会社の女の先輩にレズ調教されています

この体験談は約 3 分で読めます。

私は22歳でレズ歴1年半です。
書こうか迷いましたけど、告白します。

会社の飲み会で酔って、10歳年上の女の先輩の部屋に行ったときでした。
こたつで2人で缶ビールで乾杯してあれこれ会社の愚痴とか男のこととかしゃべってました。
先輩ってすごく胸が大きくて、すごくスタイル良くて、すっごい美人というか可愛いタイプ。
男性社員にも当然モテモテで、独身でいるのが不思議なくらい。
男性社員の間では、「誰かの愛人になっているんじゃないか?」って噂もありました。

で、それなりにビールを空けて酔っ払って寝ちゃったみたいでした。
ふと目が覚めると服脱がされてて、ブラも取られてパンツだけ。
手を後ろで縛られてました。

(え?)

って思ったそのとき、ちょうど先輩がお風呂から出てきて、状況がつかめない私に、「目が覚めた?」ってキスしてきました。

「ん・・・」

いきなりディープなやつ。
顔をがっちり押さえられて歯茎まで舐められました。

「ゆいちゃん、可愛いねっ」

「ちょっと・・・やめてくださいよ。女同士ですよ」

「私、女の子しか興味ないの」

って、そのまま胸を揉まれて、乳首摘まれて、あそこに先輩の指が。
今まで経験にないような刺激でした。
指の這わせ方とか、体の舐められ方が男の人と全然違う。

「ここなんてどう?」

あそこを刺激されて「あっっ」ってなった。

「じゃ、こっちはどう?」

「あっっ!!」

最後は先輩が持っている何種類ものバイブで責められた。
双頭バイブ、あそこの奥を刺激するやつ、三つ股のやつ、根元にボコボコがあって入り口を刺激するやつとか使われました。
そして、バイブの数だけイカされました。

「ゆいちゃん、記念に写真と動画も撮っちゃった。言うこと聞いてくれないと男性社員に流しちゃおっかな」とも言われ、私は先輩の言いなりになりました。

それからは週末になると先輩の部屋に行って、先輩の言いなりでした。
3ヶ月くらいで、部屋に入るなり「脱ぎなさい」と言われて、全裸になってから四つん這いになりました。
手を後ろで縛られることもあれば、四つん這いのまま後ろから舌やバイブであそこやクリちゃん、お尻を責められて・・・。
もちろんお尻の穴も開発されました。
今までお尻の穴なんて触ったこともなかったのに、浣腸されて、バイブを入れられて、3ヶ月で先輩の拳が入る様になってしまいました。
だんだんお尻が気持ちよくなってきて、一人で弄っていたのもあります。
お尻に拳を入れられて、あそこに入れられたバイブを触られるのが妙に気持ちいいんです。

6ヶ月くらい経った休みの日、先輩に誘われてあるお宅にお邪魔しました。
家にあがると先輩から服を脱ぐように言われて、首輪に四つん這いになって応接室に入りました。
応接室では椅子に座ることは許されず、床に座らされて。
先輩が言うには、家主は一人暮らしの60代の女性。
旦那さんに先立たれて、子供はすでに独立しているお宅。
先輩はソファに座ってコーヒーとケーキを、私は床にお皿に水とドッグフードをカラカラと入れられて、「全部残さず食べてね」って言われました。
先輩から、「私から連絡するまで、毎週末はここに来て彼女の言うことを聞くように」って言われました。

「できなかったら今までのゆいちゃんの調教動画と写真を売るからね」とも言われました。

先輩が帰った後、私は彼女に責められました。
彼女は60代だけど、とても60代には見えません。
30代と言われても納得するような感じの若々しい上品そうな奥様。

「あの子をこの道に入れたのは私なのよ」

私の手首を縛り、吊るすように柱の梁に縛られて、じっくり身体検査されました。

「ふふふ・・・これから楽しみね」って先輩以上の責めで、お尻もあそこもすごく気持ちよかった。

そして1年が経過しました。
先輩からは会社で会う程度、まだ戻るようにという連絡がありません・・・。
最近は彼女から平日でも朝早く来るようにと言われたので、平日は早起きして彼女の家に寄って、めちゃくちゃに責めてもらってから出勤しています。

今日も今から行って来ます・・・。