セックスと夫婦ゲンカを繰り返してた隣の若妻と・前編

この体験談は約 6 分で読めます。

大学2年の時、隣に若い夫婦が引っ越してきました。
築20年以上のオンボロアパートで、洗濯機が玄関の外にあるようなとこ。
俺の部屋は以前内装業をやってる友達が住んでました。
だから壁も床も素晴らしいほど綺麗になってた。
1度、隣が空いた時に中を見たけど、それはもう雲泥の差でした。
ボロアパートだから隣の声なんて丸聞こえなんです。

挨拶に来た奥さんは、(昔ヤンキーだった?)っていう感じ。
それでもかなり美形だった。
そんな奥さんが毎晩、「あん、あん」喘いでるんだから困ったもんです。
若いから毎晩のようにセックスしてたみたい。
俺は毎晩、その声を楽しみにしていました。

引っ越してきてから半年ぐらい経ったある晩、隣で凄い怒鳴り声が聞こえてきた。
ヤンキーが喧嘩する時みたいな口調。
途中からドスンドスンって音とか、ガラスが割れる音まで聞こえていました。

(これは通報した方がいいのかな・・・)って思いながらも、壁に耳をつけて聞いてました。

何やら奥さんが浮気してるとか、旦那も浮気してるとか、そんな喧嘩のよう。
壁にも何かを投げ付けてて、かなりの騒音でした。
んで、しばらくして誰かが激しく玄関のドアを閉める音が聞こえてきた。
たぶん足音からして旦那の方だろうって思っていました。

そんな喧嘩が週に何回かあって、さすがに勘弁してくれよって思ってたんです。
酷い時は深夜0時過ぎに始まっちゃったりするんですから。
だけど喧嘩のない日は、「あん、あん」喘いでるんです。
それだけ仲が良いのかなって思ってました。

ある日曜日、俺は洗濯しようと廊下にいました。
そしたら偶然、隣の奥さんが洗濯しようと出てきたんです。

「ども・・・こんちは」
「こんにちわぁ~、いつもうるさくてゴメンナサイね」

「いやぁ~まぁ・・・それにしても喧嘩凄いっすね」
「やっぱり聞こえてます?ゴメンねぇ」

「いい~んすけど、壁が薄いから何か投げたら穴開いちゃいますよ」
「そうよねぇ~、うちの旦那に言っておくわぁ~」

初めて会話らしい会話をしたんですが、結構いい感じのお姉さんでした。
スウェットにTシャツ姿でしたが、妙にそそる雰囲気で。

(こんな可愛い顔して、あんなエロく喘いでるんだもんなぁ~)って思いながら会話してました。

と、笑顔で気さくに喋ってた奥さんでしたが、やっぱりその日の夜も大喧嘩。
もう1日おきに喧嘩してる感じ。

土曜日の夕方、俺は借りてきてたエロDVDを観てました。
隣では喋り声が聞こえてて、(今晩は仲良くエッチか?)って思ってたんです。
しばらくして玄関の扉をコンコンと叩く音が聞こえました。
まさかうちじゃないよなってシカトしてました。
だけどまた鳴って、どうやらうちのようです。
インターフォンじゃなくて扉を叩く人なんていないから、誰なんだろうって思いました。
ドアスコープを覗くと、なんと隣の奥さんがキョロキョロして立っていたんです。

「どうかしました?」

扉を開けて聞くと、「ちょっとゴメン!中いい?」と、強引に玄関に入ってきました。

「あ、どうしたんですか?」

ビックリして何かあったのかと思いました。

「うちに誰か来てる?」
「あぁ~喋り声は聞こえますけど、誰とかは知らないっす」

「ちょっと上がってもいい?」
「いいっすよ、っていうかどうかしたんですか?」

奥さんはなぜか小声で、なんか焦ってる感じだったんです。
だから部屋にあげました。

「なにここ~!すっごい綺麗じゃん!うちと全然違うし。なんで?」

「前に住んでた内装やってる友達がやったみたいなんすよ」

「すごぉ~い!うちとは大違いじゃん」

まさか誰かが中に入ってくるとは思っていなかったので、エロDVDは一時停止のままです。
慌てて電源を切りましたが完全にバレバレでした。
部屋までキョロキョロされて、かなり恥ずかしいし気まずい雰囲気です。
内装に興味を示してたと思ったら、今度は隣の音に耳を澄ませ始めました。
終いには壁に耳を付け始めて、隣の音を聞いてるんです。

「なんかあるんすか?」
「やっぱり・・・」

「えっ?何が?」
「ちょっと待ってて・・・」

俺が喋ろうとするのを遮り、隣の音を熱心に聞いてました。
奥さんにお茶を用意して、俺はタバコを吸いながら奥さんを見てました。
前に会ったときとは違って、今日はキャミソール姿でした。
薄い生地越しに丸みを帯びたケツがあって、ちょっとセクシーな光景。
かれこれ10分ぐらい隣の音を聞いてたと思います。
いきなり俺を振り返り、「ちょっと喋っちゃダメだからね!」と言って携帯をかけ始めました。

