何度でもイカせてくれるテクニシャンなセフレ

この体験談は約 3 分で読めます。

出会い系っていうかSNS的な感じで使ってた。
ワタシ的には普通に友達探しが目的。
彼を選んだのは一番写メがカッコ良かったから。
音楽の趣味が合って話が盛り上がる。
メール開始から3日で電話して、そこから毎日メール&電話。
エロ話もありで、会ったらしちゃうのかな?
でも向こうはやたら自分のセックスに自信アリで、こういう男はたいがい下手なので(私の経験上)微妙・・・。

「飲みに行こう」と誘われ、会うことに。

某デパートの前で待ち合わせ。

「着いたよ」と電話があったのでキョロキョロ探してると、「◯◯ちゃん?」って声を掛けられた。

写メよりカッコイイ人キタ━━━━━(゜∀゜)━━━━━!!
服装もさすがショップ店員って感じでオシャレ!
かなり私のテンションがあがる。
向こうも「写メより実物の方が全然いい」と気に入ってくれて一安心。
落ち着いた感じのレストランバーに移動。
お酒が入って私の緊張もとけてきて話も弾んで楽しい!

いい感じに酔っ払ったところで店を出て公園へ。
ベンチに座ってまったりしてると髪を撫でられ見つめられる。
私はドキドキしちゃって照れ隠しで、「酔ってる?顔赤いよ~」と彼のほっぺを触ると彼も照れる。
カワイイ~!

「キスしていい?」と言われチューされる。

舌を入れてくる。
上手くてかなり気持ちいい!
超濡れやすい私はこの時点で濡れてるのが自分でもわかるw

「ヤバイ、したくなってきた」

彼にそう言われ、私もキスでスイッチ入ってしまったので、「じゃあする?」とラブホテルに移動。
部屋に入りとりあえずテレビを観ながら雑談。

「一緒にお風呂入ろう」と言われるも、恥ずかしいので断って一人で入る。
お風呂から出ると真っ暗で、ベッドに行ってみると・・・。

(えっ?コイツ寝てやがる・・・)

かなりヤル気満々だったのでちょっと悲しくなる。
私も寝ようかと思ったが全く眠くないのでゲーム開始。
ゲームに夢中になり30分ぐらいした頃に奴が起きてきた。

「ごめん~、てゆーか起こしてや」と言われ、ゲームやめさせられてキスされる。
首筋から始まって胸やお腹を丁寧に舐められ、「アッ・・・アンッ」と声が出ちゃう。
パンツの上からクリを弄られる。

「お前濡れすぎ。いつから濡れてた?」

意地悪っぽく言われて恥ずかしいけど、Mな私は萌え。
パンツを脱がされ「舐めて欲しい?」と言われクンニされて、思わず「ああんッ」とおっきい声で喘いじゃう。
ていうかクンニ上手すぎ!
それから延々クンニされて、イキにくいのに結局3回ぐらいイカされる。
もう我慢できなくなり「入れて・・・」と言うと、「まだダメ」と今度は指でイカされて・・・。

「お願い・・・もう無理」

やっと入れてくれた。
でも、入り口に先っぽを当ててまだ焦らしてくる。
散々焦らされた私は欲しくてたまらなくなり、「奥まで入れて!お願い・・・」と言うと一気に奥まで入れてきた。
彼のチンコはおっきくて硬くて、焦らされてたのもあり頭が真っ白になるぐらい気持ちいい~!!
正常位→バック→寝バックで彼がイク。

それから朝までひたすらしてましたw
仮眠をとって翌日のお昼にご飯食べて解散。

それから月2~3回会うセフレに。
お互いに彼氏・彼女ができたりして一時会わなくなったりしましたが、今はお互いフリーで変わらずセフレ関係です。

あなたセックス上手すぎです。
自信過剰じゃなかったんですね。
これからもずっと仲良くやっていけたらいいね!

めちゃくちゃ長くなっちゃいました・・・すみません。