肛門に舌を入れてきた若い女性社員の母親

この体験談は約 4 分で読めます。

半年ぐらい前に会社の歓迎会があった。
3次会まで飲み歩き、最後は私と係長と若い女子社員(一美、21歳)の3人になった。
2人は私の部下で、普段もたまに会社帰りに飲みに行く飲み仲間だった。

駅のターミナルで時計を見ると深夜2時、すでに終電もなく、「朝まで飲むか」と言っている私達の前に1台の車が停まった。
車から顔を出したのは一美の母親で、一美を迎えに来たらしかった。

一美の母親は、「家が近くなので、電車が動くまで家で休んで下さい」と言ってくれた。

こんな深夜に、しかも女性の部下の実家にはお邪魔できないと思って断ろうとしたが、一美と係長はさっさと車に乗り込んでしまった。
戸惑う私を見て、母親が笑いながら再び誘ってくれたので、恐縮しながら私もお邪魔することにした。
一美の実家までは車で10分ぐらいの近さであったが、一美と係長はすでに車内で寝ていた。

自宅に着き、2人を起こしてリビングに通されると、係長はそのままソファで寝てしまった。
私がいくら起こしても大きな寝息を立てるばかりで起きそうにない。
一美と母親も、熟睡中の係長を見て笑っていた。

一美から奥の部屋に布団の準備ができたと伝えられ、「私も寝ます」と言って彼女は自分の部屋に消えて行った。

私もと思った時、母親から、「もう少し一緒に飲まない?」と誘われた。
車では暗くて気づかなかったが、一美の母親は若く綺麗で、21歳の娘がいるようにはとても見えなかった。
さらに部屋着だと思うが、少しゆったりめのトレーナーに短パン姿で、色白で細く綺麗な脚を覗かせていた。
私は眠かったが、少しだけ一緒に飲むことにした。

母親とは、娘の会社での様子など他愛もない話をしていたが、会話の中で、3年前からご主人が海外に単身赴任していることや、私より3つも若い44歳であることがわかった。

しばらく一緒に飲んでいると、何となく母親が綺麗な脚をわざと私の方に伸ばしてきてるような気がした。

「暑くないですか?お酒を飲んだからかなあ~」と言って、上着のトレーナーの裾を肌蹴るようにパタパタとさせた。

トレーナーの隙間から母親の少しムッチリとした白い肌と下乳がはっきりと見えた。
私の見間違えでなければ、母親はノーブラだった。
母親は、私が胸元を見ていることに気づいたようで・・・。

「あら、課長さん・・・どこ見てるんですか~」

酔っているせいもあるのだろうが、甘えるように誘っているの感じがした。
私も酒の勢いもあり・・・。

「だって、こんな綺麗な奥さんが目の前でチラチラさせるからですよ~。奥さんって、若くて本当に綺麗ですね。モテるでしょう?」

「課長さん、からかわないで下さいよ~。こんなおばさんなんて誰も相手しませんよ」

「そんな事ないですよ!奥さんなら口説きたくなりますよ」

「え~、それって口説いてるんですか?まあ嘘でも嬉しいですけど・・・」

「じゃあ、本当に口説いてもいいですか?口説く前にもう体が反応しちゃってるけど・・・」

私はすでに大きくなった股間をズボン越しに見せた。

「わあ~、凄い・・・大きくなってる・・・こんなの見るの久しぶりかも・・・」

この時点でこの奥さんなら大丈夫と思い、奥さんの手を引っ張り、私のために布団を敷いてくれた奥の部屋に連れて行った。
奥さんに拒む素振りはなかった。
部屋に入り、奥さんを布団に寝かせると、私は全裸になった。

「・・・凄い・・・ですね。もう、こんなになって・・・」

「欲しいなら好きにしていいですよ。ご主人がいなくて寂しいんでしょ?」

奥さんは軽く頷くと体を起こし、膝立になって両手で私のペニスを握り、すぐに舐め始めた。
ねっとりとした熟女の舌使いから、ペニスを欲しがっていることが容易にわかった。
私は奥さんに全部脱ぐように言うと、奥さんはペニスを口から外すことなく、咥えたまま器用に脱いで全裸になった。
奥さんは予想以上に巨乳でムッチリしており、おっぱいは片手では収まりきらないほどだった。
奥さんがペニスをしゃぶりながら玉袋を弄り始めた。
あまりの気持ちよさに立っていることが辛くなり布団に寝転がると、奥さんは私の両足を持ち上げて玉袋の裏を舐め上げてくれた。

「奥さん・・・いやらしいね・・・そんなとことまで舐めるんだ・・・。風呂にも入ってないからその辺り臭いだろう?」

「うん、臭い。でも、この臭い匂いって好きです・・・興奮するんです・・・」

「いつもそんなところまで舐めるの?」

「うん・・・主人が舐めてくれって言うから・・・」

「じゃあ、もっと臭いところを舐めて下さいよ。その下の・・・穴も・・・早く・・・」

「ここは、主人のも舐めたことないから・・・」

私が尻を突き出して促すと、奥さんは尻の穴を舐めだした。
丸い日に風呂に入っていない、昼間にうんこを臭くて汚い俺のアナルを・・・。

「気持ちいい・・・奥さん、上手だねえ~。嫌がってたけど、尻の穴に舌を入れているのがわかるよう」

「凄く・・・臭いです・・・でも・・・凄く興奮する・・・」

ペニス、玉袋、アナルを舐め回した奥さんの口元は自分の唾液でベトベトになっていた。

「もうダメ・・・我慢できない!」

いきなり奥さんはそう言うと、私の上に跨がり、ペニスを握ってマンコに入れてきた。

「ゴム付けなくていいの?俺、責任とれないよ」

「大丈夫、いいの・・・もういいの・・・我慢できないから・・・」

奥さんの目は、すでに飛んでいた。
騎乗位になり、声が出ないように自分で口を押さえながら激しく腰を振り、髪を振り乱した。

「奥さん・・・凄く激しいね・・・クリも押し付けて・・・痛いぐらいだよ」

「イク!・・・イク~・・・そこ!そこ!・・・ダメ!イイ~・・・ウグ!・・・」

そう言うと奥さんは1人でイッた。
構わず下から突きあげ、自分が気持ちいいポジションを取ってそのまま奥さんの中で果てた。
酒を飲んだ後だというのに、中折れすることもなく気持ちよく出せたのは久しぶりだった。