの?」

しかし彼女は、「え~・・・?」と曖昧な感じの反応だった。

(もう少し押せばイケるかも?)

そんな期待が急激に膨らんだ。

「入れないし、舐めるだけならいい?絶対入れないから」

「ん~・・・ヘルプの女の子とかに言わない?」

ほぼOKと取れる返事。

「言わないよ。でも、今断られたからって店に行かなくなることはないから、嫌だったら嫌でいいよw」

押して引いて余裕を見せた。
本当は舐める気マンマンだったし、もし断られたらガッカリしただろうけどw
そしたら彼女は、「お風呂入った方がいい?」と言った。

「Aちゃんが嫌じゃなかったら、このまま舐めたいな」

「ホントに?トイレ行ったりしてるし、臭うかもしれないよ?」

「Aちゃんのなら汚なくないよ!」

(変態だと思われてるかな~?まぁ舐めれるんだったら何でもいいやw)

それから彼女は黙ってしまって、動こうともしないので、「下だけ脱いで、ソファーに座ってくれる?」と指示した。
彼女はミニスカートとパンツを脱いで下半身だけ裸の状態になり、恥ずかしそうに下半身の前を手で隠しながらソファーに座った。
恥ずかしいのかピタっと両足を揃えて座っていたので・・・。

「脚を開いて、ソファーに脚を上げてもらえる?M字の格好してもらえると舐めやすいんだけど」

彼女は少し躊躇いながらも、僕が指示した通りの格好をしてくれた。
毛は薄目で、パッと見た感じの印象は綺麗だった。

「じゃ、舐めるね」

まずはアナルの周りから舐めた。
すると彼女は「ヤダ!そこは違うでしょ!汚いよ!」と僕の頭を離そうとしたので、お尻を掴んで強引にアナルを舐めた。
シワをなぞるように舐めたり、時々舌を入れた。
少し汗とオシッコの匂いと味がした。
僕はこういう生理的な自然な匂いが好きなのだ。
彼女は抵抗するのを止めて僕の愛撫に感じてくれていた。

たっぷりアナルを味わったので(笑)、アナルからオマンコの間を舌の先でレロレロ舐めながら上に向かった。
いよいよオマンコ。
そ~っと割れ目に舌を入れた。
ヌチュって感じで、どうやらアナル舐めで濡れてくれたみたいだった。

僕は舌が長い(らしい)ので、伸ばせる限り伸ばして、オマンコの中を舐めた。
ここでようやく彼女が体をビクッとさせたり、声を出して喘いでくれるようになった。
感じてくれてると思うと嬉しくて、もっと舐めた。
ちょっと舌の付け根が疲れてきたので、舌を入れるのをやめて、「気持ちいい?」と聞いた。
彼女は「うん」と適当な感じで言った。

もっと乱れてくれないかなと期待して、次はクリ攻めをすることにした。
最初は皮を剥かずに、唇と舌で包み込むようにして舐めた。
クリ派の女の子って多いのかな?
クリを舐めると、たいてい腰を浮かせたり反応が大きくなるよねw
彼女もそうだった。
言葉責めをしたかったけど、キモがられると嫌なので(今さらだが)、無言でひたすら舐めていた。

「疲れてない?休憩していいよ」

「大丈夫だよ、全然余裕wAちゃんは疲れた?」

「ううん、気持ちいい。Kくんの舐め方、やらしくて気持ちいい」

僕は「ありがとうw」と言って、また舐め始めた。
クンニオンリーでイカせる自信があったけど、彼女はなかなかイカない・・・。
エンドレスに舐め続けるのか?
内心、(「もういいよ」って言ってくれ!)と少し思ってたw

僕はイカせるのを諦めて、とりあえず舐め続けた。
かなり舐め続けてから彼女が言った。

「私、指入れてくれたほうがイキやすいの」

(それ、もっと早く言ってくれよ!)

そう思いながら、指マン&クンニをすることにした。
指に少しヨダレをつけて、彼女の割れ目に少しずつ指を入れ、様子を見ながらゆっくり滑り込ませた。
中はヌルヌルで温かくて結構締まりが良かった。
ある程度指がスムーズに動くようになったので、クンニも並行して始めた。
クリを吸いながら舌の先でチロチロすると、キュッキュッと中が締まっていた。
Gスポットを刺激しながら、ひたすらクリを舐めた。
彼女の腰の動きがどんどん大きくなってきて、イキそうなのがわかったので、限界近くまで舌を入れ、もうかなり疲れていたけど最後の力を振り絞って高速でクリを転がし、強く吸い、指の動きを速めた。
彼女はハァハァと呼吸を荒くしながら、「ねぇ、入れて!」と言った。
思ってもなかった要望にビックリしたけど、僕はそのまま高速指マンとクリ攻めを激しく続けた。

「イッちゃう!Kくんのでイカせて!」

再三彼女は僕のペニスを要求したけど、かなり酒を飲んでて勃つ自信がなかったから、何も言い返さずに指マンとクンニでイカせようと頑張った。
それにしても店では澄ました顔で座って男を手玉に取ってる彼女が、今、僕の目の前で大股開きで喘いでると思うと興奮したw

オマンコと僕の口から、クチュクチュ、ジュルジュルと激しい音が続いて、彼女はちょっとうるさいぐらいに喘いで、僕の顔を後頭部から両手でオマンコに抑えつけて、腰を擦り付けてイッてしまった。

「イッちゃった・・・」

そう彼女が言った。
続けてイク体質かどうか試してみたかったので、止めると見せかけてまたクリをチロチロ舐めながら指を動かした。

「ダメ、イッた後は動かさないで!」

って言われたけど、指を動かす度にグチュグチュとオマンコから泡立ったマン汁が垂れ流れているのを見て、もう一度イカせたくなった。

「やらしいオマンコだね・・・クリも皮が剥けて大きくなってるよ?」

言葉責めすると、「言わないで!やぁ・・・ん」と恥ずかしがった。

「こんなにヌルヌルのお汁垂らして・・・アナルまで垂れてるよ」

さらに攻めると、「ヤダぁ・・・!もうイッちゃう!」と叫んだ。
程なくして彼女はイッた。
体がビクビクと波を打っていたが、僕はクリを舐め続けた。

「ほんとにもうやめて!」と言われたので、「最後に掃除しとくね」と言って、アナルまで垂れ流れたマン汁と周りのマン汁を舐め取った。

彼女の気分が落ち着いてから、「気持ち良かった?」と聞いたら、「なんで入れてくれなかったの?」と聞かれた。
正直に理由を言うと彼女は納得したようで、それ以上何も言わなかった。

「また舐めさせて欲しいなぁ」

「いいよ、アフターした時は舐めてね」

こうして僕は彼女の舐め犬になった。
アフターの時は必ず舐めてるが、同伴して店に行く前に舐める時もあるし、同伴でもないのに彼女の出勤前に会ってクンニだけするなんてこともある。