ヤリマンJCのラブホ代わりに使われてた俺の部屋

この体験談は約 3 分で読めます。

うちの中学には5人のヤリマンがいた。
ハンド部のマヤ、陸上部のアキ、テニス部のヒトミ、バスケ部のメグとシズ。
同じ中学で俺達の学年の番長格のリュウイチ君。
彼とは保育園の時からの幼なじみ。

中1の夏休みにリュウイチとマヤが付き合いだした。
夏休みのある日、リュウイチとマヤが俺の家に来た。
俺の家は両親が共働き。
夜遅くにならないと帰って来ない。
リュウイチは、それを知っていて家に来た。
俺の部屋に来て、「ベッドを貸せ」と。
性の知識が薄かった俺は、「いいよ」と。

リュウイチに、「悪いけど部屋から出て行け」って言われ、(俺の部屋なのに・・・)と思いながら言われた通りにした。
俺は仕方なくリビングでテレビを観ていた。
30分過ぎた頃、2人は部屋から出てきた。
そして、「じゃ帰るわ」って。

それからも2人は夏休み中、ちょくちょく俺の部屋を借りに来てた。

(何してるんだろう?)

気になって、部屋のドアに耳を当ててみた。
リュウイチの「ハァッハァッ」って声が聞こえた。
思い切ってリュウイチに聞いてみたら、「エッチしてるんだ」って。
エッチなんて大人がするもんだと思ってたので、まだ13歳のリュウイチとマヤがそんな事してるなんて驚いた。
そういえば変な臭いがするし、シーツも汚れてた。

夏休みが終わるとリュウイチとマヤは別れ、リュウイチはアキと付き合い、マヤはサッカー部のショウジと付き合いだした。
またリュウイチはアキと家に来て、「部屋貸してくれ」って。
今度はアキとエッチしてるみたいだ。

そんなある日、学校でマヤに、「部屋借りていい?」って声を掛けられた。
ちょっと意地悪して、「俺ともエッチしてくれたらいいよ」って言ってみたら、「いやよ」って断られた。
でも、しばらくしてマヤが1人で家に来て、「やっぱり部屋貸して」って。
そして、「1回だけね」って言った。

マヤは俺の部屋に入ると服を脱いで、「あんたも早く脱いで」って。
マヤは発育が早い方で、オッパイが膨らんでいて毛も生えていた。
俺はまだ毛も生えてなかった。
急に恥ずかしくなり、「やっぱりいい」って逃げた。

それ以来、マヤはショウジを連れて家に来るようになった。
リュウイチはアキと別れ、ヒトミと付き合いだした。
リュウイチとヒトミに部屋を貸した時、シーツに血がついてた。
2人が帰った後に慌てて洗濯した。
学校でリュウイチに文句を言うと、「ヒトミ、処女だったんだ」って。
俺がリュウイチにマヤとエッチし損ねた話をしたら、「バカだな。チンポをマンコに入れればいいんだよ」って笑われた。

「でも俺、まだ生えてないし・・・」と言うと、「俺は最近生えてきたぜ!」って。

結局、俺の部屋はヤリマンどものラブホ変わりに使われてた。

そんなある日、アキに、「また部屋貸して、ヤラせてあげるから」って言われた。
アキは小さくて可愛い。
実を言うと、小学生の時からの憧れだった。
アキはマヤと違って胸も小さく、毛も生えてなかった。
(でもワキ毛はチョロチョロっと生えていた)

それを見て安心したというか、俺も服を脱いだ。
毛も生えてないし、皮も剥けてないガキのチンチンをアキに挿入・・・する前に出てしまった。
なんかわからないけど俺はアキの前で泣いてしまった。

アキは、「そんな事で泣かないでよ」って抱き締めてくれた。

ちょうど目の前にアキの乳首があって、思わず吸ってしまった。
アキはしばらくそのまま吸わせてくれた。