何度でも中出しさせてくれた変態女子大生

この体験談は約 3 分で読めます。

3年くらい前の夏のことです。
信じられないくらい中出しさせた女、アオイと会いました。
もうテレクラも下火になっていて、金曜日の夕方に暇潰しに出会い系サイトに入ったら、『近くにいます、夕御飯食べてから1泊』と言ってきたので、ダメ元で行きました。

すると割と美形の細身の女がいました。
一目で気に入ったので、彼女と一緒に居酒屋へ入りました。
近くで見るとかなりそそられて、飲食もそこそこに早くホテルに行きたくて、早々に店を出て一番近いホテルに行きました。

さて、ここからが大変でした。
抱き締めて、服の上から触りまくって脱がせると、パンツを穿いていませんでした。
そして陰毛は全部きれいに剃られていて、さすがに驚きました。
アオイが話してくれたのは、もっと驚きの内容でした。

19歳の大学生で、今は夏休み中。
去年別れた彼から中出しの良さを仕込まれた。
中出しされたくて、毎月安全日に、自分の町から出かけて知らない土地で知らない男と会っている。
陰毛を剃っているのは性感染症予防と、男も喜ぶから。
金、土、日の2泊3日で、お金を貰って、4~5人くらいの男と会う。
その日、金曜日は昼から1人と会って2回、中に出されて来た。
ノーパンなのは昼の男に破られたから。

今夜は大2枚で、僕が自由に彼女に中出し出来る。
可愛い顔、幼児体型、剃られた陰部にも興奮してパンパンに勃起してしまいました。
知らない男の精液がまだ入っているかもしれないアソコへの生挿入はちょっと躊躇いました。
しかし、アオイがエッチに誘導してくれるので、いつの間にか挿入していました。

アオイは可愛い顔して、かなりのスキモノで、特に腰の動きが尋常ではありませんでした。
しかも中が狭い!
穴の中でイチモツの半分だけを締めたり、緩めたりします。
アソコが別の生き物、まさにイソギンチャクみたいな感じです。
たまらなくて1回目は10分も持ちませんでした。
2回目以降は彼女もかなり感じてくれました。

遠慮なく中出しすると、「あー、出てる、もっと出して、アオイの中に出して」とエロエロでした。

夜8時半にホテルに入って深夜1時過ぎまで、その夜は思いきり3回も中出ししました。
さすがに疲れて、アオイを抱いたまま朝までぐっすり眠りました。

朝7時、アオイがイチモツをしゃぶって起こしてくれました。
また朝から挿入させられます。
さすがに体力が持たないので、朝食を食べて体力回復させてから再開しました。
11時のチェックアウトのギリギリまで、ヤリまくりました。
朝からも2回、アオイの中に射精しました。
これだけ出しても名残惜しくて、あと10分という時間まで挿入していました。

ホテルを出て、まずはパンティを買いに行かせました。
精液が流れるのでナプキンも買ってきて付けていました。
そして昼ご飯を一緒に食べました。

可愛い彼女なんで、周りからは羨ましく見えたと思います。
しかし、この可愛い顔のアオイは、私と別れてすぐに、私の精液をまだアソコの中に残し、垂れ流しながら別の男を探して、連チャンで膣内射精される変態女なのでした。