バイブ設定にしたPHSのアンテナで

この体験談は約 3 分で読めます。

はじめまして、真琴です。
彼にオナニーの命令をされた日のことを告白します。

「1人でオナニーしたくない」なんて言って困らせたのに、「今日、寝る前に鏡の前で全裸でオナニーしなさい」って命令されて、何の抵抗もなく布団で裸になった私って、いやらしい子なんでしょうね。

右手の人差し指、中指、薬指に化粧水を塗ってクリトリス全体を包むと、化粧水のアルコール分がジワッと染みてきて、クリトリスがジュンとしました。
そして指を離しました。
焦らすためです。

乳首の先端を引っ掻くように摩ると、ピクンと硬くなって、引っ掻く度にクリトリスもピクンと波打ち、鏡の向こうのおまんこがヒクヒクしていました。

その指でラビアを片方ずつ揉みました。
おまんこ全体がジンジン疼いてきました。
おまんこの入り口に指の先を上下すると、クリトリスが触って欲しそうにビンビンに尖ってきました。

PHSをバイブ設定にしました。
伸ばしてないアンテナにハンドクリームを塗って、太ももの内側から這わせていきました。
それからPHSで耳の外側をなぞり、唇から顎を伝って首筋を撫でて、直に胸を外側から円を描くように乳首に近付けていきました。
乳首の先端に触れるとビンッとして体中に鳥肌が立ち、それと同時にイッてしまいました。
触れていないクリトリスがビクンビクンと痙攣してしまいました。

いつも声は出ないのですが、今回は声になりそうな大きなため息が漏れ、我慢していた荒い呼吸が肩を上下させました。
鏡に映っている私の目は虚ろで、顔がピンクに染まっていました。

でも異常に欲情していて、し足りない気がしたので、続けることにしました。
PHSを火照った太ももから這わせ、徐々におまんこに近付けていきました。
一度イッた興奮から体はガクガク震えっぱなしで、PHSを持つ手もぎこちなかったです。
それがかえって不安定に太ももを愛撫させ、余計に感じてきました。

おまんこにPHSのアンテナを入れて上下させました。
それと同時に反対の手の人差し指と中指と薬指でクリトリスをそっと包みました。
イッてビンビンに腫れたままのクリトリスに刺激を与えるのは辛い感じがしました。
中指を少し下にずらすとクリトリスの窪みに当たって、またビクンビクンとイッてしまいました。
快感を通り越して少し怖いくらい、イッた刺激が体中を駆け巡りました。
そしたら全身から力が抜けて、座っていることもままならず寝転んでしまいました。

寝転んだまま膝を立てて、足を大きく開いておまんこに手をやると、溢れそうな程に濡れていました。
右手の中指の指先から根元までローションをたっぷりつけて、おまんこの入り口に宛てがいました。
おまんこを濡らすように、入り口を上下するようにマッサージしました。
そのまま先端がニュッと吸い込まれるように入っていき、第一関節まで入った辺りで行き止まりを感じたので、指を少し手前に曲げて、斜め方向に指を進めました。

指の先端に比べて少し太い根元の方まで入れると、おまんこの入り口が余計窮屈で、無理に拡張するように指を進めました。
でも痛くはなかったです。
指が根元まで全部入りました。
入り口に比べて奥の方が、広く柔らかい感じがしました。

クリトリスが圧迫されている感じがしましたが、おまんこそのものは何も感じませんでした。
奥はまだ続いているようで、どこまで続いているのか試してみたかったのですが、指はそれ以上入らないのでゆっくり抜きました。
埋まっていた指が少しずつ出てくると、中が物足りなくなるような感じがしましたが、全部抜き終わるとなぜかホッとし、無性に眠くなったので、そのまま眠りました。

・・・なんか恥ずかしい・・・。
書いていてなんだか発情してきそうです。
体が火照って熱い感じです。
今日もオナニーして眠ります。