憧れの先輩の唇は男の人とは違う柔らかさだった

この体験談は約 3 分で読めます。

何年か前の話です。
ビアン系なんですが・・・。

会社の先輩Sさん。
キレイでスタイルもよくて仕事も出来て、男性社員からの熱い視線をよく浴びていて、でもサラリと受け流して、それでいて女性社員には優しくて、仕事もしっかり教えてくれるし、みんなの憧れの人だった。

私はその頃恋人にフラれたばっかりで、毎日元気がなくて落ち込んでばかりで、そんな私を見かねてかS先輩が、「飲みに行こうか」って誘ってくれた。
先輩にいっぱい愚痴を聞いてもらって、先輩の昔の恋愛話も聞いて、「私も色々ツライ恋してきたけど、お互いにもっといい人、きっと現れるよ!ねっ!元気出して」って言われてちょっと元気出た。
嬉しかった。
ここまでならよくある話。

「今日はうちに泊まっていきなよ。だいぶ酔っ払ってるみたいだし」

先輩に誘われるまま、先輩のマンションに着いた。
小奇麗なインテリア。
部屋も全然散らかってない。

(すごいな~、出来る人はなんでも出来ちゃうんだな~)

そう思いながらラグの上で寛がせてもらった。

「ほらっ、スーツがシワになっちゃうから、これに着替えなよ」

可愛い部屋着を渡された。
洗面所で着替えてリビングに戻ると、「可愛い~。Kちゃん(私)に似合うと思った」って言ってくれた。

「さっ!飲み直そ。明日は休みだし。飲んで男のことなんて忘れちゃえ!」

そう言われて、先輩に勧められるままに飲んだ。
美味しい白ワイン。
先輩もちょっと酔ってきたみたい。
目がトロンとしてる・・。

(なんだか・・・体の芯が熱くなってきた・・・アソコも・・・)

なんだかすっごくエッチしたい変な気分・・・。
先輩の顔が近づいてきて、先輩の唇と私の唇が触れた・・。
男の人と違う、柔らかい唇・・。

「先輩・・・」

ビックリしながらもなんだか体は熱くてその先を求めてる。

「Kちゃん・・・ずっと好きだったんだぁ・・・」

そう先輩が言って、私をラグに優しく押し倒した。

(抵抗しなきゃ・・・でも・・・力が入んない・・・それに気持ちいい)

先輩に乳首を優しく揉まれて、思わず声が出た。

「気持ちいい?Kちゃん・・・」

部屋着のカットソーを捲られて乳首を舐められた。
アソコがどんどん濡れるのがわかった。
先輩の手がパンティの上からアソコを撫でた。

「Kちゃん・・・気持ちよさそうになってるね」

もうされるがまま。
パンティを脱がされて、すっごく優しく触られた。
先輩の細くてキレイな指が、私のアソコを触ってる・・・。
先輩の柔らかい唇から舌が伸びてきてクリを舐める・・。
ゆっくり・・・優しく・・・。
いっぱい声が出て、イキそうで、でもイクのは我慢してた。
先輩の体が私から少し離れた。
私はラグの上で気持ちよさにボ~ッとしていた。

(・・・え・・・?)

先輩は男の人のオチンチンみたいなものを付けていた。
今思うと、ディルドとハーネスだった。

「ちゃんとゴムつけるから安心してね」

そのオチンチンみたいなモノにゴムをつけた先輩。

「Kちゃん・・・」

先輩のオチンチンみたいなモノが、ゆっくり私のアソコに入ってきた。

(・・・やだ・・・気持ちいい・・・)

先輩の動きはすごくよかった。
激しすぎずゆっくり過ぎず、出し入れされたり掻き回されたり。
クリに何かが当たって、それもすっごく気持ちいい。

「・・・や・・・先輩・・・イッちゃいそう・・・やだ・・・やめて・・・」

そう言いながらも自分の腰が動いているのがわかった。

「Kちゃん、恥ずかしくないからイッて。Kちゃんのイッた顔見せて」

そう先輩に言われた瞬間、イッちゃった。