こっそり俺のエロ本を見に来ていた高1の妹

この体験談は約 5 分で読めます。

これは自分が20歳、妹が16歳のときの話。

自分の実家はマンションの高い階にあって、自分の部屋の外がベランダになっていることもあって、自分はよく景色を眺めながらタバコを吸ってた。
それで、その日もぽけーと外の風に当たってたんだけど、その時、誰かが俺の部屋に入ってくる音が聞こえてきた。

チラッと見ると、妹だった。
俺はベランダにいたんだけど、ちょうどその自分の部屋から見て死角になる位置にいたから、妹は気づいてなかった。
それで、妹が勝手に俺の部屋に入ってきて何するんだろうって思って、こっそり外から覗いてたら、俺のエロ関係の隠し場所であるベッドの下に手を入れてもぞもぞしてた。
結構清純系の妹だったから、その光景はちょっとショックだった。

で、妹は2、3冊俺のエロ本を手にしたんだ。
で、そのとき妹と、こっそりベランダから覗いてた俺の目が合った。
妹はよく漫画であるような感じで、ばさばさっと持ってたエロ本を床に落とした。
妹は俺を見て、直立不動という感じで立ち尽くしてた。

俺はその時、(さて・・・どうしたものか)と不思議なほど冷静だった。
とりあえず思ったことは、自分の妹というのは兄の自分が言うのもなんだけど、結構人間ができている可愛いヤツ(容姿もかなり)だったので、あんまり傷つけてしまうようなことにはしたくないっていうことだった。

俺はベランダから俺の部屋に入った。
自分は無言。
妹は何言ってるかよくわからないけど、声を出してた気がする。
俺は妹が落としたエロ本を拾って、それをさっと妹に渡した。
もちろん妹はきょとん顔。

「別に持ってってもいいけど、ちゃんと返せよ」
「えっ?」

「そうだ、よかったら俺の秘蔵のビデオも持ってくか?」
「い、いや、いいよ・・・」

「まあ、こんなものはいつでも貸してやるから遠慮するな」
「・・・う、うん・・・」

というようなやり取りをした。

とにかくその時は、妹に恥ずかしいっていう思いをさせたくないっていうことばかりが意識にあった。
今思えば、18歳未満の妹に言うべきことじゃなかったんだけどね。
まあ、その日はそれで何事もなかった。
妹はそのままエロ本を持って出て行ったけど。

妹は控えめな性格の人間だから、そんな出来事があった後でも、「お兄ちゃん、エッチな本貸して・・・」などと言ってくるはずもなく、ちょっとそれが残念だった。
けど、俺の居ない時に持ち出してるってことは、ベッドの下の本の位置がずれてることからも明らかだった。
まあそれでいいかと、自分は特に気にもしなかった。

けどそれ以来、何か自分に対する妹の態度が微妙におかしかった。
まあ、後々ゆっくりと考えてみたら、『エロ本を持っていく=オナニーしてる』わけだから、妹がオナニーしてるっていうことを俺は知っているということになるわけだ。
そんな状況で、あの妹が俺に今まで通り接しづらいというのは当たり前な話だ。

何とか、そういうモヤモヤをなくしたいと思った。
俺は、オナニーっていうものは別にやましいものでも何でもないと思ってたから(さすがに人に見られるのは勘弁だが)、とにかくその辺のことを伝えたいと思った。

んで、その決心をした日、大学の講義終わって昼過ぎに帰って、妹が帰ってくるのを待った。
それで帰ってくるなり、自分の部屋に呼び寄せた。
妹は「うん」ってな感じで普通に入ってきた。
元々、仲はそこそこいい兄妹だから、お互いの部屋に入ったりというのは全然日常的なことだった。
けどあれ以来、目を合わせる回数が減っていた。
その時も、妹はちらちら俺を見ては目をそむけるというような感じだった。

