ベテランから准看まで、しゃぶられ続けた入院生活

この体験談は約 5 分で読めます。

入院中もチンポが元気な俺は看護婦さんとセックスしたんです。
(内臓系の検査のため、体調はいたって好調)

病室で検査のためチューブを付けられて動けなかったが、チンチンは元気だったw
確認に看護婦が来る時間になると、チンポをしごいてびんびんにしておきます。
(イク寸前にしておきますw)
検査は腎臓のため、チンポのすぐ上です。
下半身にかけてある布を取ると、びんびんチンポがぴくぴくいっています。
看護婦は顔を真っ赤にしてチューブを調整しています。

「すみません」と言うと、「生理現象ですから」と言って許してくれます。

初日に5回ほどそれをやっていたら、見習いの准看からベテランの30代半ばの正看護婦に代わりました。
2日目もそれをしていたら、2回目はチューブを操作しにくいからと言って手で擦って出してくれました。
とても不思議な気持ちでした。
イメクラの看護婦と違って本物です。
しかも病院の個室。
柔らかい手、慣れた手つきで微笑みながらしてくれました。

「出そうになったら言ってください」

「出ます」

そい言うとガーゼに包んで、その後は濡れタオルで息子を拭いてくれました。
聞くと、若い患者には多いので、ベテランがごく稀に抜くことがあるという事です。

3日目、その看護婦が、「今日は別の人が来ます」と言ったのですが、意味が分かりませんでした。
チューブの刺さってない時に別の20代半ばの看護婦が来て、下半身の布を取り去り、「お加減いかがですか?」と言って初日の看護婦を呼びました。
聞けば、あくまで仕事として抜くことがあるので、抜き方を准看に教えたいと言ってました。

「協力します」と言うと、看護婦が手つきと擦る場所と痛くない擦り方を准看に説明してから実際に始めました。

ベテランですのでもうびんびんです。
匂いも嗅げるほど近づいてくれます。
次に准看にさせている時にベテランが、「男の人は匂いも嗅いでいるのだから、うなじと髪の毛を近づけて早く出させることを考えなさい」と鋭いことを言ってました。
そして准看の手の中で爆発しました。
後処理のガーゼと濡れタオルもしてもらい、とても満足でした。

3日目の朝、20代の昨日の看護婦が、別の看護婦2人を連れて来ました。

「昨日と一昨日の抜いた件は奥さんに黙っているから」

そう言って、下半身の布を取って息子を擦りながら、他の2人の見習い看護婦に男のつぼを教えながらしてくれました。
チンポはみるみる大きくなり、やがて脈打ってきます。
ベテランは見習いに出そうなタイミングを教えています。
そして看護婦全員に見られながら発射しました。
とても気持ち良かったです。

その日の夕方、またその看護婦が夕食を持ってきました。

「朝はごめんなさい、恥ずかしかったでしょう?」と言ってきたので、「見せたんだから見せてくれ」と言うと頷いたので、「本番はまずいからオナニーを見てくれ」と言うと、少し考えてからOKしてくれました。

添い寝して匂いを嗅ぎながら看護婦に甘え、胸の中でオナニーしました。
イク時に「イキそう」と言うと、口で受けてくれました。
それからシックスナインの体勢になり、本物の看護婦の制服のスカートに首を突っ込んで、あそこをパンティーの上から匂いを嗅ぎながら舐めました。
今度は口でイカせてもらいました。

退院4日目の朝早く、初日の30代の看護婦から、「別の准看の体験講習もしたい」と話があり、すぐに承諾しました。
するとすぐに4人の准看が来て、30代の看護婦が男の生理とオナニーについて説明。
(溜まるのは仕方ない、だから立つという話)
チンポを女5人に見られると、嫌でもびんびんです。
サービスにオナニーをしてあげました。
おかずは目の前の看護婦達です。
イク時、見入っていた1人の准看の顔にかかりました。
看護婦は、「イク時のタイミングをきちんと確認してガーゼで準備しなさい」と、准看に指導していました。

