バイト先の童貞君をセフレにしちゃいました

この体験談は約 3 分で読めます。

今、年下の男の子とお付き合いしてます。
私は結婚してるし、その子は学生さんだから、これってセフレって言うんですかね。
ちなみに、その子の童貞を奪ったのは私です。
結婚して3年目になる私の初めての浮気でした。

結婚前のかなり乱れていた男性関係を知っている友達は、私が1人の男で満足してるのが不思議だと言ってました。
でも、とうとうしちゃいました。
仕方ないですよね?
30代目前の私としては、20歳の可愛い男の子にいい気分にさせられて、私もまだまだイケると思わせてくれたお礼に、(私でよければ・・・)って気分でしちゃったのかな。

私の夫は優しい人です。
でもちょうど10歳年上で、もうすぐ40歳。
アッチの方はやっぱり弱くなってきたなと感じてました。
回数も減ってましたしね。

セフレの男の子とはバイトしてるレストランで知り合いました。
10歳の年の差をかなり感じてたけど、真面目ないい子だと印象はよかったので、よく話はしてました。

バイト先の制服はチョイミニのフレアースカートです。
彼が私のパンチラを見ていたのは知ってました。
パンストを穿いてるから、ちょっとくらいならいいかなと思ってました。
最近暑くなったのでパンストを穿かないでロングソックスだけだったのが、彼に火をつけちゃったみたいです。
ほんとギラギラした目で、私がしゃがんでるのを見てたんです。
私もそれを見てびっくりして、いつもなら知らないふりをするんだけど、私は彼を睨んじゃったんです。
すると彼は落ち込んだみたいに委縮しちゃって・・・。

(可愛い、何とかしてあげないと)

そう思って私から話し掛けてあげたんです。

「どこ見てたの?」
「ごめんなさい」

「だから、どこを見てたのか聞いてるのよ!」
「スカートの・・・中を・・・」

「で・・・どうだった?」
「え?その・・・すごく興奮しました」

「私みたいな年上のスカートの中を見て興奮しちゃうの?」
「しますよ!だって・・・だって・・・」

「いいわ。じゃあ今日は付き合ってあげる」
「え?」

その日の仕事帰り、私は彼を車に乗せてラブホテルに直行しました。
男の子をお持ち帰りすることくらい独身時代は当たり前でした。
でも、こんなに年下の男の子はもちろん初めてです。
断られるのが怖かったのですが、その心配がなさそうな感じだったので強気に出られました。

彼はおどおどしてとても可愛かったです。
もう、童貞確定だなと思いました。
これなら彼を自由にできると心がときめいちゃいました。

まずは彼に私の服を脱がさせました。
ロングソックスは手ではなく、口で脱がさせました。
そのあと足の指先を舐めさせます。
もうなんでも言うことを聞くので、可愛くて仕方がありませんでした。

彼のおちんちんは、童貞なのにすごく立派でした。
これを使わないでいたなんて、勿体無い、勿体無い。
まずは味見と、ペロペロしちゃいました。
脈打つように勃起するおちんちんの逞しいこと!
こんなに立派なおちんちんは久しぶりでした。

(ハメたい!)

素直にそう思いました。
彼を仰向けに寝かせ、騎乗位で挿入しました。
グイグイと押し込まれるように入っていくおちんちんが、すごく愛おしく感じました。
あとはもう自分の快感を追及するセックスでした。
でも、彼も感じていたことでしょう。
私の中で数度も果てたのですから。

若いから再勃起は何度も繰り返すので、私も飽きるほど、その若く猛々しいおちんちんを堪能したのです。
すごく素敵なセフレが見つかったと嬉しく思っています。