幼なじみの彼と婚外セックス

この体験談は約 2 分で読めます。

高二で別れたきり、年賀状だけの付き合いになっていた幼なじみがいました。
淡い恋心を抱いていた初恋の人です。

彼から「研修で来訪する」との連絡があったのは私が22歳、結婚して4年目の時でした。

「真面目に奥さんをやっているかどうか拝見したい」と。

彼は24歳、地方都市の勤務。
夫は10歳年上の私を大切にしてくれる優しい人でした。

彼のことを話すと「幼なじみだろう。昔話も沢山あるだろう。大切にすると良い」と会うことを快諾してくれました。

夫に紹介し、3時間ほど想い出など語り合いました。

「なかなかいい男性ではないか。今後も会っていいよ。若い空気も吸わなきゃ」

三ヶ月後、再訪時、会議の最終日、家へ泊まってもらって一緒にお酒を飲もうと夫に言われました。
三人で酒を戴いて、いろいろ想い出話に花を咲かせて本当に楽しいひとときでした。

私がお風呂から上がって夫の部屋に行くと、「話し足りないだろう。彼の部屋で続きを・・・」。

その数日前、夫とのお布団の中の会話で“若い彼との付き合いを許す”と言われました。

「お父さん、本当にいいの」と言うと、私の全身を強く抱きしめて「安心して過ごしていいよ。思い切って愛し合っていいよ」。

彼の部屋に入って横に寝ころんでお喋りの続きをしていると、突然彼に引き寄せられました。
無言で抱きしめられ、キスをされ愛撫され、大きくなった怒張をグイーと入れてきました。
初めての他の男性なので、無我夢中で交わってしまいました。

シャワーを使って夫の部屋に行くと、久しぶりのお酒のせいか熟睡中。
彼との愛の交換は朝まで続きました。

彼は夫から「私の大切な妻であることを忘れず、付き合ってやって欲しいと言いくるめられた」と言っていました。

本当に素晴らしい婚外セックスを体験させて戴きました。
夫には感謝しています。

三年経った今も、夫とも仲良し夫婦をしているし、彼との交際も許されています。