憧れの巨乳妻が雑居ビルのトイレでしゃぶってくれた

この体験談は約 5 分で読めます。

この前、以前から知り合いの人妻にしゃぶってもらいました。
近くの居酒屋でバイトしていて、年は35歳。
浅黒く瞳はクリクリで東南アジア系の可愛いお顔。
細身だが服の上からも分かる巨乳ちゃんです。

初めて会った時から、シャツの下のボリュームのあるユッサユッサしたオッパイが眩しく、おっとりした性格の彼女をかなり気に入ったのですが、残念ながら人妻。
売れちゃってたのねと、諦め半分でした。
デートに誘うにもなかなかガードが固く、旦那も迎えに来ていたりしていたので、俺には無理だなぁと。
飲みながら巨乳を目に焼き付けてオナニーのネタとして愉しむくらいの感じでした。

ある日、友達からライブイベントに来て下さいとの誘いがあったんだが、あまりそういうのは得意じゃないので断ったんだが、知り合いも沢山来るとのことで半ば無理やり行くことになった。
友達のバンドの出番は深夜で、飲みながらライブハウス内で待っていました。

すると、あの人妻も来ていました。
話し掛けると旦那様は来てないとのこと。
でも何か出来る雰囲気でもなかったので、世間話をする程度で人妻はどこかに行ってしまいました。

友達の演奏が始まる頃には結構酔っていて、人混みに紛れてステージを見ていると、チョンチョンと背中を押される。
振り返るとあの人妻が俺の横に来てて、なんと自分が飲んでるビールの缶を俺に渡して、飲めとジェスチャーしている。
人妻は目がトローンと、いかにも酔っ払いの目つきで俺を見つめている。
年甲斐もなく、(間接キスだ!)と喜んで一口ビールを頂いて人妻に返すと、クリクリの瞳でまた俺を見ながらビールを飲んでいる。
それだけでチンポに熱いものが集まってきた。

程なくしてライブも終わり、人妻も友達と帰ったので、俺も知人に挨拶を済ませてトイレして帰ろうと思うも、ライブハウス内の便所は長い列。
近くの雑居ビルの共同トイレでしようと外に出て、オシッコをしながらさっきの間接キスの余韻に浸っていた。
オシッコを終えてトイレを出ると、女子トイレからまたもあの人妻がフラフラと現れた。

「あら、今日はよく会うわねぇ」

俺は酒の勢いに任せて、人妻の顎を持ってキスしてみた。
怒るかと思いきや、「ん~ダメぇ」と甘え声。
これはイケると調子に乗り、男子トイレに引っ張った。
個室に入ると人妻が、「何~、どうしたの~?」と言ったので、「前から好きだった」と告って本格的にキスをした。
少し薄い唇を俺の唇で挟んだり、温かい舌を強く吸ったり、人妻の涎をタップリ味わったり、唇と唇を唾で濡らし擦ったり・・・、濃厚にそれは続いた。

人妻もアウアウと応じてくれたので、キスしながらあの巨乳をムンズと揉んでみた。
ずっしりした量感と三十路女の柔らかな乳房の感触が、「ィヤン」という反応と共に俺に伝わった。

「おっきいね。何カップ?」

「恥ずかしぃ・・・G・・・」

「恥ずかしくないよ。素敵だよ」

彼女の後ろにまわり、抱くように両手で服の上からワシワシと巨乳を揉んだ。
人妻は後ろを向いて俺とキスしながら腰をモジモジさせていた。
その度に人妻のお尻と勃起チンポが擦れた。

唇を吸いながら「オッパイ見せて」と、ガバッと後ろから人妻の上着とブラをたくし上げた。
憧れの彼女の乳房はとても大きな釣り鐘型で、茶色の乳輪は意外と小さく、少し皺の寄った乳首が隆起していて、とても淫靡な佇まいだった。

俺は、すぐにその乳首にむしゃぶりついた。
少し汗の味がした。
まず向かって右の乳首を口に含んだ。
ゆっくり眺めるより先に、吸わずにはいられない人妻のエロい乳房だった。
一度はダメだと諦めていた、しかも人妻の巨乳を吸っているという現実に頭がクラクラした。

乳輪ごと口いっぱいに含んだり、乳房全体をベロンベロン舐めたり、チュッチュッと乳首を虐めたり、下乳の辺りまで丹念に愛撫した。
彼女は、「アッアッ」とか「ゥっクゥ~」と喜びの声を上げて感じてくれてるようだった。
俺は柔らかな両乳を寄せて沢山の涎を二つの乳首に馴染ませるように口で舐め、ジュルジュルと音を立てて吸った。
舌先で乳首をホジホジしてこねあげた。

