俺は今、姉貴の奴隷です

この体験談は約 2 分で読めます。

文章力ないけど、聞いて下さい。

俺の姉貴は27歳です。
俺は18歳。
俺は姉貴の奴隷です。
パシリから始まり、性欲のはけ口としても使われています。

なんでこんな事になったのか・・・。
そう、それは何週間か前のこと。
部屋で1人、グラビアの本を見ながらオナニーしていたときだった。
恥ずかしながら、俺の性癖が『見られたい』なのだ。
シコシコしているところを見て欲しい。
グラビアの顔のアップにちんぽを近づけ、「見て・・・イク・・・出ちゃうよ」などと言いながら射精してるところを姉貴に見られたのだ。

それからというもの、馬鹿にされ、姉貴の奴隷にさせられた。
おかげで(?)、童貞は捨てられたけど、近親相姦ってやつ?

でも、悪くはない。
姉貴のアソコはすんげ~気持ちいい。
今日も仕事から帰って来た姉貴は、汗臭くなった体を俺に舐めさせる。
初めは気持ち悪かったけど、今は意外と好きなんだ。
汗とおしっこの混ざったおまんこを舐めるのが一番好きだ。

姉貴はわざとおしっこをして拭かない。
俺に舐めさすためにだ。
まあ、嬉しいんだけどね。

そして、姉貴の臭いパンツを被らされ、オナニーさせられる。
姉貴の前に立ち、姉貴はベッドで足を目いっぱい開き、ドロドロになったおまんこを見せつける。
それを見ながら一生懸命に扱く。
何度も射精感に襲われては寸止めの繰り返し。

「ま~だイッちゃだめよ」って命令される。

そのうちちんぽから透明の液が床に垂れ出す。
そこで姉貴はちんぽにむしゃぶりつき口で扱いてくれる。
俺はそれでイッちゃうんだ。

精液を飲み干してから、ちんぽを強く握り潰される。
そんで、お仕置きとして、1時間くらいおまんこを舐めさせられるんだ。
舐めてる間にちんぽが回復すると挿入開始。
俺は猿のように腰を振る。
姉貴も乱れまくる。
これが可愛い。
可愛くてしょうがない。

「◯◯の子供を産んであげる・・・おまんこにいっぱい出して・・・奥にいっぱい射精して!」

つまり今日は安全日ということだ。
俺はめいっぱい奥に突っ込み、精液を流し込んでやる。
姉貴は痙攣しておしっこを漏らす。

週3で姉貴と性行為をしています。
今は姉貴のことが本気で好きになってしまいました。
本当に俺の子供産んで欲しい・・・。