頼まれると断れない高1の後輩にしてもらった

この体験談は約 5 分で読めます。

女友達と言うか、高3の時にバイトに入った後輩(高1)にしてもらったことがある。
小、中学校のときの同級生(女)の妹。
一応小学生の頃から知ってる子だった。

その時、俺は童貞だったが、その子は経験があったようで、いわゆるヤリマンでした。

「セックスしてみないと長く付き合えるか分からない」とか「生理が少し遅れてるんだ」とか、際どいセリフで俺はドキドキしていた。

彼女の名前は真理。

ある日の夜、バイトが終わって一緒に帰る日があったんだ。
俺は原付で彼女は自転車だったけど、2人で押しながら歩いて話しながら帰った。
その途中で真理が、「こないだ男友達に、『口でしてくれ』ってしつこく言われちゃって参りましたよw」ってことを言い出した。

俺「んで、してやったの?」

真理「頼まれると断るのが何だか悪くて・・・」

俺「何だそりゃwwwじゃあ俺も頼むよw」

もちろん冗談っぽく言いましたよ。
童貞だし、本気っぽく言って引かれたら怖いから。

そしたら、「じゃあ、そこの陰に行きましょうかw」なんて軽い笑みを浮かべながら言ったんだ。

ちょうど駐車場だか空き地だか分からない所に小屋みたいなのがあって、死角になってた。
人通りはまったくない田舎なんだけど、近くに民家もないし絶好の隠れ場。

移動すると真理は俺の前にしゃがみ込み、ベルトを慣れた手つきで外した。
慣れた手つきでジーンズを下ろし、トランクスを少し下げ・・・すでに半勃ちのチンコを握って前後に動かした。

真理「あんまり上手じゃないかもしれないですよw」

って言いながら、一気に奥まで咥えてきた真理を見て、俺の心臓は相当バクバクしてた。
制服の下のYシャツの胸元から手を入れたら、意外に大きかった胸に驚いた。
凄く小柄な子でたぶん150センチくらいしかないから。

真理は俺に胸を揉まれながら一生懸命フェラしていた。
凄くいい子なんだ。
ヤリマンと言っても、馬鹿っぽくはなかった。
(ギャルっぽくないという意味ね)

途中で真理は小声で、「気持ちいいですか?」とか「乳首はあまり弄らないで下さい・・・集中出来ませんから・・・」とか言って俺をさらに興奮させた。

時間にして15~20分程度だっただろうか。
そろそろ我慢の限界だった。

俺「真理ちゃん、そろそろヤバいよ俺」

俺が言うと真理は首を軽く縦に振り、テンポを速めた。
ぐちゅぐちゅと唾液の音が響き、少し心配だったが俺はイクことに集中した。

真理「顔に出されると化粧が落ちちゃうから、抜かないで下さいね」

真理がそう言った直後、俺は真理の口の中に出した。
全て出し終わると、真理は当然のように飲み込んだようで・・・、軽くハンカチで口を拭き、「ふふwすっきりしました?」って笑った。
その後は家まで送ってから、思い出してまた抜いた。

後日談になるけど、真理で童貞喪失をした。
また冗談っぽく誘ってみたら、割とあっさりOK。

「カラダ貸しますよ?」的なスタンスだったのが少しビックリだったな。

当然俺は猿になって、バイトが終わった後に毎日やらせてもらっていた。
今考えるとセフレだが、当時はそんな印象は持ってなかったな。
真理が高校を卒業する少し前まで、俺がそのバイトを辞めなかったのはそんな理由でした。

じゃあ後日談の詳細を。
なりゆきでフェラをしてもらった何日か後の話。
またバイトで一緒だったので、帰りながら(どうにか真理とヤレないか)と考える俺。

勇気を出して、「こないだフェラしてもらったじゃん?また頼んでもいいの?」と聞いてみた。

そしたら真理が、「いいですよwいつにします?」って笑いながら答えた。

そこで俺はもう少し要求しても良さそうだと判断し、「じゃあさ、ヤラせてって頼んだら?正直ヤリたいんだよなw」って冗談っぽく言ってみた。
断られても、冗談だよって言えるように予防線を張ったんだ。
しかし、真理の答えはあっさりとしたもんだった。

「私のカラダで良ければ貸しますよ?」ってさ。

俺はそのまま真理を家に呼んだ。
俺の家は片親で、母はパチンコの事務なので帰りは深夜だった。

風呂なんか入らずに、部屋に入るや否や押し倒した。
童貞なもんで、キスなんかほとんどしなかったな。
いきなりワイシャツの胸元に手を入れ、揉みながらブラを少しずつずらした。
ワイシャツも半分以上ボタンを外し、乳首が露わになったら舐めまくりながら制服のスカートに手を入れた。
ここで真理は、「私、濡れやすいんですwたぶんすぐ入れられるようになりますよw」って言った。
時々「フゥン・・・」とか言うくらいで、あんまり喘いでなかった気もするけど。

パンツの中に手を入れ、指先に少し唾をつけて割れ目に沿って撫でていたらだんだん濡れてきた。
(穴が分からないかな?)って思ったけど、案外場所も楽に発見できたので安心した。
結局、ほとんど脱がさずにパンツだけ下ろし(もちろん足首辺りで引っ掛けてあるw)、バックの体勢で挿入。

「入れてもいい?」って聞いただけで、ゴムとかの話は出すつもりもなかった。
そもそもゴムなんか持ってないし。

真理は、「いいですよ。最初はゆっくりめでお願いしますねw」って言いながら部屋の壁に手をついて、腰を突き出した。

案外あっさり挿入を完了し、ひたすらに腰を振った。
今考えると、相手を気持ちよくさせる気とかゼロだったな。
ただ、初めてのマンコの感触に感動していた。
真理はいわゆるヤリマンだったが、それでも締まりは悪くはなかったと思う。

終わりはすぐに訪れた。

俺「そろそろヤバいかな・・・」

真理「は・・・はいw(ピストンで途切れ途切れになっている)い・・・いですよ・・・」

どこに出すとか考える余裕もなかったので、そのまま出してしまった。
真理は壁に両手をつきながら、俺の方を振り返ることなく、精液が自分の膣内に注ぎ終わるのを待ってた。
全て出し切った後に俺は真理の身体から離れた。

「ふぅ・・・ふぅ・・・、ありがとう。凄い気持ちよかったよ」

俺がそう言うと、真理は振り返りあっさりとした笑顔で、「気持ちよかったですか~?それは良かったですw」って言ったんだ。

(あれ?中に出したな)

今さら気づき、「中に出しちゃったけど・・・大丈夫かな?」って聞いたら、「う~ん、こないだも平気だったからたぶん大丈夫ですよwそれに最近違う人とも生でしたので、もし出来ても誰の子だか分かんないかもw」って。

(おいおい、そんなんでいいのか)と思ったけど、俺は勝手だが少し安心した。

真理はティッシュでマンコを拭き、パンツを穿いた。
ピロートークとか全然なく、バイトの話を少しだけして真理を家まで送った。

その後も真理とバイトが同じ日は、「今日も俺の家に寄ってける?」って誘った。
真理はほとんど断らず、身体を貸してくれた。
最初の日以外は中出しはしなかった。
生でしてれば変わらないが、何だかさすがに悪い気もした。
イク時に抜いて真理の口の中にねじ込んで口内発射で終わるのがパターンだった。
真理が高校を卒業するまで相当な回数のセックスをした。

以上、拙い文だけど思い出話でした。