拾ったTバックのおかげで大親友が出来た

この体験談は約 2 分で読めます。

学校のそばにある公園のベンチに紙袋が置いてあった。

(札束だったりして?!)

なんて思って袋を開けたら中からピンクの物体が。
出して見てみたらそれはピンクのTバックのパンティーだった。

初めて見たパンティー。
初めて触ったパンティー。

その袋を持って急いで家に帰った。
自分の部屋でじっくり観察。
興奮してきた。
この興奮を一人占めにしちゃダメだと思って友人にメールした。

ピンクのTバックパンティーを見るために友人AとBが家に来た。
3人でピンクのTバックパンティーを観察。

Aは匂いを嗅いで、「いい匂いがする」って言った。

洗濯してあるようだった。
ウチの柔軟剤と同じ匂いだと思った。

「被ってみる?」なんて話になって、BがピンクのTバックパンティーを頭から被って、「変態仮面参上!」なんてポーズを取っていた。

「穿いて、みようか?」

「・・・」

「オマエが穿け」「いや、オマエが穿け」なんて言い合った後、結局、拾った者に権利があるって事で僕が穿くことになった。

本当は穿いてみたかった。

友人らの前で着替えるのが恥ずかしかったんで、母ちゃんの部屋に行って着替えた。
母ちゃんの部屋には大きな姿見の鏡があるんで、ズボンとパンツを脱いで穿いてみた。
小さなパンティーなのに、結構伸びる。
なんかヤラしい。
上も脱いでパンティーと靴下だけの姿になり鏡に映る、小さいパンティーを穿いた俺。
変態丸出しだ。

「ちょっと見せろ」

友人にそう言われたが、(こんな姿、見せられるかよ)と思いつつも、(むしろこの姿を見られたい)なんて願望もあって、友人の前にパンティー姿で出て行った。
爆笑する友人たち。
フザけてセクシーポーズなんてしてみた。
それ見て、また大爆笑。

そんな笑いに包まれた空間だったんだけど、俺は興奮していた。
興奮して、大きくなってしまって、小さなピンクのTバックパンティーからチンポがはみ出た。

「俺も穿いてみたい」

Bが服を脱ぎだした。
Bも大きくなってた。
パンティーを穿いたけど全然納まらなくて、Bのチンポの先から液体がタラ~ッて。

Aが見てる前で2人でオナニーした。
元々はAの方が仲良しだったんだけど、それ以来Bと大親友になった。