「もしもし~アタシ、うん、そう・・・今まだ友達んち・・・うん・・・」

少し小声で喋り出し、時々壁にも耳をつけて聞いてました。

「たぶん20時までには帰れると思うから・・・うんうん、夕飯食べてて・・・はぁ~い・・・」

俺には何が何だかサッパリ分かりません。
奥さんは携帯を切ってからも壁に耳を当ててました。

「ねぇ・・ここってお風呂入ったら音聞こえる?」

「お風呂は逆ですよね?だから聞こえないと思うけど、水の音は聞こえるかも」

「あ、この音?・・・」

『ちょっと聞いて?』ってニュアンスだったので、隣に行って耳を付けてみました。

「たぶんそうじゃないっすかね、上の音かもしれないけど」
「たぶんうちよね、さっきお風呂がどうとか言ってたから」

「っていうか、何してんすか?」
「旦那がうちに女を連れ込んでるのよ、アタシが遊びに行ってると思って」

「マジっすか?じゃ今から行った方がいいんじゃないっすか?」
「ダメよ!言い訳すると思うから、ヤってる最中じゃないと」

「ヤっちゃっててもいい~んすか?」
「だってその瞬間じゃないと言い訳するに決まってるもん」

奥さんは真顔のまま壁に耳を当てながら小声で言いました。
それはそうなんだけど、いいのかな~って思ってました。
奥さんは壁にベッタリだし、変なことに巻き込まれないかヒヤヒヤしてました。

「あっ!」

奥さんが小声で言いました。

「始まったかも・・・」

2人して固唾を呑んで隣の音に集中しました。
それからしばらくすると完全に喘ぎ声が聞こえ始めたんです。
でも奥さんよりは小さな声だったので、静かにしてないと聞こえない程度。

「もしかして、うちの音もこんなに聞こえてた?」

「まぁ~聞こえてましたよ」

「やだぁ・・・恥ずかしいなぁ・・・」

気まずい顔をしながらも壁に耳を付けて聞いてます。

「やっぱりこれってうちからの音だよね?」

俺はまた隣に行って壁に耳をつけました。
完全に隣です。

「たぶんそうだと思いますよ。上かもしれないけど、このタイミングだと隣かと」

隣の奥さんと一緒に隣の部屋の喘ぎ声を聞いてるこの状況。
妙に興奮しました。
隣では奥さんとは違って、「んっ!あっ!んやっ!あっあっ!」ともっと若い感じ。

「なんか・・・凄いっすね」
「えっ?」

「いやぁ~・・・なんかドキドキしますねぇ・・・」
「ちょっとね・・・」

ちょっととか言いながらも奥さんの顔は少し赤くなっていました。

「もうこれ、入れちゃってるんじゃないっすか?」
「まだだと思う、あの人、指とか・・・あれだから・・・」

「前戯が長いってことっすか?」
「うん・・・まぁ・・・そう・・・」

「確かに心なしかグチョグチョ鳴ってるような・・・」
「ホントに?あ・・・ホントだ・・・やだぁ・・・」

「うわぁ・・・スッゴイ聞こえますね・・・うわっ・・・すげぇ・・・」
「やだぁ・・・ホント凄い聞こえる・・・最悪・・・」

そんな状況ですから、エロDVDを観賞してた俺の息子は勝手に反応してました。
それを隠すように隣に座って、奥さんの方を見ながら音を聞いてました。

「いつも・・・こんな音も聞こえてるの?」
「いやいや、壁に耳なんてつけないから・・・声は聞こえますけど」

「えぇ~っ・・・」
「変なこと聞いていいっすか?」

「なに?」
「自分の旦那さんのエッチを盗み聴きするのって、どんな気分ですか?」

「そりゃ~最悪!ムカつくし殴ってやりたい」
「顔、赤いっすよ」

「えっ?そう?ムカついてるからかな・・・」

(奥さん、絶対興奮してる!)

そう確信しました。
エロ顔一歩手前みたいな表情だし、首筋まで少し赤らんできてたし。

「でも奥さんの方が凄い声だしなぁ~」
「やめてよ・・・」

「AV以外であんなにはっきり『イクっ!』って聞いたことないし」
「ちょっと・・・何言ってんのよ・・・」

「あれ?なんかジュポジュポ聞こえません?」
「あ・・・聞こえる!何してんのよ・・・最悪・・・」

「これってフェラしてんでしょうね・・・なんか喘ぎ声も交じってるし・・・シックスナインかな・・」
「えぇ~・・・もうやだぁ・・・」

「咥えたまま喘いでる感じしません?」
「する・・・かも・・・」

奥さんは興奮してるっぽいけど、どうしたら良いのか分かりませんでした。
勇気がなかったんです。
喉だけカラカラになるんで、お茶ばかり飲んでました。

<続く>