同じ部署にいた4人のセフレちゃん

この体験談は約 3 分で読めます。

A:元カノ、セフレ。
この中では一番派手目で日常ツンだが、セックスはドMの甘えたがり。
イクときは正常位で抱き締め合いながら中出しが約束。
体の相性は抜群で、お互い蕩けて正体なくなるような感じになる。
フェラは仕込んだ甲斐あって、袋も頬張れば、アナルまでがっちりすする。
もう30歳だっけ?

B:セフレ。
遠距離の彼氏持ちだが、週末は俺の部屋にほぼ泊まってる。
清楚で大人しそうだが、結構気は強い。
お気に入りは、膝を立てた騎乗位で手を貝握りで繋ぎながら自分から腰を振って、何度か軽くイッたら倒れこんできて、唾液交換ディープキスをしながら俺が突き上げるってやつ。
抜かずの中が習慣で、最後はホイップを口でお掃除。
日曜も泊まった。
月曜の朝は、息子が落ち着くまで出勤前に口内発射。
北陸地方の彼氏、ごめん。
週末のメールは、ほとんどハメながら俺が打ってる。

C:前カノ(Aより後)。
付き合ってた時に二股をかけられてたので、セフレに格下げ。
マグロだったが、バック系や座位に弱いことを発見。
白い肌がほんのり赤くなっていくのが色っぽかった。
いつの間にか妊娠して、本命と結婚。
ずっと中に出してたけど、俺の子じゃないよね?

D:セフレ。
妹みたいに可愛がってて、飲みに行って気づいたらホテルに。
最初は完全に“喰われた!”と思った。
体つきは一番エロいが、色っぽいというより健康的な感じで、AやBとの快感を貪るのとは違い、スポーツしてるようなセックス。
一番ノリがいいのに、唯一中で出させてくれない。

A、B、C、Dは俺と同じ部署で、毎日顔を突き合わせるような座席位置で1年ほど仕事をしていた。
その部署に出向くのは凄い怖かった。
C以外とは現役続行中。
これから書くことは、フィクションということでお願いします。

Bが結婚することになりました。
おめでたいことなのですが、ちょっとした告白を受けました。

気持ちは俺の方に向いていた(まだ向いている)。
ずっと奪って欲しかった。
一度、妊娠していた。
しかし、ちょうどCと付き合っていた時期で、Cとの関係を壊したくなかったので黙って堕ろした。
俺がCと別れたことを知ってからは、ピルは飲んでいなかった。
もう戻れないが、2週間だけ夫婦でいさせて欲しい。

そう言って、夫には長期出張とでも理由をつけてきたのか、2週間と3日の奇妙な同棲をしました。
正直頭が混乱しましたが、もう会わないだろうと思うと急に愛おしくなり、独り占めしたくなりました。

僕が出した2週間の同棲の条件です。
・周囲に絶対に気取られないこと。
・昼夕、夫には『愛してる』『早く抱いて欲しい』のメールを送ること。
・その期間は、俺の買ったネックレスをすること。
・俺の求めには必ず応じること。
・思い出にハメ撮りを認めること。
最後の条件はフッカケでしたが、すんなりOKしました。

部屋の中ではほぼ裸で、料理する時にエプロンする程度。
帰宅すれば、シャワーも浴びず、全身を舐めあってから(お互い感触を知らないのは頭皮と眼球だけです)、一発。

隣りあって座って食事を口へ運びあったり、ワインを口移ししたり。
台所では後ろから抱き締めるような姿勢で洗いもの。
風呂では洗いっこ、立ちバック、湯船座位。

言ってもいないのに、「あなた愛してる」とかを挟んできた。
さすがに脳内が勘違いしそうになった。

これまで職場では今まで一度もなかったが、夜、会議室に鍵を掛けて制服で一発。
全裸にして駅弁でオフィスを一周。
中出ししたまま着替えてこさせて、そのままもう一戦とかもした。

1週間経つと、Bに俺の傷痕を残したい衝動に駆られた。
(中出しとか、妊娠とかはあったんだけど)

「Bとの一生の思い出が欲しい、Bの初めてが欲しい」と口説いて、後ろを頂戴した。

最後は、おしっこしたての一物を掃除までしてくれるようになった。

ハメ撮りもしたけど、たぶん一生観ないだろうな。
見ると変な気持ちになりそう。