そして、まだイキたてのチンポで実地講習です。
1人ずつチンポを触り、顔を真っ赤にしていました。
きちんと握って擦らないと看護婦が叱っていました。

「これは男の生理で仕方ないことだから、時には抜く時もある」と、きちんと説明していました。

1人ずつイカせろということで、1人ずつ擦ってきます。
でも、やはり下手なので、途中から30代の看護婦が寸前まで持っていき、出るタイミングと受けを練習していました。
3人目でさすがに辛くなってきて、「4発抜いているのでキツい」と言うと、看護婦は口でいきなり咥えて強引に立たせてイク寸前にしました。
そしてナースステーションからローションを持ってこさせ、ローションをかけられて3人目も発射です。
4人目は最初からローションを使っているので気持ち良いせいかすぐに立ちました。
去年入った19歳の准看ばっかりで、もう天国です。
私の下半身はローションと精液でべたべたです。
4人目も無事に発射して計5発です。

准看たちを帰してから看護婦は、「ごめんなさいね、滅多に実地練習出来ないから」と言っていました。
綺麗にシーツを直し、体を拭いてくれました。
体を拭かれているうちに、やはり30代の色気と匂いからびんびんになりました。

「年の割に凄いわね」と言って、今度は口で十分に味わいながらイカせてくれました。
(本番は腎臓チューブのための穴がある為にできません)

イッたチンポをしばらくしゃぶってくれました。
聞けばバツイチで、男はいないということです。
ベッドに入ってくれて胸を肌蹴てしゃぶらせながら手でまだ息子を触っています。
シックスナインの体勢になり、制服を着たままのパンティーだけ脱いでしゃぶりっこをしました。

疲労回復にとブドウ糖の点滴を打ってくれました。
凄く元気になります。
明日は退院。
腎臓チューブの穴も塞がれました。
夕食後、特にすることもないのでテレビを観ていました。
(病院の夕食は早く17時頃です)
1日1回、女房は来ますが、まさかそんな事をしているとは思いません。
女房が19時頃に帰り、21時で消灯です。

最後の見回りに30代の看護婦がきました。

「疲れは取れましたか?」と言うので、「元気です。穴も塞がりました」と言うと、「後で体を拭きに来ます」と言いました。

別料金の特別室なので部屋にお風呂が付いています。
22時頃にその看護婦が体を拭きに来ました。
部屋の入り口は『入浴中』の札。
その看護婦に脱がされてもうびんびんです。
体中を洗ってもらい満足です。
息子も丁寧に洗ってくれました。

「拭きますね」

そう言って裸のままベッドに横たわると、いきなり息子をしゃぶられました。
ナース服をさっと脱ぐとパンストとブラです。
形のよい胸と尻です。
フェロモンぷんぷんです。
ブラからこぼれる豊かな白い胸を口に含むと甘い香り、パンストを脱がせたパンティーからは甘酸っぱい香り。

「シャワー、浴びてないから」

「その匂いがいい!」

強引にしゃぶりました。
シックスナインから騎乗位で1回、後背位で2回目、正常位で3回目です。
事が終わり、身支度をした看護婦は私の体を拭いてくれて、しばらく私が寝るまで添い寝をしてくれました。
とても心地よかったです。
甘い香りに包まれていました。
もう立たないチンポを触られ、半立ちの気持ち良さがしばらく続きました。
もう透明な液しか出ませんが、それを明け方まで彼女は愛おしそうにしゃぶっていました。
脳天はイキっぱなし状態です。

少し時間が経ったので、こちらもチンポは立ってきました。
いきなり看護婦をベッドから下ろして窓に掴まらせ、パンストとパンティーを下までさげて後ろから挿入しました。
何回もイッているせいか、かなり持ちこたえられたので彼女はイキ狂っていました。
そして最後は中出ししました。

彼女は戻っていき、少し寝てから朝に退院。
検査の為に20代の看護婦が来ました。
色々知っているようで、「お疲れでしょう」と腎臓の穴の検査の時、息子を握りながら笑っていました。
また口に含まれ爆発しました。

その後、しゃぶってくれた看護婦みんなに見守られて退院しました。