初めての浮気でロストアナルヴァージン

この体験談は約 3 分で読めます。

私は結婚3年目の31歳の主婦です。
主人とはセックスしたい時期が微妙にずれていて、なかなか気持ちいいセックスが出来ずにいます。
そんな悩みや仕事の悩みを相談したくて、出会い系サイトで相談相手を探していました。
肉体関係を望んでいたわけでなく、本当に悩み相談をしたかったのです。
そんな募集内容ですから私に返事は来ませんでした。

登録して1ヶ月後、ある年上の男性と出会いました。
相手の方は40代のバツイチ。
寂しい独り身。
アドレスを交換し、彼の悩みや私の悩みを聞き合うようになりました。

私も彼に心を許してしまったのか、主人が出張の日、彼と食事に行ったのです。
彼は年よりも若く見えました。
話も面白く、沢山悩み相談をしました。
それから何度か会って食事しました。

ある寒い日のことでした。
いつものように食事をし、一緒に駅まで歩いていました。
少し薄着だった私の背中を彼は擦りながら、「寒くない?大丈夫?」と気を遣ってくれました。
私はドキッとしました。
それがきっかけで、少しずつ彼を男性として意識し始めたのです。

年の瀬になり、また主人が出張に出かけました。
同じ日に彼から鍋パーティに誘われ、主人もいないので彼の部屋まで出掛けていきました。
今考えれば、それまで私を口説こうともしなかった彼に、すっかり私も安心していたんでしょうね。

食事も終わり、少しお酒を飲んでいました。
その時はすでに彼を男性として意識し始めてもいましたし、もう数ヶ月も私は主人に抱いてもらっていませんでした。
そしてその日は生理前。

(男性を受け入れたい・・・)

そんな気分の日でした。
でも、私から求めることもできず、ただ普通に彼と話していたのです。

時計も夜の9時を回ろうかという時でした。
いきなり彼が私を抱き寄せ、キスしてきたのです。
あんなに強引なキスは初めてでした。
払いのけようと思えば払いのけれたと思います。
でも私はじっとして、彼のねっとりとした舌を受け入れていました。
暖かい部屋でゆっくりと押し倒され、徐々に服を脱がされていました。

(人妻なのに、駄目!)

そう思っていても身体の力が抜け、彼にされるがままでした。
パンティだけにされ、彼は私の前で裸になっていきました。
お互いに下着だけ・・・。
彼は私を抱きかかえ、ベッドに・・・。

久しぶりのセックスに少しばかり、いえ、かなり期待していました。
その後、私がある体験をしてしまうこととも知らずに・・・。

彼も久しぶりのセックスだったせいか、優しかった愛撫は激しさを増しています。
拡げた脚の間に指を這わせ、私から溢れる欲望の汁の痕跡を追うように下に下にと這っていきました。
そして誰も触れたことのないアナルを弄りだしたのです。

ビクンッ!

初めての感覚に身体が反応しました。
(嫌っ、恥ずかしい)と思いながら、未体験の気持ち良さを感じました。
恍惚の声を上げると彼の指はそこばかり責め始めます。

「ここ、気持ちいいの?」

その問いに頷くと、スルッと何かが入ってきました。
ゴツゴツした彼の指が半分くらい入れられ、中でクネクネと動いています。
こんな感じは初めてでした。
大きく円を描くように指でかき回されました。

「ここに、チンポ入れようか?」

私は何も考えず頷いてしまいました。
腰を高く上げられ、彼がアナルを舐めてきました。
唾がいっぱいその部分に付いています。
私も彼のを口に含み、唾をいっぱい付けました。

正常位でした。
いつもなら慣れた穴に入ってくる男性の肉棒。
その硬く反り返ったモノはアナルに押し当てられ、ゆっくりと侵入してきました。
少しの痛み、そして違和感。
怖かったけど意外にもすんなりと、私のお尻は彼を包み込みました。
この年になってのロストヴァージンでした。

深くねじ込まれる肉棒。
味わったことのない快感に私は大声で喘いでいました。
やがて彼が私の中に精を吐き出しました。

初めての浮気、初めて身体を重ねる男性と、いきなりアナル初体験。
ちょっと変態な初エッチでした。

その日は彼の部屋に泊まり、朝まで普通のエッチやアナルでのエッチを体験しました。
アナルの処女を捧げてしまったことで、彼は会うたびにアブノーマルなプレイを求め、私もそれを受け入れていきました。
こうなるはずじゃなかった出会いなのに、今では彼の性奴隷として彼の部屋に通ういけない人妻となっています。