巨乳な妻の姉と生エッチ・前編

この体験談は約 7 分で読めます。

俺25歳、嫁24歳。
年末に子供(娘)が出来たので、週末に3人で嫁の実家に行く回数が多くなった。
嫁の姉は26歳の独身で実家暮らし。

実家の風呂で子供と入っていて、「ママ~出るよ」と風呂場から呼ぶと、「あ、ハ~イ」と言っていつも来るのは義姉の方。
しかも脱衣場じゃなく、中まで入ってくる。
最初は照れくさくて俺もどうしようかと思っていたが、最近は呼ぶ前に少しシコシコして半立ちの状態で義姉に見せつけている。

今日も昼から実家に行く。
嫁と父母が出掛ける予定なので、俺は嫁の実家で子供と留守番。
義姉が子供の面倒と俺の昼食&夕食を作ってくれるらしい。

さっき義姉が、「今日は私がお風呂に入れてあげようか?」と言ってきた。

「うん・・・まぁ・・・」と返事を濁らせたが、どうするのが正解なのか?

1.いつものように俺が入れて、ギンギンにしたのを見せ付けて反応を見る。
2.義姉に入れさせ、いつもの仕返しで子供が上がるときに風呂場に入り込み、義姉の裸を見る。
3.3人で入る・・・これは無理か!

とりあえず今回は義姉に入れてもらうことにした。
先に義姉が入り、俺が子供の服を脱がせて、浴室の義姉に渡した。
そのとき、しっかり乳首と下のヘアーを確認できた。
服の上からでは分からなかったが、結構デカかった。

もう少しで子供が上がる。
子供の受け渡しの時に、事故を装い乳首に触れる予定!

義姉に娘のお風呂を任せていると、浴室から、「パパさん~出るよ~」とお呼びがかかった。
急いで風呂場に行くと、義姉は浴室のドアを開けて娘を抱っこしていた。
そばにあったバスタオルで、義姉に抱きかかえられている娘を包もうとしたとき、下からタオルで包もうとした拍子に事故を装って、手の甲で義姉の乳首を撫でた。
一瞬、義姉と目が合った。
すぐに俺は、「あ、ゴメン!」と謝った。

義姉「あ、即ゴメンは怪しいなぁ」

ニタニタ笑っていた。
そう言いながらも義姉は胸を隠そうとはしなかったので、「事故事故。だっておっきなオッパイだから・・・」と言い訳した。

義姉「まあね、母乳は出ないのにN美(嫁)より大きいからって・・・バカ!そんな言い訳は通じないわよ!」

義姉は笑って浴室のドアを閉め、湯船に戻った。

(あの笑いはどういう意味なんだろう?OK?NG?)

とか思いながら脱衣場で娘の身体を拭いていると、「ねぇ、そこにいたら私、出れないんですけど・・・」と声がした。
慌てて「あ、ゴメン!」と言うと・・・。

義姉「ほら、また即ゴメンだぁ・・・あ、そんなに触りたいんだぁ」

その言い方が俺はちょっと悔しかったんで、「ねぇ、Kちゃんこそ、久しぶりに男に触られちゃって、ちょっとキテるんじゃないの?」と言い返した。

義姉はここ2年、彼氏はしない。
そのあと義姉の返事がなかったんで気まずくなり、娘を連れてリビングに行った。
娘にミルクをやり、しばらくすると娘は寝てしまった。

娘を出してから30分以上は経っているのに、義姉が風呂から上がってこない。
心配になった俺は風呂場に行き、「Kちゃん大丈夫?・・・怒った?」と話しかけた。

義姉「え?どうして?大丈夫だよ・・・あ、ゴメン、今半身浴してるから・・・」

なんだ、それで遅かったのか。

義姉「Aちゃん(娘)は?ミルクは?え?寝ちゃったの?」

脱衣場と浴室でそんな会話をしていたら、俺の携帯が鳴り、嫁からだった。
車が渋滞して、あと1時間はかかると言う。
義姉にそのことを伝えたら、「パパさんもお風呂に入りなさいよ!私もう出るから」と言って、湯舟で立ち上がる姿が見えた。

このチャンスを逃しては!
俺はその場で慌てて服を脱ぎ、浴室に入った!

