シャッターを切りながら美少女をナメナメ

この体験談は約 7 分で読めます。

俺は素人のカメラマンなんだけど、女性を撮影したくて、何か良い方法はないかと考えた。
ネットで募集してみようと思いつき、SNSで写真のモデルを募集したら、近県の専門学校生が応募してきた。
普段から俺は自分の撮影した写真を自分のホームページで掲載していて、その学生の女の子は見てくれてるらしく、「ファンです」とも言ってくれた。
長距離遠征は面倒くさいので近場専門で普段は撮ってるけど、稀に見る美少女だった。

(こんな美少女が被写体になってくれるなら!)

そう思い、往復6時間の撮影遠征に出かけた。

待ち合わせに現れた子は、今まで20人ぐらい撮ってきた素人のモデルさんの中でもピカイチの女の子。
19歳、スリムな162センチ。
ちっぱい女子ですが、そんなの全然かまわないぐらい可愛い。
クラスで一番というより学年で一番というレベルの美少女。

綺麗だから綺麗に撮って当たり前。
美少女は逆にプレッシャーがかかる。
20歳の頃のゴマキを清楚にした感じなので、ここからは『マキちゃん』と呼ぶ。

「私、ブロマイドみたいなアイドルっぽい写真より、俺さんみたいな個性的な作品のモデルになりたいんです」

「ありがとう、じゃ絶対にいい写真撮るから」

そしてロケ地に向かった。
マキちゃんの希望のロケ地は海。
6月ということで人っ子ひとりいない海で、ロングのマキシワンピ姿のマキちゃんを撮影した。
裸やエロじゃなくて普通のポートレート。
撮影画像をPCに取り込んで見せると、「すごーい!私じゃないみたいに綺麗」とご満悦のマキ。
こう言ってくれる優しさ素直さも嬉しい。
撮影に慣れてるから表情やポーズも上手い。

その日の撮影はそのまま終了。

「近々また撮って欲しい」というリクエストをもらい、俺の過去の写真をPCで一緒に見ながら次の撮影の打ち合わせした。

サイトでマキも事前に俺の写真を見ているのだろうけど、見せるのをちょっと躊躇った。
実は俺、“エロカメラおやじ”で、過去写真はヌードあり、水着あり、下着ありという内容。
こんなの見せたら嫌われて、次は無しになるかもとも思った。
でも彼女の反応は、「かっこいい」「きれい」と俺のヌード写真やきわどい写真にも目を輝かせたのでほっとした。

マキの強い希望で、またまた海でのロケ。
見渡す限りの砂浜で女の子がキャミ姿でお腹まで海に浸かった写真と、岩場でブラ&ショーツで女の子が寝転ぶ写真をマキはいたく気に入った。
見せれないので伝わらないけど、なかなかいい写真なんよ。

「私もここで撮りたい。今度は私がそちらまで行きますから連れてって欲しい」

「でもここすっごい田舎。俺の町まで来るのに3時間かかる上に、そこからさらに3時間近くかかる。車中泊するぐらいの気合いがいるよ」

「じゃ土曜の早朝に出ます。日曜日の深夜までに家に帰れたらいいです」

「なら民宿でも予約しとくわ」

ということで、お泊りの撮影旅行ということになった。

で、撮影当日。
午前10時待ち合わせの駅に現れたマキ。
2度目ということで笑顔が人懐っこくて本当に可愛い。
タンクトップにミニスカ。
嫌でも周りの目を引くレベル。
両手にはバッグが2つ。
家出少女にしか見えん・・・。

早速、俺の車で秘境のビーチまで4時間の移動。
まだ書いてなかったけど、俺は既婚の41歳。
妻(28歳)と2人で住んでる。
子はなし。
月に1~2回は撮影に行くことを妻は認めてくれている。
さすがに女の子と泊りがけでということは言えないから、「東京にいる古い付き合いの友人にイベント撮影を頼まれたので行ってくる」と軽く嘘をついた。
すまん、嫁。

マキが後部座席に荷物を入れるとき前屈みになった。
5秒ほど胸の谷間が見えた。
Bカップでもこの体勢で見るとちょうどいい感じの大きさ。
美乳を予感して勃起した。

(泊りがけを了承してるってことは、抱かれる覚悟で来てるのかな?)

