イケメン高校生のヌキ要員にされてた彼女

この体験談は約 3 分で読めます。

『エッチの時に、思わず元彼・元カノの名前を言ってしまう』なんてことをたまに耳にしますが、実際ありえないだろうと思っていました。

しかし・・・。

先週末、カフェ店員をやってるロリ系の彼女(23歳)が、飲み会でベロンベロンになった状態で僕の家にやってきて、そのままベッドになだれこむようにしてエッチを始めました。
3週間ぶりに抱く彼女は酔ってるせいかエロい雰囲気で、いつもより興奮して突いていると突如・・・。

「◯◯君・・・気持ちいぃ・・・アッ・・・◯◯くん・・・」

知らない男の名前を連呼する彼女。

(コイツ、酔いが回って元彼の名前を呼んじゃってるよ・・・)

やや憤りを感じながらも、久々のエッチの快楽を味わいたい気持ちもあり、特に何を言うでもなく黙々と彼女の身体を抱き続けました。
すると、1度ならず2度までも・・・。

「アッ・・・◯◯くん・・・イッちゃうよ・・・」

知らない男の名前を言いながら果ててしまいました。
その様子に少し呆れつつも、(こっちはこっちで気持ちよくなってしまえ!)と若干吹っ切れ気味で突き続け、思わず彼女の中で出してしまいました。
しかし彼女は特に何も言うでもなくハァハァと息を荒げており、名前を間違えてたことや、中出しをされたことに全く気付いていない感じでした。
そして、一回戦が終わるや彼女はすぐに爆睡してしまい、もう一度したかった僕は少し物足りない感じでいました。

すると彼女のカバンの中から携帯のバイブ音が聞こえ、この時、心の中の悪魔が・・・。
いけないと分かりつつも、ひょっとしたら元彼と今も連絡を取ってて浮気をしてるのかもしれないと思い、彼女に気付かれないように携帯を持ってトイレに行きました。
背徳感を感じつつも、(そもそも名前を間違えるのがいけないんだ!)と盗み見すると、メールは女性の友達からでしたが、着信履歴を見るとさっきの『◯◯君』がたくさん・・・。

(コイツ、元彼と浮気してるのか?)

そう思ったのも束の間、メールの方の文体を見ると、『△△さん(彼女の名前)』となぜか敬語。
(いったい誰なんだ?)と思い、電話帳のグループ検索をしてみると、カフェメンバーのカテゴリに◯◯君の名前がありました。
元彼はカフェは関係ないはず・・・。
となると、現在進行の二股相手ということに。

これは問いただすしかないと思い、翌日彼女を問い詰めたところ、相手はなんとまだ高校3年生(18歳)と判明。
23歳にもなって高校生と浮気をしてるということに呆れながらも、なぜよりによってセックスも拙いであろう年下を選んだのかを聞くと、「かっこいいから・・・」とのこと・・・。
その単純過ぎる理由を聞いてより一層呆れつつ、「いつから浮気してたんだ?もう10回くらいやったのか?正直に答えてみ」と促すと、「エッチは数回だけだよ」との返答。

(いやいや、数回だけでも十分だろ!)と思う一方、「エッチは・・・」の部分を聞き逃さなかったので再び尋問すると、「身体を触らせたり、口で何回かしてあげてた」とのこと。

しかもイケメン高校生君は、学校に本命の彼女がいるということも後で判明・・・。
完全に欲望のみの関係だったわけです。
抜いて欲しい時に僕の彼女の家に行って抜いてもらう・・・、はたまた身体を貪る・・・。
そして、会う頻度が高かったのか、ベロンベロンになって理性を失い、つい最近抱かれてた男の名前を連呼していたわけです。

自分の彼女を性欲を満たす為に奉仕させていたと高校生に怒りを感じつつも、「イケメンだった」という極めて浅い理由でそれを受け入れてた彼女にとにかく呆れ、その場で別れることにしました。
これまで付き合ってきた彼女の中でも、かなり上手い方に入るフェラと騎乗位での腰使いを味わえなくなったことは残念でもあり、抜きたい時に極上フェラを味わっていた高校生のことを思うと、なんともやるせない気持ちを覚える今日この頃です・・・。