酔った勢いでバスの運転手と3回も

この体験談は約 3 分で読めます。

私は高校卒業後、東京にある観光バス会社に就職した。
勉強は嫌いだがカラオケは好きだ。
そしてセックスも・・・。

バスガイド1年生には過酷な講習がある。
何とか講習をこなし、実務経験を始める。
伊豆修善寺、おばさん達のツアーが初仕事だ。
緊張しながらの1日が何とか終わり、運転手とバスガイド専用の部屋に着いた。

「ふぅー、やっと終わった~、キツかった~」

客達は宴会場、運転手とガイドは専用の部屋で夕食だ。
別に豪勢な食事ではなく、普通の食事。
先輩達に聞いてはいたが、私はガッカリした。

風呂に入り、そろそろ寝ようかと思った頃、誰かがドアをノックした。
運転手だった。

「いや~お疲れ。一杯飲まねぇか?本当はよ、新人の場合、複数台のバスツアーにするんだけどな、まあ会社の都合だ」
「あたし、未成年ですよ」

「いいんだよ社会人なんだから、飲めるんだろ?ビールくらい」
「はぁ」

「ほら、俺とお前だけだからよ、飲め!」

初仕事で緊張し疲れていた私は勧められるままにビールを飲んだ。
運転手はドンドン飲ませてきた。
程よく酔っぱらってきた頃だった。

「そーいやぁお前、熊田曜子に似てるな」

「そーですかぁ?」

「顔もそうだけど、その胸もな」

私の胸はGカップだ。
若いせいか形も良く、ツンと上を向いていた。

「はーい、私の胸はGカップでーす。でも可愛いブラがないの、おばさん臭いのばっかで」

結構、私は酔っていた。

「感度もいいんだろ?」

運転手は下ネタの展開に喜んでいた。

「うん、すっごく感じるよ、キャハハハ」

突然、運転手は私を襲った。

「いやん、駄目ですよ、ああっ」

運転手は私の唇に吸い付いた。
舌を入れられると、私も絡ませてしまった。
運転手は私の胸をTシャツの上から鷲掴みした。
耳に息を吹き付けながら首筋を舐め始めた。

「ああっ」

早くも私は無抵抗になった。
運転手はTシャツを捲り上げ、大きなブラを剥ぎ取った。
自慢ではないけど、巨乳にありがちな大きな乳輪ではなく、私は乳輪も乳首も小さめ。
色だって薄い。
運転手は貪るように吸い付き、音を立てながらしゃぶり上げた。

「ああっ、ああっ、ああっ、感じちゃうぅ」

私の体に電流が走る。
しばらく運転手は私の胸を攻め立ててた。
運転手は私のジャージを脱がしにかかった。
パンツも急いで脱がした。
私の足を持ち上げ、濡れまくりのクリを強く吸い上げる。

「ああっ、気持ちいいっ、ああっ」

運転手は舌でクリを転がしながら手マンを始めた。

「もうたまらん、入れるぞ」

「うん」

いきり立った男根が、ずぷっと音を立てて入ってきた。

「ああっ、ああっ、ああっ、凄いっ、ああっ、またっ・・・ああっ」

はっきり言って私はヤリマンだ。
高校時代からかなりヤリまくっていた。
イクことも早くに覚え、セックスが大好きになった。
しかし社会人になってからはセックスするチャンスもなく、ただ仕事をしていた。
やりたくてってたまらなかった感情が一気に爆発した。
私は正常位なのに、自分から運転手に腰を押し当てて、動かした。
その度に中が締まるのが自分でもわかった。

「ああっ、もう出そうだ」
「待って、まだ出さないで、ああっ!」

「もう我慢できん、出すぞ、出すぞ、ううっ」
「待って、口に出して」

運転手は慌てて男根を抜き、私の口へ持っていった。

どぴゅぅどちゅぅ・・・ドクドク・・・。

「はあぁ~、凄い、いっぱい」

大量のザーメンが口の中に放出された。

「もう早すぎぃ~。まだまだしよう」

ヤリマン魂が目覚めた私は、運転手の萎えかけた男根を掴んでしゃぶった。

「おおっ」

竿の根元まで咥え込み、残ったザーメンを搾り出すように、指と唇でしごきあげた。
自分の唾液とザーメンが混ざりあい、ぬらぬらと光っていた。
私はフェラには自信がる。
男のツボというツボを的確に攻めた。
運転手の男根が回復したのを待って、私が上に跨がった。
ずぷぷぷと飲み込んで、ゆっくりローリングしながら前後上下に動かした。
久しぶりの男根を味わうように。

「ああっ、たまんない、当たる、当たるのぉ、いいっ、気持ちいいっ」

運転手は軽々と私を持ち上げると、座位、そしてバックへと体位を変えて私を突きまくった。

「ああああああっ」

高速で突かれるたびに、私は短かく、大きな声を上げた。

「ほらっ、お前はチンポが好きなんだろう?もっと突いて欲しいか?ん?」

「んんん・・・もっとぉ~。ああっ、もっと無茶苦茶にしてぇ、ああっ、イクっイクイクぅ、ああーっ」

「出る出る、おおおっ!」

また運転手は中に出した。

「ああ、また中に出したぁ」

「ごめん」

「まっ、いいか・・・」

この後、3回戦でもう1回イッて、さすがに翌朝も早いので2人で寝た。