アニメ声のロリ美少女にリードされながら

この体験談は約 4 分で読めます。

5歳年下の子に筆下ろししてもらった。
当時・・・というか、つい最近まで童貞だった俺は、早くエッチしてみたくてしょうがなかった。
出会いがあるかな~と淡い期待を胸に、1人の子(以降Kちゃんと呼ぶ)にメッセージを送る。

『はじめまして!掲示板から来ました。良かったら仲良くしてください』

的な感じで送ったら・・・。

『はじめまして!こちらこそよろしくお願いします』

と返事が!
嬉しさのあまりテンション上がりまくってヤバかったけど、今思えばよくサクラとかに引っ掛からなかったなって思うww

で、とにかく慎重に行こうと思って当たり障りのない会話をしばらくしてたんだ。
そこで分かったのが、Kちゃんは5つも下だったこと。
それである日、何気なく聞いてみた。

『彼氏とかいるの?』って。

そしたら、『うん・・・』と答えが返ってきた。
ちょっとショックだった。
でも、そのすぐ後に、『今、ケンカしてるの』と。
で、自称人の良い俺は、『もう一回彼氏と話してみなよ』と言った。
そしたらKちゃんは、『うん!』と素直に俺の言葉を受け入れた。

しばらくしてKちゃんからメッセージが届いた。

『彼氏と話した』

(そうかそうか、まぁ俺が役に立てたならよかったな)と偽善心ながら思っていると・・・。

『別れるって言ってきた』

えー!?なんでそうなんだよ!
俺が話したらって言ったのは、そっちの話じゃないのに。
そしたらKちゃんは何て言ったと思う?

『私には俺くんがいるから』

(え?え?どういう流れ?)

そう思いながら、心の中でガッツポーズをしてる俺。

それから俺は、『電話したい』って言った。
だって声を聞きたかったから。
そしたら、『いいよ~』と快諾。
電話で話すとKちゃんは、なんていうかアニメ声みたいな、でもキンキン声じゃなくて可愛らしい感じだった。

で、話してたら、「俺くんカワイイね」って言われた。
なんか声が可愛いらしいw
自覚ないし、今でもそうは思わない。
あと、顔もあんま良くないww

ともあれ、なかなかの好感触で電話を終えて、そのままの勢いで『顔見たいな~』と言ってみた。
するとあっさり写メを送ってきて、見るとそこには黒髪ロングの可愛らしいロリ少女がいた。
正直言ってかなりタイプで、『俺のも見せて』って言うから送ったら、『俺くんやっぱり可愛い』だって。
まぁお世辞だろうなと思いながらしばらくやり取りを続けた。

ある日、『私のことホントに好き?』とKちゃんが聞いてきた。
後から聞いたら、返しが素っ気ないように感じたらしい。
俺、やらかしたww
けど必死に弁解したらあっさり許してくれた。
そしたらKちゃんが、『俺くんに会いたいな』だって。
俺はキター!!ってめちゃ喜んでた。

で、『どこ行く~?』みたいな話してたら・・・。

Kちゃん『ホテル行く?』

俺『えっ?』

って聞き返しちゃったよw

俺『・・・いいの?』

Kちゃん『うん!』

正直に童貞ってことを話したら・・・。

Kちゃん『リードしてあげるね♪』

それで当日、会ってみたらやっぱり可愛い子で、むしろ写メより可愛い感じだった!
Kちゃんが手を握ってくる。

Kちゃん「・・・行こ」

ドキドキしながら事前にチェックしたホテルへ向かう。
処女じゃなかったのは残念だけど、今からこの子とエッチできると思ったらどうでも良くなったw
そしてホテルの一室へ。

Kちゃん「シャワー浴びよ?」

もう後はKちゃんに言われるがまま。
服はKちゃん脱がしてもらい、Kちゃんのも脱がしてあげた。
露わになったおっぱいは意外に大きく、むしゃぶりつきたいのを我慢してシャワーを浴びに行った。
先に体を洗ってもらい、次にKちゃんを洗うことに。
そこで中指でKちゃんのマンコを弄ってみると、みるみるうちに濡れていくのがわかった。
童貞ながらAVで(観て)鍛えた俺のテクが彼女を気持ちよくさせている!
そう思ったら興奮してきて中指のスピードを速めた。

Kちゃん「アッ・・・アン//」

Kちゃんが可愛い声で喘ぐ。

Kちゃん「やぁ・・・だめぇ//」

早くしたくてすぐにベッドに2人で向かう。
ベッドに行ったらKちゃんは俺のチンコを舐め始めた。
焦らすようにゆっくりゆっくりと。
早く咥えて欲しいと思っていると、やがて温かい感触がチンコを包み込む。
彼女がチンコを全部咥えたのだ。
ジュポジュポといやらしい音を立ててフェラしている。

(ヤバっ気持ちいい・・・)

と思ったら、ゴムをつけられて騎乗位で挿入。
Kの膣内はキツく締め付けてくる。
そしてわずか2分ほどで俺は果てた・・・。

俺「ごめん・・・」

Kちゃん「大丈夫だよ♪初めてだもんね」

ぎゅーっと抱き締められながら頭をいい子いい子された。
そしてお掃除フェラしてくれて、結局3回した。

最後にKちゃんが、「・・・生でしてみたい」と言ってきた。

Kちゃん「・・・ダメ?」

もう可愛すぎるから!
そして1度だけ生で挿入。
腰を動かすも、2、3回で果てそうになる。
なので結局ゴムをつけ、本日4回目の発射。
最後は2人でずっと抱き合っていた。