もはや童貞食いは私の趣味と言ってもいいかも

この体験談は約 3 分で読めます。

私が本当に童貞の味を覚えたのは、かれこれ20年前のことです。
それ以前にも童貞の子とのセックスは経験済みでした。
初めて交際した彼氏が、その男。
その時は私は、もう処女じゃなかった。
14歳の時に援助で処女を売り、すでに5人くらいと経験してた。
その彼は本気で私を好きになってくれて、そして交際したんです。

正直言って、私にとって童貞のイメージは・・・面倒くさい。
それしかなかったのですが、そのイメージを変えたのは、私が女子大生の時に出会った、同じバイト先のコンビニで働いてた高校生でした。

2人きりの時に告白され、交際を開始。
童貞って知ってたから、面倒臭かった。
でも、しばらくご無沙汰な身体は耐えきれず、交際1週間後には私から誘惑してセックス。
私の言うことを素直に聞き、何でもしてくれる彼。
何も知らないから、無茶ぶりしてもM男のように感じながら従ってくれる。
その姿に私は何かが見えた気がした。
自分の言うことを聞きながらも、時折見せる、意表を突いた想像できない動き。
刺激的に感じました。
彼とは3ヶ月くらい交際しましたが、次第に手慣れたセックスするようになり、つまらなくなったので別れました。

でも、何となく童貞の良さを知った私は出会い系にハマり、毎夜のように男漁り。
その頃はまだ草食系が騒がれる前。
なかなかお目当ての童貞が見つかりません。
モテる時期の20代、結局4人の童貞としか出会えず。
その中の1人が今の旦那。
結婚を機に、一旦私の童貞狩りは中断。
しばらくは旦那の躾と主婦に専念してました。

旦那は30過ぎて童貞だったくせに、ベンチャーの社長。
しかも、もうすぐ上場しようかっていうやり手。
そのお金で繋がってましたが、上達しないセックスに物足りなくなり、私は出会い系を再開。
当然、狙いは若い男の童貞狩りです。

最近は30代の童貞も珍しくなくなり、出会い系も童貞だらけ。
文字通り入れ喰い状態で、短期間で5人の男の子を頂きました。
その子達は今でもたまにセックスしてますが、もっと可愛い男の子を求めて探しました。
もう私にとって童貞喰いは、趣味みたいになってました。

そして今月に入り、18歳の男の子と知り合いました。
もちろん女を知らない身体です。
もうすぐ誕生日だというので、その日を出会いの日とし、私達は会ったのです。

彼は写真で見るよりも幼く、高校1年生といってもおかしくない可愛い顔立ち。
エッチに興味津々なくせに、そんな話をすると顔を真っ赤にしてる。
本当にウブな男の子でした。

その子、すごく緊張しちゃってて、それが伝染したのか百戦錬磨の私も緊張気味。
それがかえって刺激的で自然とエッチモードに。
ホテルに連れ込み、若い肉体を弄びました。

彼、私がどんなに変態なことをしても、「これが大人のエッチなのよ」と言うと何でも受け入れてくれる。
最初からM男くんの調教のようになってたし、また彼もその素養があるみたいで、身体をくねらせ感じてた。
若いし、体力もあるんでしょうね。
私の責めに耐えきれず3度も射精したのに、すぐに勃起してる。
たっぷり若い身体を堪能し、童貞を奪いました。
バースデイ初体験。
彼は喜んでました。

私は彼にお小遣いをあげる代わりに肉体を求めました。
そういう契約で、しばらくは彼の肉体を弄ぼうと思います。
もしもだけど、いい感じに育って私好みの体になれば、末永く・・・と思ってます。
なんだかまた趣味がひとつ、増えたような気がします。