高架下の駐輪場で3人のチンピラに輪姦された

この体験談は約 5 分で読めます。

私が女子高時代に体験したこと。
すでに初体験も済ませて、イクことも知っていた私の体・・・。
しかし・・・レイプは・・・これが初めてでした。

私服に着替えると、絶対に高校生には見られない私。
今夜もバイト先の喫茶店で常連客に下ネタの嵐を浴びせられ、挙句に閉店間際に入って来たチンピラみたいな奴らにナンパしまくられるもなんとかあしらって・・・。
その帰り道、電車の高架下の自転車駐輪場で自転車を押して出口へ行きかける私。
そのとき、人の話し声?
通路の先に3人の人影。

(あ・・・やだ・・・おしっこしてるし・・・)

高架下で陰になって道からは見えないのをいいことに3人並んで・・・。

(あ・・・あいつら・・・さっきのチンピラだ)

ニヤニヤしながら私を見てる。
帰りをつけられた?

「お~、姉ちゃんが見てるで~」
「エッチな姉ちゃんやな~」
「見慣れてそうやな~」

(ひっ・・・)

剥き出しのモノを振りながら私に近づいてくる3人。
自転車に乗って逃げようと跨いだら前からハンドルを掴まれて、後ろから腰をサドルに押しつけるように押さえられた。

「姉ちゃん、自転車に乗るの気持ちええやろ?」
「擦りつけて楽しんでるみたいやしな」

私の腰をサドルに押し付けるようにして前後に揺する。

「やだ・・・ちょっとやめて・・・だめっ、いやああああ」

ジーンズ生地のミニスカだから、もろにパンティー越しに・・・サドルが・・・食い込むように・・・。

「だめ、やめて、許して」

腰が前後するたびにクリが・・・花びらが押し開かれて・・・。

「だめ・・・いや・・・あぁぁぁ」

熱い唾液のような淫汁が溢れ出しはじめる。

「姉ちゃん、感じてるで」
「見てみ~、パンツがぐちゅぐちゅ」

サドルになめくじが這った跡のようにヌメヌメがついている。

「我慢せんと声出せよ~」
「ええ声聞かせて~」
「ほらほら~」

いっそうキツく押し付けて激しく揺すられる。
ギシキシとサドルが軋むほど強い力で押し付けられて・・・。

「あぁぁだめ・・・ぁぁぁぁやだ・・・あっぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

最初は体を支えて抵抗してた。
でも今は完全に力が抜けて、揺すられるのに合わせてただ揺れている私の体。
両足も弛緩しきったように・・・。
今は全体重がかかったサドルから擦り込まれる快感に身を委ねる私。
肉体を蕩けさすような快感に口を半開きにさせている私。
口の端からは唾液が糸を引くように垂れ落ちている。
男の太い舌が差し入れられて、私の歯茎を舐めあげる。
男の唾液が私の口に注がれる。
その拍子にバランスが崩れて、サドルがクリを捻るように割れ目に食い込んだ。
私の股間が爆発した。

「だめ、イクぅぅぅ、あ・・・」

肉体の奥から黒い塊が吹き出して体を弓なりにさせる私。
男らが両側から支えながら自転車から降ろされた。
そしてフェンスに手をつかさせて足を広げさせられる。
サイドが紐のビキニパンティーはいとも簡単に剥ぎとられて、バックから・・・。

「いやああああああ!」

溢れ出す淫汁でヌルヌルになっていた私の肉壷は、硬く勃起した男の肉棒を簡単に受け入れてしまった。

「あああああああ!」

奥深くまで押し込まれた男の性器。
私の意思とは関係なく、精液を搾り採ろうと動きはじめる私の体。

「お~最高~、この姉ちゃん最高~」

私の感触を楽しむように、ピストンはしないで私の腰を回す男。
私のまだ狭い膣の中を押し広げ、その柔らかな襞の感触を楽しんでいるようだ。
嫌なのに、チンピラの性器に密着して、精液を搾り採ろうとぜん動をはじめる私の膣。
子宮が下がりはじめる。
腰が勝手に動きはじめる。
全身から汗が吹き出す。

「あああ・・・」

だらしなく開いた口から滴り落ちる涎。
私とフェンスの間に股間を勃起させた男が割り込む。
私の開いた口に挿入される性器。
頭を掴んで揺すられる。
男の性器が瞬く間に私の涎でヌルヌルになり、伝って糸を引きながら垂れる。
上と下に2本の性器を突っ込まれて性玩具にされる私。
下半身は溢れ出した私の淫汁が太股を伝い、ピストンする男の性器を伝い、コンクリートに染みをつける。
私の幼い肉体は激しい責めで何度も何度も頂点を迎えさせられる。
崩れ落ちてはまた無理やり引き起こされて、凶器のような性器を突っ込まれる私。
男が私の腰を掴む手にいっそう力が入った。
下半身を叩きつけるように突き上げられる。
霞むような意識の中で、男が発射しようとしているのがわかった。
精液を求めて子宮が下がり、男の性器を包みこもうと、膣は搾り上げるように動く。

(やだやだやだ!妊娠させられる!)

「いやああああああ」

私の中で男の性器が大きく膨れ上がる。

「いやだあああああああああ~」

ドクドクと私の中で性器が脈打ち、私の中にドロドロの精液を注入する。

「いやああああああ」

男はすぐには抜かずに中で掻き回し、突き込むように性器を使う。
ジュポンと卑猥な音を立てて引き抜かれる性器。
男の性器の責めで押し広げられた私の膣がトンネルのように口を開けている。
その穴から今注入された精液が私の淫汁と混ざり合い、トロっと垂れている。

「ぶち込んでイカしたれ!」
「孕ましたれ!」

腰が砕けて立てない私をまた引き起こし、別の男がまた・・・。
最初の男の精液が押し込まれるのに合わせて逆流する。

「あああ、いやああああああ、許してえええ」

最初から激しく突き込む男。
ピストンされるたびに飛沫となって飛び散る精液と淫汁。
私の下半身太股からふくらはぎまで淫らな体液でヌルヌルになっている。
獣の体位で続けざまに突っ込まれる性器。
後ろから犯されながら胸を揉みしだかれる。
意志とは無関係に肉体の芯から湧き上がる淫らな歓び・・・。
我慢できない淫靡な快感・・・。
クズのような男達に犯されて、輪姦されて、溢れるほどの精液を注入される。
そんな異常な行為が私を狂わせる。
肉体の奥へ突き込まれるたびに仰け反り声をあげてよがる私。
全身から汗や体液が滴り、何度も絶頂を迎えては全身を痙攣させる私。

「もう・・・だ・・・め・・・許して・・・」

私の哀願も無視され、3人目が私を犯す。

「ああぁぁぁぁぁ、許してぇぇぇぇぇ」

絶えることなく私を襲う快感の嵐。
深夜の駐輪場で下半身のみ剥き出しにされた姿で凌辱され続ける。
3人目が私の中に出し終えた。
その場に崩れ落ちる私。
下半身を剥き出しにしたまま、大きく開いた股間から流れ落ちる精液。
剥ぎ取った私のパンティーやスカートで自分達の性器を拭うチンピラたち。

「最高やったで姉ちゃん」
「孕まんように、よう洗うとけよ」

チンピラたちの精液漬けにされた私の股間は、男たちが去った後も、まだ男の性器を求めるかのように痙攣を繰り返していた。

タイトルとURLをコピーしました