体力バカだった俺の初体験

この体験談は約 6 分で読めます。

超田舎公立大学で四年間、アホみたいに陸上競技ばっかりやってたら、なぜか財閥系企業に就職。
もちろん体力枠だけど田舎の家族は大喜び。
回覧板に載って村内放送くらいの大騒ぎ。
陸上しか能のないスーパーバカの俺にとっても大満足。

意気揚々と入社したら、初めの配属は本社から遠く離れた地方の支社。
近くにコンビニしかなかった大学と比べたら、地方都市だろうが大都会。
沢山あるテレビのチャンネルや、車や人の多さに面食らいながら、「バカだけど何でもやります、お願いします」と仕事相手に頭を下げまくる毎日だが、もともとバカなので全然苦痛じゃない。
会社の中の地位は最底辺なのだが、取引先は俺にまで大接待。
親父くらいの年の人も敬語で話し掛ける始末。

自分で言うのもなんだが、顔は少し濃いが、それほど悪くない。
身長180センチ、頭は空っぽだが体はそこそこ。
しかし中高男子校で、女子としゃべる技術の取得に失敗。
大学でも女子からは「怖すぎ」「武士」「おそらくハードゲイ」と勝手なことを言われ、清い身体のまま24年間が過ぎていた。

配属から3ヶ月経ったある土曜日、支社の何人かで集まってバーベキューをした。
酒を飲まされながら肉を焼き、ゴミを集め、集まった子供の遊び相手をしていた俺を、事務職の女性(堀ちえみ似、3歳年上、地元女子大卒)が、職場と同じように手伝ってくれた。
ちえみさんは俺より3つ年上。
小柄だけどやや巨乳&閉まったウエスト&綺麗な脚のバディで、ほぼ毎晩俺のおかずになっている人だ。

「前任の支局長と不倫してた」
「あのタイプは床上手」

みたいな先輩の噂が俺の妄想をさらに加速させていた。

めちゃくちゃに酔わされた俺は、先輩にそそのかされ、「ちえみさんラブ!!俺のオンナになってくれ!!俺の初めてを捧げます!!」などと叫ばされた。
その時勢いで約束したデートが、俺の初体験の日になったわけだ。

映画を見に行った後、居酒屋に入ったのだが、素面の俺は当然ガチガチ。
胸元が開いたノースリーブのシャツから白い胸の谷間がちらちら見えて、あそこもガチガチだ。
今でもなんでそんなにうまくいったのかわからないが、店を出た後、ちえみさんは俺のマンションに一緒にやってきた。
部屋に入りしばらく無言になった後、俺は彼女を押し倒してしまった。
やはり童貞はこじらせるとヤバい。
びっくりした顔のちえみさんを上から見下ろした時、(やべえ、会社人生終わった)と後悔した。

しかし、ちえみさんが抵抗する様子を見せないのでそのままキスをすると、これは不思議、ちえみさんは両手を俺の肩に回して「電気消して・・・」と言った。
ベッドに上がり、カクカク変な動きで服を脱がして(自分から脱いだようにも思えるが)、とりあえず胸にしゃぶりついた。
おっぱい最高。
汗ばんだ肌とか、ムニョムニョした柔らかさは3次元でしか味わえないんだ。
なんかわからないが、あそこと思われる場所に指を入れるとなんかグショグショしている。
指をさらに奥に入れると、「あっ」なんて普段と違った声を小さくあげるのにはびっくりだ。
恐る恐る指をクチュクチュしていると、なぜかちえみさんの声がかすれてきて、より一層グショグショしてきた。

アホさ爆発の俺は、「で、どうしたらいいんじゃ・・」と小声で呟くと、薄目で俺を見ていたちえみさんは思わず「え?」と笑った後、「いいよ」とだけ言って俺の腰に回した手に力を入れたので、なんとか入り口に先っぽを当てて、ぐっと腰を出してみた。
にゅるっと入り、それが余りに気持ちよかったので更に腰を突き出そうとすると、「ちょ・・ちょっと」とちえみさんが俺の動きを止めた。

「俺君、大きいから、ゆっくり」と恥ずかしそうに言う。

俺は必死に我慢しながらゆっくり奥に入れた。
丸々奥まで入れて少し腰を引くと、「ん」とちえみさんが口を半開きにする。
ちえみさんは俺の二の腕を掴んで、口を半開きにして、薄目で俺を見ながら、奥まで突くと「あ」と言い、先まで抜いたら「ん」と声をあげながら少しあごを上げる。

三回目に奥を突いた時、ドロっと出してしまい、(あ、だめだ)と思った瞬間、ドバドバピュピューっといった感じで全部中に出してしまった。

「え、え?」

さすがにちえみさんはびっくりした様子だったが、俺があまりにも気持ち良さそうな顔をしているので優しく頭を撫でて、「大丈夫?」と耳元で囁いた。
アホならせめて即答と決めている俺は、「大丈夫です!!逆に聞きたい、子供が出来たら結婚してくれますか?」と、硬いままのモノを入れたままプロポーズした。

ちえみさんは、「ちょっと待ってね」と言いながら体を起こそうとしたので、俺は慌てて抜いて座り直した。

「えっとね」とちえみさんは俺を見ながら、「兄弟は?今、結婚資金とか準備はあるの?私の色々な噂も聞いてるんじゃない?転勤するでしょ?会って3ヶ月で結婚なんかしたら私も俺君も皆に色々言われるんじゃないかな」など、次々と現実的な質問をぶつけてきた。
俺がしどろもどろになりつつ、イエスノーで答えているとちえみさんは、「じゃあ、赤ちゃん出来たらすぐに結婚できるように準備しとこっか」と言って俺にキスをした。

