スケベな妹と半年ぶりに再燃焼!その1 葬儀篇

この体験談は約 3 分で読めます。

先日、僕の田舎で親戚が亡くなったという事で葬儀があった。
僕の父方の兄弟の奥さんとかで、よく知らない人だった。

面倒くさいと思いつつも、久しぶりに妹に会えるという事で田舎まで帰省した。

僕(29歳・独身)と、妹(25歳・既婚・子供なし)は、妹が高一の時からセックスの関係がある。
関係は長く、妹16歳、僕20歳の時からなのでもう9年である。
妹が23歳で結婚してからはさすがに少なくはなったが、それでも何回かはこっそり会ってセックスした。

妹が高校時代はしょっちゅうやっていて、何度か親に見つかりそうなやばい時があったが、二人とも上手く誤魔化しながらバレずに関係を続けていた。

妹はとてもスケベで(僕もスケベだが)ここに書ききれないほどいろんな事をした。
そんな妹が結婚すると聞いた時、寂しくなったけど時々妹が僕と会ってセックスしてくれるので嬉しく思ったが、妹が会うたびに「おにいちゃん早く彼女見つけて結婚して」と言われ、しっかりしなくてはと思った。

そんな僕もようやく彼女が出来たが、やはり妹の体が忘れられずに連絡をとっていた。

田舎に帰り、半年振りに妹と会った。
妹は夫と同席していた。
妹はやはり可愛かった。
ムラムラと燃え上がる感情を抑え、妹夫婦に挨拶。
妹は「おにいちゃん元気?」と普通に挨拶、夫も「どうもどうも」と挨拶。

通夜が終わり、親戚一同バスに乗り込む。
妹は夫と離れていた。
バスの一番後ろに妹を押し込み、僕が隣りに座る。
すでにボケかかった親戚の爺さんを隣に座らせた。
妹の夫はまだバスに乗り込まない。
ドンドン詰まっていき、夫は僕らの前の前の座った。

席が埋まり、バスが走り出した。
妹の隣に座った僕はすぐにお尻の辺りを触った。
妹は平然としていた。
反対隣りの爺さんはボケかかってボヤーとしている。

僕はどんどんエスカレートして、スカートの中に手を入れた。
夫は親戚連中と話が弾んでる。

パンティの中に手を入れた。
もうぐっしょり濡れていた。
妹は普通に前を見ていた。
もうクチュクチュと音が聞こえそうだ。
僕も普通に前を見ながら右手であそこを弄りまわした。

さすがに妹は息が漏れてきた。
必死に我慢している。
たまに僕の顔を見て周りを意識していた。

妹の左手が僕の股間に伸びてきた。
ズボンの上からギンギンに勃起しているイチモツを擦った。

隣のボケ爺さんは寝たようだ。

僕はズボンのファスナーを下ろし、イチモツを出した。
妹は息を殺しながらしごき始めた。

妹のあそこはもう洪水のようになっている。

妹はとうとう顔を近づけてイチモツを咥えた。
さすがに僕は周りを見て誰かに見つからないようにした。

妹は顔を上げて小さな声で「おっきいい・・欲しくなっちゃった・・」と耳元で囁いた。
僕は後でこっそり合おうと囁いた。

僕らはだんだんエスカレートしてキスまでした。

やがてバスが本家の方に到着して、僕らは身なりを直し、バスから降りた。
バスから降りるとすぐに妹の夫が来て、僕らは離れ離れになった。

すぐにメールで会う約束をして、翌日ホテルで会った。
半年振りにセックスをしたが、やはり彼女よりよかった。
妹はかなり興奮していた。
夫よりやはりいいと言った。

しかしそれではお互いよくないと思う事になり、約束をして僕らは別れた。

でも、たまに会ってやるんだろうなと思い、バレないようにしなくてはと思った。