勝手に妄想もした。
まあセックスは無理でも、こんなきれいな女の子とゆっくり時間を過ごせて、水着姿やそれ以上の露出をゆっくり撮れるだけでもいいやと思った。
助手席の綺麗な長い脚をちらちら見ながら目的地までドライブした。

「どんな服持って来た?」

「ワンピース5枚に水着4着。それに可愛いキャミとかいっぱい持って来た」

(おおっ、キャミ!それもいっぱい!)

「ところで、ちらっとさっき見えたけど、おっぱいの谷間がむっちゃきれい。CかDぐらいある?」

「そんなにないない。もー、胸とかばっかり見ないでください!」

「ごめん。じゃあ足でも見るね」

と、助手席のマキの細い足をちらっ。

「もぅー。もっとかっこいいカメラマンかと思ったのに」

「エロおやじでごめんね」

「でも爽やかなエロおやじやから許す!」

こんな感じで下ネタも交えて楽しく移動した。

ビーチの外れの誰もいない場所。
ここが目的地。
あまりの絶景にマキのテンションはMAX。
マジでここなら沖縄の海にも勝てると思う。

「その服装のまま海に飛び込もう。下着濡れるけど大丈夫?」

返答もせず海に向けて走るマキ。
俺もカメラを持って後を追いながら撮る。
マキは胸のあたりまで水に浸かりはしゃいでいる。

「カメラマンさんもこっちおいでよ」

「カメラが濡れるからそこまでは無理」

俺は腰まで水に浸かり、波に戯れるマキを撮った。

「撮影は後にして遊ぼうよ」

マキがそう言うので、カメラを浜に置いてしばらく遊んだ。
マキを肩車してかなり深いところまで行って思いっきり海に投げ込んだり、マキはマキで潜水して俺の脚にタックルして来たり。
恋人達が戯れるかのような時間を過ごした。
いや、他人から見ればスキンシップの多い親子に見えるのか?
薄いピンクのタンクトップが透けてネイビーのブラジャーがくっきり見えて何とも色っぽい。

「下着じゃなくて水着を下に着ればよかった」

「ダメ。俺は水着より下着の方が断然いいと思う。水着なら恥ずかしくないけど、今は恥ずかしいでしょ?」

まじまじと胸のあたりを見ると急に胸を手で覆い、「もうっ、エロおやじ」とマキは可愛く怒った。
マキは水着に着替えたいと言ったが、下着好きの俺は、「じゃ、そのタンクトップをワンピース代わりにしてスカート脱ごう」と言った。

「いいよ」と、マキはスカートを脱ぎ捨てた。

タンクトップの丈は短く、へそ下までしかない。
ワンピースとしては機能せず、ブラとお揃いの濃紺のパンツは丸見え。
そして岩場に移動し、ねっとりと撮影した。

「じゃ裸になって海に浸かろうか?」と誘ったが、「いや、もうっ。水着に着替える」とつれないことを言われ、4種類の水着で夕暮れまで撮影を楽しんだ。

その後、民宿にチェックインした。
部屋に入りマキは、「えっ、部屋一つなの?」とちょっと怒った。

「いや布団は2つあるし」と平然と答えてみた。

「どうせ部屋でまだまだ撮るし」と言い訳にならない言い訳をした。

余談だけど。
俺、水着撮影って、ほとんど興味ない。
全くエロスを感じない。
なら、たくし上げたロングスカートからチラっと見える足とかのほうが断然いい。

そして民宿の食堂で地元の魚をあてにビールを飲んだ。
新鮮な魚介に目の前には美しいマキ。
最高にビールが美味い。
マキも、「こんな美味しいもの食べるの初めて」と感動してた。
ビールがいい感じにまわって赤らめた顔が可愛い。
酒のせいもあり愛おしくも思えた。

