投稿雑誌で見つけた元妻の変態写真

この体験談は約 4 分で読めます。

先日、15年前にお互いの浮気が原因で別れた、元妻の晶子を見かけた。
相変わらず美人で、別れたことを悔やんだ。

当時28歳の晶子は38歳の上司と、当時31歳の俺は21歳の短大を出たばかりの新人OLと、それぞれ浮気をしていた。
興味本位で浮気相手とスワップサークルに登録して色んな相手とヤリまくっていたら、なんとスワップ相手が妻と浮気相手だった。
素知らぬふりして夫婦でセックスをした。
あれが晶子との最後のセックスだった。

その出来事をきっかっけにお互い綺麗さっぱり離婚して、新しい人生を歩んだ。
俺は浮気相手とも別れ、これからは真面目に生きようと心を入れ替えていた。
そして34歳の時に27歳の女性と見合い結婚した。
元妻の晶子のような美人ではなかったが、朗らかな笑顔が可愛い優しい女だった。

「私、結婚を餌に21歳の時から2年間も男の人に弄ばれちゃって、それで飽きたからって捨てられて・・・それ以来男性不信になったんです。純潔を捧げたのに・・・。でも、こんな私でも貰ってくれる人がいて嬉しいです」

初めて妻を抱いた日、ホテルへ入る直前に、妻が言わなくてもいい話を打ち明けてきた。

「私、弄ばれた女だってわかって欲しかったんです。そうじゃないと、あなたを騙しているようで・・・。SMって言うんですか、ロープで縛られて恥ずかしいことされて、それで、『そういうことは結婚してからにして』と言ったら捨てられたんです・・・」

「恥ずかしいことされて、どうだった?」

「どうだったって・・・」

「いや、気持ち良かったとかさ・・・」

「え?そんな・・・」

「だって、『結婚してからにして』って言ったんでしょう?」

「あ・・・そうですね・・・私、そういう女なのかもしれません」

「虐めてあげましょうか?」

俺がそう言うと、妻は顔を真っ赤にした。
その日、恥ずかしがる妻をホテルの椅子の肘掛けに開脚させて縛り付け、肉ビラには一切触れずにじっと観察した。

「やあ、純情なお嬢さんは、なかなか肉感的な体をしていますね。オマンコはまだ純情そうですけど、元彼にマゾ開発されたのでしょうか、見られただけで濡れていますね」

「は、恥ずかしいです・・・」

「オマンコのビラビラは少しだけ右側が伸び気味ですが、これは元彼の腰の使い方の癖なんでしょうかね。それともバイブレーターか何かで掻き回されたのですか?」

言葉だけでトロリと肉穴から淫汁が流れました。

「今日、初めて裸を見せるというのに、恥ずかしい格好にされて感じてるなんて、淫乱なマゾなんですね。オマンコ、弄って欲しいですか?」

「はい・・・弄ってください・・・」

もう貝が真っ赤っかでした。
肉豆を摘み上げて何度もイカせると、「お願いです・・・入れてください・・・」と言うので、縛りを解いてベッドに移り、初めて妻の肉穴に肉棒を突き立てた。
普段は上品な女が淫乱を爆発させて、えげつないマゾ悶えを見せた。

結婚して縄の味を覚えた妻は、39歳の今でも週末のマゾ調教を楽しみにしている。
そしてここ数年、俺は素人投稿雑誌を買い込んで、世のマニアックなカップルがどんなプレイをして楽しんでいるか参考にしてきた。
縛り方も投稿雑誌から参考にしたり、責め方も参考にした。

そして半年前、その投稿雑誌で綺麗な中年女性が麻縄でM字開脚させられ、かなり若い男に甚振られている投稿写真を見て、(あれ?)と思った。
目線が入っていたが、元妻の晶子に似ていたのだ。
改めてその体をよく見ると見覚えのある体型で、決定的な右の乳首の下のホクロを発見して、間違いなく晶子だと確信した。

『一回り年下の夫にマゾ調教を受ける美人妻はバツイチ・・・元夫には見せられない恥知らずな淫蕩生活』とあり、『モザイクで見えませんが、伸ばされたラビアと吸い出されたクリには、結婚10年の記念に装着したピアスが光る本格メス奴隷妻です』と書いてあった。

つまり元妻の晶子は、33歳で21歳の青年と再婚していたのだ。
浮気が原因で別れた元妻とはいえ、かつては愛し合った女の変態写真を見て、さすがに心中心穏やかではいられなかった。
しかし、かくいう俺も再婚した今妻にしている仕打ちは、元妻ほどではないにしろ、義父母には見せられない行為だ。
ロープでM字開脚して、すっかり肥大した肉豆に赤いクリキャップを吸い付かせてさらに肥大させ、そこにピアスは通っていないが明らかに変態の肉豆だ。

今、どこでどんな暮らしをしているのか、出来れば幸せになっていて欲しいと願った元妻の姿を雑誌で見て、俺も元妻も、淫乱な変態素質を持った似たもの夫婦だったと思った。
お互いの性癖に理解を示し、浮気相手とじゃなく夫婦でスワッピングを楽しんでいれば、今頃も淫乱夫婦として性を楽しんでいたかもしれない。

その後、俺は元妻の掲載された雑誌を捨てて、二度とその雑誌を買うことはなくなった。
心のどこかで、これ以上元妻の惨めな姿を見たくないという気持ちがあった。
俺は今でも晶子を、元妻の晶子を愛しているのだろうか・・・。