田舎のデブスな看護婦をメス豚調教してやった

この体験談は約 3 分で読めます。

結構昔のことなのでサイト名を忘れてしまいましたが、携帯キャリアの公式出会いサイトで知り合ったナースとのエッチな話をします。

掲示板に自分がSであるような内容を残し、反応を見る感じて気長に待っていたところ、数日後でしょうか、アクセスがありました。
その後のやり取りの中で一人暮らしの私の固定電話を教えると(携帯が今のように普及してませんでした)電話があり、そこからテレフォンセックスへと進むのです。

「コレクトコールで良いから掛けて」と言うと、ほとんどの女性は掛けてきてくれましたよ。

そんな事を数回繰り返していると、したくなった時に掛けてくる女も出てきました。
その1人が安子(38歳、三重の田舎の病院の看護師)です。
4~5回、テレフォンセックスをしたでしょうか?

ある日、連休が取れるとかで東京に出たいと言ってきました。
当然、私はやってしまおうと思って誘いました。

当日、休めのビジネスホテルを用意し、到着早々にホテルに行き、荷物を置いた途端に始めましたよ。

「三重からわざわざやられに来たんだろう?ドスケベ!!」

言葉でなじると、もう安子はMモードです。

「ごめんなさい」

そう言う口にぶち込んでやりました。

「汗臭い方が感じるよな?」

頭を押さえつけて勃起したチンコを喉元奥まで突っ込んでやると、ヒーヒー言いながら感じてイッたようです。
バックから突きながら・・・。

「彼氏がいるのに悪い女だな?そんなにこれが良いのか?」

「アーン、そんなこと言わないでー。Fさんのが良いの」

可愛いことを言ってくれます。
このナース、顔は下の下でデブスですが、ポチャだけあっておっぱいはでかく、ケツもデカ尻です。
ケツを叩きながら・・・。

「ちゃんと彼に報告しろよ!『私はこのチンポが欲しくて三重の田舎から会いに来た淫乱ドブス女です。彼のチンポじゃ感じないの許して!』って」

そう言わせながら突いてやりました。
足の指からアナルまで丁寧に時間をかけながらしゃぶらせて、「お前、彼氏にこんな事してるのか?」と言うと、「してない」と。

「どうしようもない淫乱オマンコ女だな?」

「嫌!そんな女じゃない!」

生意気に睨みつけてきます。
まだ写メがなかった時代ですので、インスタントカメラで、「オマンコしてるところ撮って下さい!」と言わせて、結合部のアップや、全身と顔が映る写真を何枚も撮りました。
最後はテレフォンセックスの時から教えていた通り、「オマンコイク、オマンコイク、オマンコイク」と大きな声で叫ばせ、顔にザーメンをいっぱいぶちまけてやりました。
当然、フィニッシュの前には・・・。

「また会ってオマンコして下さい。安子はFさんのオマンコ奴隷です。Fさんのチンポ以外は感じない女です。いつでも呼び出し下さい」

そう言わせてからかいました。
東京の男は格好良いと思いがちな田舎の女は落としやすいです。
ましてや欲求不満のデブで不細工なナースなら。

それから何度かこの雌豚ブスナースを呼び出して性玩具にしました。
毎回、私のサディスティックなプレイに満足し、ホテル代もデート代も全部負担してくれて、本当にいいオマンコ女でした。
もうちょっと可愛ければもっと良かったんですけど、贅沢は言えませんね。