酔っぱらって突然やって来たテンション高めの元カノと

この体験談は約 3 分で読めます。

一昨日、元カノの奈緒子が夜中に突然やって来た。
それもかなり酔っ払ってて、玄関をガンガン蹴ってる。
今カノが来てない日だったからまだマシだったが、俺には迷惑きわまりない来訪だった。

「おーう久々~、今夜泊めてよね」

つって勝手に上がりこんできて、俺が貸してやったジャージにその場で着替え始めた。

「お前なんなんだよ~、もう彼女じゃないんだし、胸ぐらい隠せよ」

「昔は喜んで見てたくせに~!オッパイビーム!」

昔からひょうきんでテンションが高かった奈緒子。
付き合い初めは面白かったんだけど、そのノリについていけなくなり、喧嘩することが増えて別れてしまったのだった。

布団敷いてやって寝かそうとしたら、喉が乾いて眠れない、ビールはないのかとかわがままを言い始める。
ちょっとムカついて怒ったら、「フッた女には優しくしないわけ」とか言ってくる。

「十分優しくしてるだろ、普通、元カノなんて部屋に入れないぜ」

「もっと優しくしてくれてもいいじゃん」

俺に抱きついてきて体中を撫で回す。
Tシャツの中に手を入れて肌を弄られると、そんな気はなくてもチンポが勃ってきちゃって、それを見た奈緒子はズボンの上からギュっと握ってきた。

「おい、やめろって、彼女いんだから」

「こうされるの好きじゃなかった?」

「や、でもさ」

「もーう、焦れったいから直接触るね」

奈緒子はジャージを下ろしてトランクスの中からチンコを引きずり出す。

「なんか懐かしい~」

そう言っていきなりフェラ。
「んっく」とか「ふぅぁ」とか言いながら、美味そうに吸ってる。
なんか付き合ってた頃より上手くなってる。
俺もたまんなくなって奈緒子の胸を掴んで、乳首を弄ってしまった。
すると、奈緒子はしゃぶりながら右手一本でジャージを脱いでいく。
デカい尻をクネクネさせて脱いでいく様が超官能チック。
フェラに恍惚としている間、(今カノに悪いな・・・)と思う。

しかし、奈緒子のマンコは締まりがよくて気持ちいいんだよなあ・・・。
でもこれがきっかけでヨリ戻そうとか言われたら後々めんどーだし・・・。
でも、あいつもその辺はわきまえてるか・・・。
色々考えた結果、俺がとった行動はシックスナインだった。

久々に見る奈緒子のマンコは昔のままキレイ。
無味無臭でとっても舐めやすい。
クリを中心に唾液をたっぷりつけて舐めてやった。

「あっ・・・あっ、ダメ・・・激しすぎっ・・・ああっ」

奈緒子はフェラも手コキもお留守にして感じている。
このままではイッてしまいそうだったので、奈緒子のお尻を押して体の下からスルリと抜けると、起き上がってバックで挿入。
あいつの好きだった体位。
尻と腰をピッタリくっつけて上下左右にグラインド。

「ああ~それ好き~、憶えててくれたの~、ああ~」

奈緒子のイカせ方は熟知している。
俺もさっきのフェラの刺激と膣の締め付け感で限界寸前。

「カズ最高!気持ちいいよ~」

「出すけどいいか?今日は大丈夫な日?」

「そんなこといいから来てー!」

奈緒子がイクときのサインである「ん、ん、ん、んんっ!」という声がして、俺も奈緒子の中にドピュッドピュッ!
マンコから流れ落ちる精液を洗うために2人でシャワーを浴びて、そこでもフェラでヌイてもらった。
それからひとつの布団で寝てしまったわけだが、翌朝早く奈緒子は、「じゃあね、おじゃましまうまー」と言って帰って行った。

結局、キスは一度もしなかったから、今カノへの義理立ては一応果たした気がする・・・かな?