俺は机のイスに座って、妹はベッドに座った。
それで俺は切り出した。

「あのさ、俺、たくさんエロ本やらAVやら持ってるけど、それって何のために持ってるのかわかるよな?」

「・・・」

いきなりこんな話題をふったもんだから妹は俯いた。

「早い話がオナニーのためだよ」

「・・・」

まあ、「もう、何言ってるのよ馬鹿兄!!」とでも言われたほうが楽だったかもしれないけど、うちの妹はそういうこと言うタイプじゃなかったんで・・・。

「まあ、◯◯(妹の名前)くらいの年じゃオナニーなんて、ただ淫猥っつーか、いやらしい響きしかないかもしれないけど、オナニーっていうのは性というものを知るためにはすごく大切な行為なんだぞ」

「・・・」

妹がちょっと俺の話に興味を持ったような顔をした気がした。

「男は性欲の処理っていう意味合いが大きいかもしれないけど、まあ男でも女でも性器をどうしたらどうなるのか、気持ちよくなるのか、といったことを知るのはすごく大切なことなんだ。それに性的快感を味わうっていうことはやましいことでもなんでもなく、自分を満たすための人間に与えられた一つの手段なんだ。それはとても尊いものだし、恥ずかしがることでもないし、至って当たり前のことなんだよ」

っていうような感じのことを言った気がする。
妹は黙って聞いてた。
まあ妹に性のことについてここまで赤裸々に語るっていうのは、結構きついものだった。
けどまあやっぱり、兄の自分が泥を被らないといけないっていうのは思ったんだよね。

それで俺は言いたいことを言い終わったんで、妹が何かしゃべるまで妹を見てた。
んで、ちょっと経ってから妹が口を開いた。

「・・・うん、わかった。・・・話、もういい?宿題しないと・・・」

そんな返事で、何か味気ないなあなんて思ったけど、まあ何か感じてくれている様子だったから、「ああ」って笑顔で答えた。
まあ変な空気だったから、すぐにでもそこから出たかっただろうしね。
それで妹は部屋を出ようとしたんだ。

けどその時、「・・・ありがとう。お兄ちゃん」って妹が言った。

ちょっと控えめな笑顔だった。
けど、いつも通り妹は、俺をじっと見て言ってくれた。
ああ、これで元通りだって思った。
話をしてよかったと思った。

それでまあ、元通りの普通の兄妹になった。
・・・と思ったんだけど、元通りというわけじゃなかった。
少しずつだけど、妹がだんだん頻繁に自分にじゃれついてくるようになった。
まあ、ああいう話を真剣にしたっていうことで、妹は俺に対してより打ち解けれるようになったんだと思う。

それから一緒にいる時間が増えた。
一緒にテレビ観たり、ゲームしたり、勉強教えてやったり、2人でどこかに行ったり。
そのとき自分は彼女と別れたばかりで空いた時間が多かったから、そういう時間のほとんどを妹と過ごすようになった。

そんで、手を組んで胸を押し付けてきたり、俺の部屋で寝っ転がってパンツ見えてるとかがザラになってきた。
すごく顔を近くに寄せてくるから、あんまり可愛いんでこのままキスしちゃおうかっていうシチュになることも度々。
けどやっぱり、他の女の抱くそれとは違うんだよね。
性欲にまみれた欲情じゃなくて・・・、えっと、何か説明しにくいけど。
まだ娘はいないけど、父親が娘を愛する気持ちと似ているかもしれない。

妹もそのときは16歳くらいだから年頃だし、付き合ってるヤツがいても良かったんだけど、その時の妹はまだそういう気はないみたいだった。
それがその時の俺はすげー嬉しかった。

俺はその頃から、妹が誰かと付き合って欲しくないと切実に願うようになってた。
妹に近づこうとする奴がいたら片っ端から蹴散らしてやるってくらい。
なんだろう、シスコンの一種かもしれない。
それは今も変わらないけどね。

密かに期待していた人、そーいう方向の話じゃなくてごめんなさいです。