義姉「ちょっとマジ~!それってヤバくな~い」

俺「え?もう出るんだろ?別に一緒に入りたいわけないしぃー」

俺は知らん顔でシャワーを浴び始めた。

俺「Kちゃんは俺の裸なんて見慣れて、何を今さらって感じだし、俺も今日見たし、それにお互い照れる年でもないしさぁ」

そう言ってみた。
すると出ようとしてた義姉が、再び湯舟に戻った。
俺はそのとき、椅子に座って頭を洗おうとしていたんだが・・・。

義姉「頭、洗ってあげるから、目を閉じてじっとしてなさい!」

そう言って義姉は背後からシャンプーを掛け、頭を洗ってくれた。
嫁にもしてもらったことなかった・・・。
あまりの気持ちよさに黙っていると・・・。

義姉「ちょっとぉ~、ダンマリきめられたら結構怖いんですけど・・・」

俺「え?あ、あまりの気持ちよさに・・・」

義姉「はい、終わり!体は自分で洗える?ついでに洗ったげようかぁ?」

そう言って、すごくエッチな顔で俺を覗き込んできた。
俺は今しかないと思い、「お願いしま~す!」と言ってその場で立ち上がった。

義姉「え?ちょっと~マジで言ってる?えぇぇぇーーー」

俺「さぁ、早く!お願いします」

そう言ってボディーソープを渡した。

俺「あ、俺、肌が弱いんでタオルはNGだから、手でお願いね」

見え見えの嘘を言った。

義姉「え?そうなの?分かった、じゃぁ・・・」

義姉はボディーソープを手に取り、背中から順に洗ってくれた。

義姉「はい、じゃぁ今度はこっち向いて・・・」

まるで母親に洗ってもらってるかのように、俺は言いなりになってた。
そしてこの時、すでに俺の股間は七分立ち!
義姉は俺の首筋から胸へ、そしてお腹・・・。
そしてなんと、何の躊躇もなく俺の股間をしごくように洗い始めた。

俺「おっ?結構上手に洗いますねぇ~。かなり元気になっちゃった」

そう言って義姉のオッパイに手を当て乳首を摘んだ。

義姉「こら~!それはマズイんじゃないですかぁ?」

そ言って義姉は俺の手を払った。
そしてシャワーを掛けてくれた。

義姉「はい、背中向けて!はい、今度は前・・・」

義姉の前でクルクル回ってる俺のモノはもう十分勃ち!

俺「ほら~、Kちゃんが上手に洗っちゃうから・・・」

そう言ってギンギンの股間を指差した。

義姉「まぁ、私も子供じゃないんでぇ~これくらいはねぇ」

そう言って俺の股間をシャワーできれいに流し、しゃがんだと思ったら、いきなりパクッと口に咥え込んだ。
いきなりの攻撃に俺は慌てた。

俺「ちょっと!Kちゃん!え?いいの?うぅ!」

義姉のフェラはすごかった!
ねっとりと舌が絡み付いて・・・そして激しく・・・。
時たま俺の反応を確かめるように上目遣いで目を合わせてくる。
それが妙にエロい!
普段からエロい身体をしてるとは思っていたが、こんなエロい顔の義姉を見るのは初めてだった。

俺は立ってられなくなり、湯舟の縁に腰を下ろした。
すると義姉は俺に足を開かせ、自分はその間に・・・。
俺の股間に跪く感じでフェラは続いた。
義姉は竿を上から下から・・・。
マジで上手い!

俺「ちょっとKちゃん、マジ上手いじゃん・・・うぅ、もうイキそう」

義姉「そう?まぁ、だてに年食ってませんからね。イッていいよ~」

そう言ってまた激しく上下に・・・。

俺「ちょっと、入れさせて!ダメ?なぁ、いいだろ!」

義姉「だめ~!お口でイッときなさい」

そう言ってシゴキ&バキューム!!!

俺「それ反則!あ、うぅ!」

俺は呆気なくイッてしまった。
義姉は俺の精液を口いっぱいに溜め、ゆっくりと出した。

義姉「あぁ・・・この味・・・久しぶり・・・」

そう言ってニコっと笑った。

俺は「アァ・・・入れたかった・・・ここまで来てダメって?」

俺はそう言って義姉の胸を揉んだ。

義姉「アン・・・それは・・・やっぱり・・・マズイから・・・アァ・・・」

俺は「でもKちゃんだって・・・ほら~」

義姉のワレメに指を這わせ、ヌルヌルだった膣にいきなり指を入れた。

義姉「アンッ!こら!いきなり入れるな!アァ・・・ゆっくり、ゆっくりね・・・」

そう言って俺の目の前に立ち上がった。

義姉「ねぇ、交替しない?でもコレは絶対に入れないでね!」

そう言って義姉は湯舟に腰掛けて、足を開いた。
俺は指でワレメを開き、露わになったクリトリスに舌を這わせた。

義姉「あぁ、結構上手いじゃん・・・あぁ・・・ソコ・・・そう、ソコ・・・」

義姉は俺の頭を掴んで必死に後ろに倒れないようにしてた。
でも、大柄な俺はそこでしゃがむ体勢でのクンニは辛いものがあった。

俺「Kちゃん・・・入れたい・・・なんで?ここまできて」

そう言ってせがんだ。

義姉「ん・・・あ、ダメ!やっぱり今日はやめとこよ!今度ね!今度!だから今日はお互いに口と手でね!」

そう言ってニコッと笑った。
その笑顔はすごく可愛らしくて、さっきフェラのときに上目遣いをしたのと同じ女だとは思えなかった。
義理とはいえ・・・やっぱりセックスはさすがにNGだったか。
しかし、これだけでも十分楽しめる!

