弟のように可愛がってくれた女性に捧げた俺の童貞

この体験談は約 2 分で読めます。

俺が大学2年の時、アルバイトで行っていた先の女性事務員は俺より4歳年上で、当時23歳だった。

まるで弟のように可愛がってくれ、仕事の帰りには彼女の車で近くまで送ってもらったり、食事やコーヒーを御馳走してくれた。
当時、俺には彼女なんていないし、運転している彼女の太ももと、横から見ると柔らかそうに膨らんでいる胸をちらちらと見ていた。
というより気になって仕方なかった。
だって彼女のことを思いながらマスをかいていたのも事実でした。

そんな秋のある日、朝からドライブに付き合ってと言われ、暇を持て余していた俺は、ためらうこともなくOKした。
その日の彼女は白い短パンに白のサマーセーターで、首にスカーフを巻いていた。
可愛いの一言だった。
よく見ると白のセーターの下に映るブラは黒だった。
陽の加減では白い短パンの下に透けて見える下着も黒だった。
すごく妄想が湧いてしまって股間が大きくなるのを悟られまいと苦労した。

昼食を終え、広い芝生の公園で仰向けになっていろんな話をしていたら、「◯◯君、あそこが大きくなっているんじゃあないの?いつも私の胸や腿を見ているでしょう?それで興奮したの?」って聞かれ、なんと答えていいのか分からず「ごめんなさい。
すごく刺激的で・・・」と言うのがやっとでした。

彼女は「もしかして、童貞?」とズバリ聞かれ、「はい・・・」と言うと、「そうなんだ。じゃあ、◯◯君、私のこと考えながら一人エッチしたことあるんじゃあないの?」と鋭い質問をされた。

「はい、××さんのことを考えながらしています」と言うと、「正直なのね。で、私とエッチしたい?」と俺の眼を見て聞くので「そりゃあもちろんです」と言うと、「わかった。エッチしに行こう」と俺の手を握り、車の方へ早脚で歩いて行った。

近くのラブホテルに車ごと乗り込んだ。
部屋に入ると「キスして・・・」と目を閉じて顔を俺の方に向けた。
ぎこちないキスだったと思う。

そのあと「シャワーを浴びてくるわ」と言ってバスに消えた。

出てきた彼女は裸にバスタオルを巻いていて、すごく艶かしい。
入れ替わりに「あなたもシャワーを浴びて来て・・」と言われ、バスへ行った。

もうぎんぎんになっている。

さっとシャワーを浴びて出てみると彼女はベッドに横たわっていた。
そっとシーツを剥いで横に入ろうとすると、なんと彼女は裸になっていた。
彼女の方からキスをされ、俺のペニスを握ってきた。

「もう限界でしょう?出してあげようか?」と柔らかく握り、上下に動かしてくれた。

情けないことに3~4回くらいでもう我慢できなくなり、それを伝えると急いで向きを変え、ぱくりと口に含んでくれたと同時に射精してしまった。