弟の嫁はM属性

この体験談は約 3 分で読めます。

弟が婚約者を連れてきた時、一目惚れをしてしまった俺。

1時間くらい離れたところに住んでる弟夫婦のマンションには月2度ほど遊びに行き、×1の俺には気を遣ってくれる弟嫁の由ちゃん。
俺の給料日は酒を片手に由ちゃんの喜ぶものを必ず土産に持っていきす。
そんな日は泊まることも多く、パジャマ姿に勃起してしまいます。

ある日、土産を持って遊びに行くと、「弟は3日前から出張で2日後にしか帰ってこない」と言われ、俺はヤッターと思いましたが、帰る素振りをしました。
由ちゃんはお土産効果が効いてるのか、「コーヒーでも飲んでって」と部屋に上げてくれた。

由ちゃんの服はゆとりのあるミニワンピ、足がきれい。
それを見ただけで勃起。
テーブルを挟んで座ると目はそこに行ってしまう。
それに気がついた由ちゃんは恥ずかしそうに俯きながら足を閉じてワンピを抑えた。

俺は気がついていた。
由ちゃんは、いやと言えないタイプのMだと。

「ビール飲みたいな、一緒に飲もう」と目を見つめて言う。

小さな声で「ハイ」と答えて準備をする。
コップは2つ。

乾杯をして一気飲み。
俺は由ちゃんを褒めまくる。
満更でもなく喜ぶ顔はハニカミながらもそそる。

「夜は毎日弟が可愛がってくれてるでしょう?」と、エッチな方向に話を持って行くと、顔を赤くして「返事できません」だって。

俺のS性が正体を出す。

「由ちゃん初体験は何歳?」
「弟と知り合う前の男性は何人?」
「どんな体位が好き?」
「今日の下着の色は?」

全て無回答。

「スケベなことばかり聞くの?」って、困った顔が可愛い。

俺は由ちゃんの隣に座り、俯いた顔を上げさせ強引にキスをした。
唇を閉じてイヤイヤをするので、俺は「口を開いて舌を出せ」と強い口調で命令。
「ダメ~」と言うのを無視してキスをすると、気持ちとは別に唇を開いて俺の舌の進入を許す。

それからはM女になってしまい、泣きながらも命令されるままに俺の勃起したペニスをしゃぶるのに時間は掛からなかった。

「俺の服を脱がすんだ、自分で裸になれ、ベッドに行くぞ」

「ダメ」「イヤ」と小さな声で言うが、命令されると素直に従う。

オマンコはすでにビショビショ。

「スケベやな」

責めながら、一気に挿入。
ダメダメと言いながら俺のピストンに「ア~」と声が出てきた。
その反応に興奮した俺はイキそうなった。

「イクゾー、中に出すからなあ」と激しく腰を動かしながら奥に放出。

濃い精子が大量に出た。
由ちゃんはイッタようで痙攣してる。

その日は泊まって3回中出し、呼び方も「ヨシエ」と呼び捨て。

初体験は遅くて勤めに出た22歳、会社の上司に食事を誘われ、その日にホテルに連れて行かれ処女喪失。
その40代の男にM女として教え込まれたらしい。
その男性にパーティー連れていかれ、何人もの男性に抱かれたようだ。
オマンコに指を入れ、子宮口を触ると口は広い。

妊娠・堕胎経験は3度。
その男性が事故で亡くなって、転職した先で弟と知り合ったと話してくれた。
弟は週に1度抱くようだが、ヨシエはもっとしたいと言うので、「俺に抱かれろ」と威嚇すると、「ハイ」と答えた。

今は、昼に抱いてる。
弟が出張の時は泊まって抱く。
数年前からピルを飲んでるようで弟は知らない。

俺の子供を生むと約束してるので、計画中である。