お尻なら近親相姦じゃないよね?・前編

この体験談は約 5 分で読めます。

結婚して5年、やっと私たち夫婦は赤ちゃんを授かりました。
夫はとても子供好きで、「結婚したら子供がいっぱいいる家庭を作りたい」なんて言ってました。
でも私、妊娠しにくい体質だったみたい。
それこそ毎日エッチしていたのになかなか子供が出来なかったんです。
昨年なんかそれが原因で大喧嘩になったぐらいです。

でも私、とうとう妊娠することが出来ました。
夫は本当に喜んでくれて私を大事にしてくれます。
お腹の子供に悪いからと、セックスも控えるようになりました。

でも困ったことがひとつ・・・。
それは私自身の問題。
この5年間、あれだけ中出しでセックスをしてきたのに急にそれがなくなってしまって・・・。
疼くんです・・・身体が・・・。
夫がいない昼間、1人でオナニーしてはみるものの満足できません。
街を歩いている時なんか若い男の股間ばかり見るようになってしまって、まるで男に飢えた淫乱な女になってしまったようで自分が嫌でした。

安定期前の頃、夫が私を気遣って、「しばらく実家にいたら」と言ってくれました。
炊事洗濯は両親がしてくれるので、私としても助かります。
ある時、お風呂に入ろうと浴室に行きました。
そうしたら・・・。
弟が洗濯籠に入っていた私のパンティーを使ってオナニーしていたんです。

「何してんのよ、智樹!」

「わっ!姉ちゃん、ごめん!」

私に見つかって固まってしまった弟は前を隠すことも忘れたみたい。

(あ・・・大きい・・・)

弟の股間を見ると、明らかに夫のモノよりも大きなオチンチンが隆起していました。

(ゴクッ・・・)

思わず唾を飲み込んでしまう私・・・。
自分の汚れた下着の匂いを嗅がれていた恥ずかしさよりも弟の大きなオチンチンのほうが気になってました。

弟「ゴメン、姉ちゃん。もうしないから・・・」

私「ちょっと大きな声出さないで!お父さんたちに見つかっちゃうでしょ!」

弟「でも・・・」

私「いいから後で私の部屋に来なさい、いい?」

弟「うん、わかった。でも本当にゴメン・・・」

すまなそうに謝っている弟を見て何か可哀想な気がしてきました。

8歳離れた弟はまだ高校生。
一番性欲が強い時期に、姉とはいえ私みたいな人妻が家に来てしまって、きっと我慢できなくなってしまったと思うんです。

ずっと使っていなかった私の部屋に戻るとさっきのことを思い出します。
溜まってたのかな・・・あんなに必死になっちゃって・・・。
それに、ちょっと見ない間に大きく成長していたな。

弟はサッカーで鍛えた筋肉質の引き締まった身体をしていました。
営業をしているせいか年々太っていく夫とは大違い。
それに・・・あそこの大きさときたら・・・。
夫のが13センチぐらいなのに対して弟のは20センチぐらいはありそうな感じ。
それに先っぽのほうも剥け切っていて、蛇の頭のような感じで私を見つめていました。
まるで、私の中に入らせてくれよって言っているように・・・。

って、何を考えているんだろう・・・。
相手は弟なのに。

そんな事を考えていたらあそこからエッチな蜜が溢れてきてしまいました。
夫にずっと構ってもらってない身体が反応してしまってます。

(あの大きなモノを入れられたらどんな感じなんだろう?)