俺には何の文句もない。
そのまま倒れ込んで2回目に。
言われた通りゆっくりと腰を振っていたが、だんだんピストンが速くなっても今度は何も言われないので、本能のままギシギシ抜き挿しした。
ちえみさんの声もだんだん大きくなる。
うっかり抜いてしまい、慌てて入れ直した時、「ひゃん」みたいな声を上げて俺の肩に爪を立てた。
なんだかちえみさんも下から腰を振っているような気もした。

ここでどうでもいい話だが、俺がやってた中距離走は、陸上の中でもとりわけ体力が必要と言われる競技だ。
高校大学の七年間、ほぼ毎日走っていた俺は、体力&持久力&瞬発力だけは少し自信がある。
何を言いたいかというと、ランナーズハイになるまではしんどいだけの陸上なんかじゃなく、一突きする度に背骨まで気持ちよくなるセックスにこそ、すべての体力を注ぎ込む価値があることに、22年間かかってやっと気がついたってことだ。
まあ俺が3流アスリートだったってことだろう。

というわけで、デビュー戦の俺はもちろん延々腰を振り続けた。
腰のスピードを速くしすぎると、ちえみさんが軽く顔をしかめる。
ゆっくりだと下から腰を動かしたそうな素振りを見せる。
2回目にしてなんとなくコツを掴んだか、と思いきや暴発。
あまりの気持ちよさに半笑いになりながら最後の一滴まで中に出す俺は、下から見たらさぞ気持ち悪かっただろう。

腕立ての体勢の俺に下から抱きついてきたちえみさんが、「ちょっと休憩しよ」と言ったので、名残惜しかったが一回抜いて、ぎこちなくちえみさんを横抱きにしてみた。
俺の胸を撫でながら、「体脂肪率低いでしょー」と言うちえみさんが脚を絡めてきた。
至近距離の女の人っていうのは、たまらん匂いがする。
おまけに肌がすべすべ、かつ少し柔らかい。
当然モノは再勃起。
ちえみさんは何か話しているが、俺は当然生返事だ。

「今、何時だろ?」

ちえみさんが俺に背中を向けて腕時計を取ろうとした瞬間、たまらんようになり後ろから抱きついた。
フィジカルな勘だけは人並み以上なので、うまく後ろから挿入に成功。

「ちょ、ちょっと待って」と言うちえみさんの腰を掴んでベッドの中央に引き戻し、そのまま後ろから出し入れを始めると、「もう」とか「んっ」とか声を漏らすちえみさん。

AVで観たバックの体勢にすると、自然にお尻を高く上げたうつ伏せの姿勢をとるちえみさん。
やっぱり親切な人だ、と惚れ直した。

800メートルを走る時のスピード配分を思い出しながら腰を送り込んでみたが、あまりの気持ちよさとリアルで初めて見る腰のくびれに逆上、すぐにラスト100メートルのピッチでガシガシ出し入れしてしまった。
小さく声をあげるちえみさんは、AVなんかよりはるかにエロい。
3度目にも関わらず、5分ほどでまた発射。
腰をしっかり掴んで、またまた最後の一滴まで中に搾り出した。

ちえみさんはうつ伏せで枕を抱えたまま、「ひどいよー」と潤んだ目で俺を軽く睨む。

「す、すみません」

そう言いながら、ベッドと身体に挟まれて潰れた胸を見ていると、やっぱり再勃起。
ちょっと度胸のついた俺はちえみさんの左側に正座して、へそに付きそうになっているモノを隠さず見せた。

「・・・もう」

うつ伏せのまま左手を伸ばして俺のモノを軽く握るちえみさん。
力の入れ方が俺には絶妙に気持ちよく、思わず背筋が伸びる。
ゆるゆると扱きながら「慣れてる、とか思ってない?」と聞かれたので、「そんなことないです。俺こそ初めてで」と慌てて手を振りながら、股間から込み上げる気持ちよさに声がかすれる。

「ごめん、もう無理かも」とちえみさんが言うので、俺は内心がっかりしたものの、「すみませんすみません」と、とりあえず謝った。

その後、一緒にシャワーを浴びたのだが、当然その間も立ちっぱなし。
ちえみさんが帰った後で一発抜くしかないなーと思っていたら、バスタオルを身体に巻いた彼女が、「大丈夫?まだ、もしかして?」と言うので、ダメ元で「大丈夫じゃないかもしれません」と笑うと、少し考えた素振りを見せて、「これ、俺君だからするんだよ」と言って俺の足元に跪いた。

(これはもしかして!)

慌てて腰に巻いたタオルをとると、俺の太ももに両手を置き、ゆっくり先っぽを咥えて顔を動かし始めた。
根元を軽く握って、ゆっくりゆっくり顔を動かして、時々俺を見上げるちえみさん。
入社以来の妄想が一日で全部叶い、(もしかして俺、明日死ぬんじゃないか?)とも思ってしまった。

たまたまだろうが、俺のくびれに時々舌が当たり、ものすごく気持ちがいい。
少しむせたちえみさんが口を離して、「あごがはずれそう」と言いながら軽くモノをしごいた瞬間、先っぽから白い塊がどろっと流れ、その後1回、2回と発射してしまった。
優しいちえみさんは俺のビクビクが収まると、ゆっくり唇を被せて掃除してくれた。

それから3ヶ月間、会うたびにこのペースでちえみさんの中に出しまくっている。