寝落ちした妹の処女マンに先っぽだけ入れてみた

この体験談は約 4 分で読めます。

俺は会社員の25歳。
実の妹と義理の妹がいる。
義理の妹とは仲がいいが、実の妹とはあまり話さないし、仲もそんなに良くない。

今回は実の妹の話。
年は21歳、身長165センチ、胸はDカップ(ブラで確認)。
名前はゆう。
生意気な性格で負けず嫌いだ。

ある日、仕事から帰ってきた妹が、「疲れたぁ!明日は休みだから寝る!」と言ってバッグがら錠剤を取り出した!

「ゆう、風邪でも引いたんか?」

「はっ?違うし、最近はこれ飲まないと寝れないの!」

睡眠導入剤だとわかり、「こんなもん飲んだら疲れが取れないぞ!」と薬を取り上げたら、いつもなら反抗するのにその日は違い、少ししょげた感じで、「だって、昼勤と夜勤のシフトにまだ慣れないし、寝たくても寝れないんだもん」って少し半泣きっぽくなってきた。

「久しぶりに飲むか?愚痴なら聞くし。ただ、もうこんな時間だから俺の部屋で飲むしかないけど」

「うん、少しなら・・・」

ゆうはパジャマに着替え、俺の部屋に行って2時間くらい愚痴を聞きながら飲んだ。

「今日で最後にするから薬、返して」

「あまり考え込まないで少しは相談しろよ!」

そう言って薬を返した。
ゆうは薬を飲んだらまた愚痴を喋り始めた。

「もうこんな時間だから寝よう」

「お兄ちゃんが愚痴聞くって言ったんだから、ちゃんと愚痴聞いてよね!とことん聞いてもらうよ!」

ゆうは俺のベッドを占領し、また喋り始めた。
しかし数分後、ゆうが静かになり、スースーと寝息を立てて寝てしまった。

(なんなんだよ、散々愚痴って寝るんかい!)

などと思いつつ、ゆうにタオルケットをかけた。
その時、ゆうの胸元に目が行った。

(これだけ愚痴を聞いたんだから、少しはいいよな・・・)

ゆうのパジャマの上から胸を触ってみたがあまりよく判らなかったので、パジャマのボタンを取ってびっくり!
ブラが前ホックだ!
俺はドキドキしながらホックを外した。
すると今までホールドされていたゆうのおっぱいがブラを弾き、ブルンッ!と揺れながら現れた。

ゆうが洗濯で出したブラにDカップと書いてあるのは確認していたが、そのおっぱいが今、目の前にある!
形は綺麗で、乳輪が少しプックリしているが、乳首は綺麗なピンク色をしている。

もう俺のちんこはギチギチに勃起していて、ゆうのおっぱいを鷲掴みにし、乳首を舐めながら片方の手でちんこをしごいた。
イキそうになったのでゆうのおっぱいにぶっかけた。
白い精液がゆうの乳首やおっぱい全体を犯していると思うと、またちんこがパンパンになっていた。

次はドロドロになってるゆうのおっぱいにちんこを挟み、パイズリをした。
さっき出した精子がゆうの柔らかいおっぱいと良い感じに馴染んで最高に気持ちいい!
あっという間にゆうのおっぱいに射精した。

精子だらけのちんこをゆうの口に咥えさせる。
そして、精子まみれのおっぱいと、口から精子を垂らしてるゆうを何枚も携帯に納めた。
その後、ゆうの体を綺麗にし、俺はリビングのソファで寝た。

次の朝、ゆうはスッキリした顔で起きてきた。

「お兄ちゃん、昨日はありがとう。凄くスッキリしたよ♪」

(俺も凄くスッキリしたよ!)

「また溜まったら愚痴聞いてよね♪」

ゆうに肩をバシッ!と叩かれた。

そしてまた何週間と経ち、「お兄ちゃん、また愚痴聞いてよ!」とゆうが部屋に入ってきた。
しかも今回は酒臭い、飲み会の帰りらしい。
飲み会の愚痴、会社の愚痴、ゲロを吐くようにどんどん出てくる愚痴をひたすら聞いた。

「ゆう、まだ薬飲んでんのか?」

「少しは控えてるよ!さっき飲んだけどね!アハハ!」

呑気に笑うゆう。
数分したら案の定、人のベッドでイビキをかいて寝ている。
ゆうが起きないことを確認すると、スマホを準備し、全裸になり、ゆうのおっぱいを手際よく出した。
ブラのホックが後ろだったので上にずらした。

俺は、あの日以来、ゆうの花園を拝みたいとずっと待っていた。

ズボンをずらすと可愛らしい花柄のパンツが!
パンツを恐る恐る脱がすと綺麗なピンクのオマンコが丸見えになった。
毛は、一応は手入れしてある様子。

ちなみに妹はまだ処女で彼氏なし。

「ゆうの新品オマンコを今からお兄ちゃんが汚してあげるからな」

寝ているゆうに俺は囁き、ゆうのおっぱいを堪能し、ゆうの股を開き、オマンコを舐めた。
ゆうは基本朝風呂派なので、オマンコは汗で蒸れているが、その匂いもたまらない!
夢中で舐めまくっていたら「うっうっうっ」と腰を浮かせ、「あっ、うっんっんんん」と腰を落とし、また寝た。
寝ながらイッたみたいだ。
オマンコからも愛液が溢れてきたので全て飲み干した。

もうちんこはパンパンの我慢汁がダラダラ状態!
だが、さすがに処女を奪うのはマズイと思い、ちんこの先っぽだけ入れた。
ヌルヌルして少しキツいせいで、ゆうのおまんこを堪能する前にイッてしまった。
腹の上に出した精子を指ですくい、ゆうのマンコに全て入れた。

まだちんこはパンパンのままだったので、またマンコに宛てがい、入る所まで入れてみたが、やっぱりあまり深くは入らない。
先っぽだけで動いているとまたすぐイキそうになったので、今度は半分中でイキ、残りはマンコの外にぶっかけた。
外も中も俺の精子まみれ。
外の精子もオマンコの中に全て入れといてあげました。
そのままパンツを穿かせてズボンやブラなどしっかり直し、俺はリビングのソファでハメ撮りしたムービーを確認してから寝ました。

次の日、ゆうは起きるなりすぐお風呂に入っていました。
脱衣場にあったパンツを見ると少し血がついていて、妹の処女を軽く奪ったみたいでした。

次は完全に処女を奪うつもり。
ハメ撮りしたムービーをオナネタにして、次のチャンスを待っている今日この頃です。