現役女子大生ソープ嬢に気に入られて生本番

この体験談は約 3 分で読めます。

某有名地区にあるソープに遊びに行った。
料金は高いけど、安い店でハズレを引くよりはいい。

店に入ると空いてる女の子を選ぶんだけど、あんまりタイプはいなかったが、顔なじみの店員が、「この子は19歳で巨乳ですよ」と優里ちゃんを勧めてきたのでその子にした。
部屋に入りタバコを吸ってたら、現れたのは小柄な少し肉付きいい娘で、少し新垣結衣に似てるかな?
だけど、作り笑顔感満載。

で、プレーを開始。
確かに張りがある巨乳で、シャワーで洗ってもらいヌルヌルにして体を擦り付けてくれた。
巨乳で挟んでパイズリしてもらい、バイブで彼女に反撃。

「やん!いゃん!」

優里ちゃんは声をあげてすぐにヌルヌルになった。
シックスナインで10代の甘い蜜を味わってから優里ちゃんを寝かせた。
まぁまだ覚えたてのようなサービスだったが、新人だから仕方ない。
脚を開かせてヌルッと挿入。

「ああん!」

感度は抜群だけど、眉間にシワを寄せて明らかに嫌そうにしている。
だけど襞はキツく、ウネウネして最高。
積極性ゼロの彼女に打ち付けて、バックで突き上げて楽しんだ。
正常位になり、10代のキツマンに締め付けられて俺もついに限界。

「出すよ!」と告げて激しく突き上げていると射精感が高まり、ギュッと抱きつきながら射精を果たしました。

「いやっ!」と耳元で聞こえたが快楽を味わった。

「気持ちよかったよ、ありがとう」と身体を舐め回して、時間が余ったので彼女と話した。

19歳は本当らしく、しかもなんと現役の女子大生らしい。
お金が欲しくてやってるらしいが、仕事がキツいと愚痴をこぼしていた。

「俺みたいな嫌な客も来るだろうから大変だね」

そう話すと、「そんなこと・・・」と慌てるが、「気にしなくていいよ」と話すと、「ごめんなさい!」と謝る彼女。

「ジャニーズとかイケメンだけじゃないしね」と言うと、「気持ちに嘘がつけなくて・・・」と泣き出した。

「好きな人がいるの?」

「えっ!?実は・・・」

彼女は好きな人がいて、この仕事が後ろめたいらしい。
彼はバイト先の店の人らしい。
そんな話を聞いてたら時間切れ。

「また来ていい?」

「ぜひ!こんな話を聞いてくれてありがとう」

初めて彼女は笑顔になった。

それから数週間してまた店に行った。
優里ちゃんを指名すると接客中と言われたが、どうやらキャンセルを食らったらしく、しばらくして「空きましたからいかがですか?」ときた。
部屋に入って待っていると彼女が現れ、「あっ!」と笑顔になったと思ったら急に泣き出した。

「どうしたの?」

「キャンセルされて怒られて・・・」

そしたら「指名してくれてありがとう」と抱き付いてきて、「お客さんって優しいね」とキスをしてきて・・・。

ベッドで普通に生でセックスした。
1回目とは別人みたいに愛撫に反応し、アソコも濡れが凄い。
彼女からフェラをしてくる積極ぶり。

「入れていい?」

はにかんで頷く彼女。
挿入したら、「アンっ!」と声をあげて感度も抜群でした。
結合部からはグチョグチョといやらしい音もして、彼女からキスをせがんでくる。

(例の彼のことは吹っ切れたのかな?)

そう思いながらも10代の肉体を堪能しました。

お互いフィニッシュが近づき、優里ちゃんを抱き締めて「イクよ」と言うと、彼女も抱き付いてきて、「出して」と。
あまりにも可愛くて、そのまま発射。
しばらく2人で抱き合ってた。

「温かいのがいっぱいw」

そう笑う彼女に、「ありがとう」とキス。

「やっぱりいい人だね」とキスしてくる彼女に、「鬼畜だよ、10代の子に生セックスを強要したんだから」と言うと、「いいの。私もしたかったから」と。

どうやら彼女は思ってることが顔に出てしまうらしく、クレームが来たリ固定客もほとんどいないらしい。

「優しいね」と甘える彼女に、「もう1回してもいいよ」と言われ、2回戦。
また思いっきり10代の現役女子大生に中出しをした。

「また絶対に来て!」と言われ、しばらくして行ったら彼女は辞めさせられていた。

もしかしたらセフレに出来たかもと思うと残念でならない。