飲みなが彼女の話を聞いてみると、母子家庭で母と弟の3人で暮らしているらしい。

(ああ、やっぱり・・・)

海で遊ぶ時、抱っこをしたり肩車をした時のはしゃぎようを思うと、父親に遊んでもらってるような気分だったのかもしれない。
それを思うとマキが一層愛しく感じた。

食堂にいる他の宿泊客は、40代ぐらいの磯釣り客と20代サーファーの男。
みんな無言で黙々飯を食っているが、40歳に差しかかった俺と19歳の美しいマキの奇妙なカップルの様子が気になるようで、聞き耳を立てたり、ちらちらマキを見たりしている。
彼らは今夜、寝る前、俺とマキのセックスを思い浮かべてオナニーをするだろう。
俺が逆の立場なら絶対そうする!

部屋に戻るとマキに聞かれた。

「セクシー系の下着と可愛いのどっちがいい?」

「両方。まずはセクシー系で」

ピンクのテディに着替える彼女。
俺は仰向けに寝そべりカメラを構えた。

「俺を恋人だと思って誘惑してみて」

彼女は俺に跨がり、膝立ちの体勢でレンズあたりを撫でる仕草をする。
下からバシャバシャとストロボを焚きシャッターを切る。
レンズ付近に伸びたマキの手を引き寄せ、指を俺の口に含む。
指に舌を絡めながらシャッターを切り続ける。
暗い室内がシャッター音とともに光り、繰り返しマキの肢体が美しく照らされる。

「シャッターの音に興奮してる?」

「いや、この指の方が」

そうマキが言った時、強く舌を指に絡めて吸った。

「あっ」と可愛い声で鳴く。

その間もシャッターを切り続ける。
俺は膝を曲げ、俺に跨がった彼女の股間に膝を押し当てた。
マキはひとしきり「あぁ」と悶え声をあげた後、俺に抱きつき、自分の股間を膝に強く立てて腰を振った。

「おいおい、撮影できないよ」

俺にそう言われても、お構いなくカメラを俺から奪って横に置き、唇に吸いついてきた。
その間も腰を振り続けている。
そしてマキは自ら身に着けている全てを脱ぎ捨てた。

「下着で撮るって言ったのに。下着着たの一瞬やったね。でもマキは、裸んぼうが一番可愛いね」

俺がそう言うと恥ずかしそうに胸を隠した。
そして俺はTシャツ、ジーンズ、パンツを彼女に脱がせてもらった。
その間ずっと俺は仰向けで寝そべったまま。
キスはしたが、おっぱいさえまだ触れていない。

「マキちゃん、俺の上に跨がって」

「えっいきなり?まだ入んないよ」

「違うよ。顔の上に座って」

彼女を膝立ちにさせ、彼女の股間の下に仰向けのまま潜り込んだ。
69とは逆の方向を向いて俺の顔の上に跨がって、上体は起こしたままの体勢だ。
最初はまんこの横のヒダのあたりをゆっくり舐めた。

「いやっ、シャワー浴びてないし」

言葉では抵抗したが体は抵抗しなかった。
顔面に騎乗した彼女のクリトリスあたりを甘噛みしながら、決して大きくはないが弾力が素晴らしい美乳を揉みながら下から彼女を眺めた。
マキは、「あふっ」と声を出しながら腰をビクビク動かして仰け反る。
そして俺の体の上に仰向けになった。

「だめ、ちゃんと座って」

もう一度座らせ上体を起こさせた。

「仰け反らずに、ちゃんと下を見て俺の目を見て。絶対そのまま」

彼女から見れば、しゃがんだ自分のまんこの下におっさんの顔がある。
その光景は、耐え難く恥ずかしいらしい。
でも股間を舐めている間中、すすり泣くような声を漏らしながら俺を見つめ続ける彼女の何とも言えない表情を、今思い出すだけで興奮する。

(このままマキと逃避行を続けたい)

そんな思いにも一瞬駆られたが、その日の晩はたっぷりと楽しんで、次の日は普通に別れた。
これにて美少女モデルとの撮影旅行の話は終わりです。