男の本能が満たされる感じがした。
と同時に、パンパンになったチンポがズボンの中で鬱血しそうだった。
俺は大きなオッパイを含みながら自分の下に着ていた物をずらした。
ブルンっと痛いほど勃ったチンポが露出した。
人妻は俺にGカップを吸われて目を瞑って快楽に耽っていた。
俺は唇を乳から離し、片手でそれを揉んで、片手で便器に座ってる人妻の顔の前でチンポを扱いた。
人妻は目を開けると、目の前の亀頭をクリクリした瞳でマジマジと見つめ、「ア~、硬いのぉ~」と指で触れてきた。

「どう?」と俺が聞くと、なんとも言えないエロい表情で、「ふぅ~ん、硬いよぉ」と言ってきたので、ぐいっとチンポを彼女に近づけた。

人妻は俺のチンポを優しくニギニギしてきた。

「ツルツルして可愛いねぇ」

上目遣いでそう言うと、ニヤリと口元にシワを寄せた。

「ねぇ、舐めて!」

「え~、旦那に悪いもん、どーしよ~?」

そう言いながら、さらにチンポをニギニギしてきた。
ここにきて急に年上のお姉さん口調で勿体ぶってきたので、「我慢出来なくてヤバいよ、お願い」とまた年甲斐なく甘えてみると・・・。

「オッパイ優しくしてくれたもんね、あんまり自信ないけど、内緒だよ」

そう言って唇を陰部に当てた。
ついにあの巨乳妻が俺にフェラチオを始めた。
口の中のあったかさがチンポを通じて伝わってくる。
上下の唇を軽く開き、亀頭をなぞるように優しく舌を這わせてきました。
フルフルした唇がチンポに触れてます。
その後、カプッとチンポの先を含むと、亀頭の下の所を舌でチロチロしながら上唇で亀頭の上を擦ってきました。
この時点で、(どこがあんまり自信がないんだよ!)ってくらいの気持ち良さでした。

さらに彼女は口を大きく開けてチンポを吸いました。
竿の半分くらいまで咥えて、ゆっくり唇でチンポの形を確かめていました。

「ムフ~ン」と鼻息を立て、チュポンと離すと右手で扱きながら、「大きいねぇ・・・スゴイ」と、また上目遣いで言ってくれました。

「ありがとう、気持ちいいからもっとして」と言うと、また口いっぱいに含んでくれました。

裏筋やカリ首をベロベロ舐めてくれました。
舌をすぼめ、尿道口をほじってくれました。
チュゥ~と先っぽを吸い上げてくれました。
玉も口で含んで舌で転がしてくれました。
人妻が一生懸命に、それも丁寧にゆっくりとたっぷりの涎をつけてチンポをしゃぶる姿と、ジュボジュボジュルジュルという音にとても興奮しました。

「顎が痛くなってきたぁ」と彼女が言ったので、「じゃあ涎をいっぱいつけて」と言うと、人妻はねっとりと唾をチンポに舌で絡めてくれました。

人妻を少し起こし、脚の上に跨がって落ちた服をたくし上げました。

「何するのぉ?」

彼女がそう聞くので、俺は亀頭を彼女の乳房に押し当ててグリグリしながら、「挟んで!」とお願いしました。

「もぉ~」と人妻は言うと、オッパイでチンポをサンドしました。

チンポで感じる巨乳は柔らかくしっとりした肌質で、絡みついた涎と相まってとても気持ちよいものでした。

少し垂れた釣り鐘オッパイはジャストな位置でチンポを包んでいて、彼女はユッサユッサと擦り始めました。
唾が乾いくると2人でその深い谷間に追加の涎を落として濡らしました。
時に彼女は左右の乳を互い違いに動かして、俺のチンポをオッパイで扱いてきました。
Gカップのパイズリを受けながら俺は屈んで人妻にキスをしたり、指で茶色の乳首を弄ったり。

そのうち玉袋から射精感が込み上げてきたので、チンポの谷間から抜き、彼女の口に宛てがって、「吸って!」と。

人妻はジュボジュルと激しくチンポを吸引し、舌でベロンベロン裏筋を舐めてきました。
俺は乳房を揉みながら、人妻の口内にビュルビュルビュルビュルと精液を発射しました。
彼女の口からチンポを抜こうとすると、彼女が俺の尻を押さえてチンポを吸ってくれます。

しばらく吸ってくれた後、チュポンと唇を離して床に精液を出して、「もう~濃いよぉ・・・飲めなかったぁ」と笑顔で言ってくれました。

後はお互いトイレットペーパーで拭きあって、「気持ちよかった」とか「絶対内緒よ」とか話してトイレを出て帰りました。

自分には最高の人妻フェラ体験でした。
下手な上に長文で失礼しました。