気持ちを切り替えた俺は、「じゃあ、指を入れるのはいい?それともクリ中心に触る?」と聞いた。

義姉「自分でするときはクリ中心だけど・・・」

俺「え?Kちゃんってオナニストなんだ!」

義姉「え?オナニスト?何それ!」

義姉は大笑いをした。
俺は義姉を床に座らせ、足を開かせてワレメを義姉に自分で開かせた。

義姉「ねぇ、男の人って、どうしてそんなに指を入れたがるの?」

俺「男は入れたくなるものなの!それともクリの方がいいの?」

義姉「今日は我慢してくれたんで・・・指ならいいよ!(ニコッ)」

その笑顔・・・罪です。
完全に惚れた。

俺「じゃあ、今日は指で勘弁してやるか!さぁお嬢さん!1本?それとも2本?」

俺が明るく聞くと、「そうですねぇ、ちょっ気分が乗ってますので・・・2本でお願いしちゃおっかな!」と、またニコっ!

ああ・・・完全に義姉の虜になった俺。
義姉の横に行き、右手の中指と薬指で激しく出し入れ・・・。
俺はそのまま義姉にキスをした。
義姉も舌を絡ませてきた。

俺「あれ?キスはいいんだ?」

義姉「もうぉ・・・アァん、あぁ・・・だからチンチン以外ならいいよって・・・あん」

俺は指を動かしながら乳首にしゃぶりついた。

義姉「あぁぁぁぁ、ハァハァうぅぅぅ!ウグウグ」

義姉は必死で歯を食いしばって耐えているようだった。

義姉「ウググググ、ハァハァアァ、あぁ!ウ」

義姉は感じているというより、必死で何かをこらえているかのようだった。
そして身体が仰け反ったかと思うと、ピクピクと小刻みに痙攣しはじめて・・・。

義姉「うぅぅlくくくぐ!」

全身の力が抜け、無事にイッたようだった。

俺「・・・イケた?大丈夫?」

義姉「・・・ウン・・・えへぇ・・・」

またニコッ。
最後にキスをして、シャワーを浴びて一緒に脱衣場に出た。
時計を見てビックリ!
もうすぐ嫁が帰ってくる時間だ!
慌てて服に着替えてリビングに。
・・・20分後、嫁と父母は帰ってきた。
義姉は、妹(嫁)とは顔を合わせないと言い、「2階で寝てることにしてて!」と言って、駐車場のライトを見て、慌てて階段を駆け上がった。

何事もなかったかのように、俺と子供と嫁は自宅に戻った。
実家から自宅までは、車で15分くらい。
帰宅後、嫁が風呂に入っている時に、俺の携帯にメールが来た。
義姉からだった。

義姉『大丈夫?』

俺『大丈夫!今、嫁は風呂中!』

義姉『Aちゃん(娘)、風邪引かせてない?今日は寒かったから・・・熱とかないよね?』

俺『大丈夫!スヤスヤ寝てるよ!熱は・・・俺がKちゃんにお熱かも?』

すると、『少し話せる?』ときたので電話した。
義姉の話を、なぜ挿入を躊躇ったのかの理由だった。
それは、今日は一番危険な日だったので、もし妊娠すれば大変なことになってしまうと。
それと義姉は、挿入すると声が半端なく出るらしい。
今日の手マンでも結構ヤバかったとか。
それで一生懸命に声を殺していたらしい。

で、最後に、「絶対に秘密を守ってくれるなら」ってことで、来週、「思う存分ホテルでエッチ!」の約束を交わした。

義姉も久しぶりに男に触られたのと、フェラで火がついたらしい。
それから、なかなか時間が合わなくて、義姉とはあれ以来会ってないが、頻繁にメールが来るようになった。

そして昨日、義姉と義母が我が家に来た。
挿入はできなかったが、義母のいない間に、義姉に悪戯したりして楽しんだ!
そのあと嫁が帰って来て、みんなで実家に。
2人ともエロエロモード全開なのに、挿入が出来ない・・・。
でもスレスレのところで結構楽しんでいる!

<続く>