イケメンにナンパされて、気がついたらホテルで全裸

この体験談は約 3 分で読めます。

2年前の21歳の夏の出来事です。
結婚して2年目の夏、同窓会への出席も兼ねて、郷里に私一人で帰りました。
同窓会に出席して、お昼からビールとか飲んでて、久しぶりってこともあり、はしゃぎすぎてました。
お開きで2次会がカラオケ。
カラオケでもビール飲んでました。

夕方4時頃にお開きになり、みんなと別れ、実家に帰る途中にナンパに会ったのです。
ふらふら状態でした。

「彼女~何の帰り?可愛いね~~」
「ロングヘアー似合ってるし素敵だね」
「ちょっと止まって、話しようよ」

ナンパしてきた男を見ると、イケメンだったから立ち止まりました。

「彼女~酔っ払ってる?」

自分自身、呂律が回ってませんでした。
ふらつくし。
目も頭も回り始めて、男に寄り添ってしまい、「休みたい」って言いました。
勘違いしてたと思います。
腰に手を回してきて、私を抱きかかえる感じで歩いてました。

途中から記憶がないのです。
気がついたときは、ベッドで全裸でした。
男も全裸で、椅子に座ってこっちを見てました。

(なぜ?どうして?)

すぐ下を確認して、布団で身を隠しました。

「俺は酔って意識のない人と強引にしないから、安心しな」

ひと安心しましたが、お互い全裸です。
男を見ると、いきり立ったペニスをもろ出しにしていました。

「彼氏いるの?いくつ?」
「私、主婦です」

「若い主婦だ~。いくつ?」
「・・・21」

「若いね~。この状況、見られたら困るね?」

困惑してました。
男は私に近づいてきて、ペニスを顔の前に持ってきました。
まだ少しふらつき気味だったかもしれませんが、男は私の後ろに回り、後ろから抱き付いてきて、ベッドの横の大きな鏡に、布団を捲って見せるのです。
胸を鷲掴みされ、「鏡見てみろよ」って言われ、見ると恥ずかしさいっぱいで、いやらしかった。
胸を揉まれながら指があそこにきて、1本2本と入ってきた時、感じてきて、少し濡れ始めたのを感じました。
体に火が付いたみたいで急に全身が熱くなり、ますます濡れていやらしい音が聞こえてきました。

「感じてきたね~こんなに濡れてきたよ」

そう言いながら男は濡れた指を私の口に入れてきたのです。
私は完全に見知らぬ男としてることを忘れ、ただエッチ一色になり、感じるまま男がする行為に応えてました。
クンニを数分され、69になり、フェラしてると、舌があそこの中まできて、とうとう喘ぎ声が出ちゃいました。

バックから舐められてから入れられ、ゆっくり押し込むと激しくピストンして、両手で腰を掴み、ゆっくり押し込み、また激しくピストンされるのを繰り返しされ・・・。

「ああ~~イッちゃう~~~もうだめ~~イッちゃう~~」

叫んでると抜き、体位を変えて今度は正常位で両足を広げて挿入してきて、激しくピストンされて・・・。
私は気が遠くなり、イカされてしまいました。

数分後、びっくりです。
中出しされてました。
私の意識が戻ったことに気づいた男はまた挿入してきて、また私をガンガン突いてきて、絶叫とともに失神させられました。

自宅に戻った私は、「今すぐに子供が欲しい」と夫に迫り、中出ししてもらいました。
今、1歳の子供いますが、どちらの子かわかりません・・・。