いけないこととは分かっていても、弟との近親相姦を妄想すると胸が高鳴ってしまいました。
ハッキリ言って私、このとき弟とエッチしちゃおうと思ってました。
だって我慢できないんです。
相手は身内だし、知らない相手よりはいいかなとも思うんです。
それに弟だってエッチしたい盛りで溜まっているはず。
弟は姉の私の身体で、私は弟の身体で性欲処理をしたっていいじゃない・・・なんて、いけないことを考えてました。

そんな時、ちょうど弟が私の部屋にやってきました。

弟「姉ちゃん、さっきはゴメン。あんなことしてしまって・・・」

一応怒っている振りはしないと、と姉として思いました。

私「あんた変態?私の下着であんこと・・・異常よ!」

弟「・・・」

私「姉の私を見て興奮しちゃったの?」

弟「うん・・・だって・・・昔から姉ちゃんのことが好きだったんだ・・・」

胸がキュンってしちゃいました。

私「だっ、だからってあれはないでしょ・・・」

弟「うん、本当にゴメン・・・」

身体は大きくなったのに、ちょっと弱気な感じが可愛い。
そろそろかな・・・。

私「そのいけないもの・・・お姉ちゃんに見せてよ・・・」

弟「えっ?」

私「見せなさいって言ってるの!私だって下着の匂い嗅がれて恥ずかしかったんだから!」

弟「わっ、分かったよ・・・」

弟はしぶしぶ下半身裸になりました。
私に怒られて縮こまっているくせに夫と同じぐらいの大きさです。
弟に近づくとワザと見せつける様に胸を寄せて谷間を強調しました。
顔を見たわけじゃないけど弟の視線を強烈に感じる・・・。
目の前で首を垂れていたオチンチンがムクムクと大きくなってくる。
あっという間にさっきと同じように大きく勃起してしまいました。
恥ずかしいのか前を隠そうとする弟。

私「隠さないで!見えないじゃない!」

弟「でも~」

しぶしぶ手をどかすと、さっきの頭がこちらを見つめてきます。

私「本当にお姉ちゃんで興奮しちゃうのね」

弟「姉ちゃんみたいにきれいな人がいたら、誰だってこうなるよ」

私「そう?ありがと・・・溜まっちゃってるなら私が出させてあげようか?」

弟「え?」

驚いている弟を無視してオチンチンを手に取ると、大きさを確かめるように軽くシコシコしてあげました。

弟「姉ちゃん!」

私「じっとしてて!そこに座って・・・」

弟をベッドに座らせて再びシコシコを続けます。
手で感触を確かめながら改めてその大きさに驚いてしまいました。
思ったよりも太いし長い。
何よりものすごく硬いんです。
血管がボコボコ節くれだっていて、上下させるたびにコリコリした感触が伝わってきます。
いつも夫に同じことをしてあげていたけど、同じモノとは思えない。
たまらなくなってパクッと咥えちゃいました。

弟「うわっ!姉ちゃん!」

頭の上で弟の悲鳴が聞こえてきたけど無視。
根元をシコシコしながらお口でペロペロとフェラチオしてあげます。
思い切り口を開けないと入んないからアゴが痛い。
口の中で嬉しそうにビクビクしている太い幹が可愛い。

ちょっと怖かったけど、喉の奥まで入れてみました。
んふーっ、入りきらない。
苦しかったけどディープスロートしてあげます。
すごい存在感で私をますますいけない気分にさせる弟のオチンチン。
私の股間がジンジンしてきちゃって、フェラしながらあそこを弄ってしまいました。
もう欲しくて欲しくて仕方なかったんだけど、いざとなるとやっぱり近親相姦には抵抗があります。

(どうしようか・・・)と迷っているうちに、弟に限界がやってきました。

いきなり頭を押さえつけられたかと思うと、下から私の喉の奥を突き上げてきます。
すごく苦しくて何度もエホエホとむせながら弟から離れようとしているのにやめてくれません。
目から涙がどんどん溢れ、少し意識が遠くなりかけた頃、弟の腰が最後にぐんと突き上げました。
喉の一番深い所まで差し込まれ、胃に直接流し込まれているかのような射精。
一際大きくビクビク跳ね上がると、大量に発射される精液は逆流してきて、口の端や鼻の穴からも出てきました。

<続く>