夫が寝てる横でアナル挿入までせがんできた上司の巨乳妻

この体験談は約 4 分で読めます。

ある土曜日の晩、上司に招待され食事を頂くことになりました。
もちろん作ってくれたのは上司の奥さんのひとみさんです。
ひとみさんは二人の子持ちで44歳、美熟女です。
細身でジーンズがすごく似合うきれいな女性です。

なぜか昔から僕はひとみさんには可愛がってもらっていました。
電話を掛けても上司と喋るよりも、ひとみさんと喋っている方が長いくらいです。
よくひとみさんは僕に、「彼女できた?」とか「どんな子がタイプ?」などと聞いてくる事がありました。

その日も食事中は楽しいおしゃべりで盛り上がり、気づけば11時を過ぎていました。
上司が僕に気を遣って、「今日は泊まっていけ!」と言ってくれました。
僕も明日は特に用事があるわけでもなかったので、朝帰りすればいいと思い泊まらせてもらうことにしました。

ひとみさんが「お風呂入っておいで」と言ってくれたので、甘えて一番風呂に入れてもらいました。
次に上司。
上司が風呂に入っている間にひとみさんは食器の片付けを済ませ、「今日はリビングでみんなで寝ましょう」と、布団を3組敷いてくれました。
上司と交代でひとみさんがお風呂へ行きました。
布団の上で上司と馬鹿話を弾ませました。

しばらくすると上司が、「先に寝るぞ!」と言ってすぐに熟睡状態です。
上司が左端の布団、僕が右端の布団です。
間にひとみさんが来るようです。

僕はとりあえずひとみさんがお風呂から上がってくるまでは起きておこうと思い、しばらく待っていました。
もちろんその後はすぐに寝ようと思っていました。
ひとみさんが出てきたので、「すみませんが、僕も寝ます」と一言声掛けて僕は布団に入りました。

夜中の一時頃、ふと目が覚めました。
するとひとみさんが布団の中から僕の方を見ていて、目が合いました。

「まだ起きてたんですか?」

「あまり眠くなくて」

するとひとみさんが自分の布団を少し捲って、「横に来て」と言いました。
なぜか僕は素直に言うことを聞きました。
すごくいい匂いがしました。
次にひとみさんが僕の方へ体を寄せてきました。
僕の右手をとり、自分のおっぱいのオッパイに持っていきました。

凄く柔らかい感じです。
Cカップぐらいはあるでしょうか。
僕はゆっくりと巨乳オッパイを揉みました。
ひとみさんがため息のような、「は~ん」という小さな声を出しました。
僕もそれで興奮して乳首を摘んだりして、ひとみさんを喜ばしてあげようと思いました。
パジャマのボタンを三つだけ外して僕は乳首にキスをし、舌で転がし、吸い付きました。
すでに乳首は大きくなり硬くなっていました。

僕は先輩が横にいるのを忘れて、ひとみさんのズボンを膝まで下ろしました。
すごく小さなパンティーを着けていたので簡単にずらせました。
ひとみさんに上を向いてもらい、少し膝を立てて足を開くように促しました。
そしてひとみさんのクリトリスを中指の先で攻めました。
ひとみさんは掛け布団を噛んで必死に声を抑えていました。
おまんこはだんだんと濡れてきました。

指を入れてみるとスムーズに入りました。
中で指を動かすと、ひとみさんの腰が持ち上がりグネグネと自分で腰を動かしていました。
そろそろ僕もしてもらいたいと思ったので、ひとみさんの顔を僕のチンポのところに持ってき、てしゃぶってもらいました。
ひとみさんのフェラチオは今まで経験した女性の中では飛び抜けて上手で気持ちの良いものでした。

5分ほどして、ついにひとみさんが、「おまんこに入れて」と催促してきました。
先輩にばれたらマズいので、ひとみさんを横向きにさせて、僕は横からバックの体勢で入れました。
ひとみさんも僕に入れやすくさせる為に上手にお尻を突き出してくれました。
僕は音がしないように、にゅぷ~にゅぷ~とゆっくりピストンさせます。
ひとみさんが僕の右手を取り、おっぱいを揉んでと催促しています。
指で乳首を強く摘んであげました。

ひとみさんのお尻から僕のチンポに震えのようなものが伝わってきます。
ひとみさんはかなり興奮しているらしく、ついに正常位での挿入を催促してきました。
僕も勢いで上に乗り、思いっきりひとみさんのおまんこにチンポをピストンさせました。
ディープキスで声を出させないようにして、さらにピストンを激しくさせました。

するとひとみさんはなんと、「お尻に入れて」と言ってきたのです。
迷わず僕の大きくなったチンポを突き刺しました。
3分程ピストンさせるとひとみさんが「もうイキそう」と言うので、再び正常位でピストンしました。
ひとみさんはついにイッたようです。
イッた瞬間、ひとみさんのおまんこがぎゅ~っと締まりました。
体にはかなり力が入っているようで締まったおまんこはなかなか緩めてくれません。
僕のチンポから出た精液を一滴残らず搾り出します。

僕とひとみさんとの間で秘密ができた瞬間です。
またひとみさんとはやりたいです。
その機会を窺いつつ、ひとみさんのことを想像しながらオナニーしています。