同級生がしてくれためっちゃ気持ちいいフェラ

この体験談は約 3 分で読めます。

大学生の頃の話。
高校の時の同級生が割りと近くに住んでることが発覚して遊ぶことになった。
その子とは高校の時に結構仲良くて、話とか受験勉強とかたまに一緒にしてた。
その子が浪人してからはまったく連絡も取らなくなってた。

新垣結衣に少し似てるかな。
目が細いけど、笑ったときの口元はかなり似てる。
身長は小さくて貧乳、痩せ型。
髪は染めてないけど体質的に茶色い。
ショートカット。
高校の時は目立つタイプじゃなかったけど、割りとみんなから可愛いとは思われてるようだった。
告白とかも何度かされてたけど、誰とも付き合うことはなかった。

とりあえず最寄り駅まで来てもらって、二人乗りしてスーパーで買い物して俺んちで鍋した。
ご飯も食べてテレビでやってる映画を観ながらまったりしてた。

俺はそろそろ仕掛けようと思い近寄った。
すると逃げられた。
座ってたソファから下りて地べたに座りだした。

次にその子を両足で挟み込むような形で密着してみた。
今度は逃げられなかった。
そのままその子の顔をこっちに向けてキスした。
したら、「いやぁ~~~」とか「ぬあぁ~~~」とか、顔真っ赤にして悶えてた。
愛しくなっちやって何回かキスした。

そろそろ寝ようとなってベッドに無理やり連れ込んだ。
そっぽを向かれてしまったから後ろから抱き締めた。
何度目かの「こっち向いてよ」で向いてもらい、キスしまくった。
服の上からおっぱいに手を伸ばした。
ちなみに終始、「いやあ~~」とかうだうだ言ってた。

ブラ外して触るとビンビンに乳首が立ってた。
そして貧乳だった。
なにより乳首は今まで見てきた中で一番長かった。
2センチ弱くらいあった。
貧乳との対比で余計乳首が長く見えただけかも知れんが。

お互い上半身裸になり、抱き合ってキスした。
おっぱいもたくさん舐めた。
すると乳首はどんどん大きく硬くなった。
乳首を舐めるたびに、ブルッと小さく震えたり押し殺したような声を出してた。

これはこのままヤれると思った俺は下半身に手を伸ばした。
が、「それはダメ」「それだけはダメ」と何度も小さい声で言われた。
構わずパンツの中に手を入れると濡れ濡れだった。
手マンしているときもずっとブルブルして感じてた。

そろそろかなって思った時に、その子が、「ねえ、私がする」って言い出した。
自分からそんなこと言い出すようにはとても見えないタイプだったからとても興奮した。

その子が布団の中に潜り込んでズボンを下ろしてくれた。
半分勃起してた俺のチンポを取り出して、ゆっくりゆっくり舐めてくれた。
とっても丁寧だったけど、フェラでイッたことのなかった俺はどうしようか悩んでいた。
無理にセックスする気はなかったが、フェラしてくれるのにイカなかったら申し訳ないと思ったのだ。

少しでも性的興奮を高めようとした俺はダメ元で、「電気点けてもいい?」と聞いた。
その子は即了承してくれた。

俺があぐらをかいて座ってて、そこに上からその子にフェラしてもらう形になった。
薄いピンクのビンビンに立った乳首が見えた。
高校時代の同級生に舐めてもらっているということが余計に興奮させた。
別の角度からも見たくなり、そばにあった鏡を近くに寄せた。
するとその子は、「さすがにそれは恥ずかしいよ」と笑っていた。

今までの、どのフェラよりも気持ち良かった。
徐々にイキそうになった。
その事を伝えると、その子は激しく上下してくれた。

「口に出してもいい?」と聞くと、「うん」と答えてくれたので、そのまま口に出した。