美脚の女性課長に足コキしてもらった

この体験談は約 3 分で読めます。

4月の事です。
綾子課長(34歳)と名古屋に出張となりました。
商談が予想以上の成功で、接待を受けた後、課長と二人で乾杯をしました。
ご機嫌の課長は酒のピッチが早く、私の肩に掴まり、なんとかビジネスホテルの部屋に連れて来ました。
ベッドに倒れ込んだ課長のタイトスカートがめくれ、ベージュのストッキングに包まれた太ももが剥き出しになりました。

私(31歳)はドキッとしました。
綾子課長は美人で、特に美脚が有名で、人妻でありながら社内で人気がありました。
私は足フェチ、ストッキングフェチで、何度か綾子課長の足を想像してオナッた事があります。
太もも剥き出しの綾子課長の寝姿はたまらない光景でした。

(大丈夫かな?)

私は恐る恐る課長に近づき、黒いハイヒールを脱がしました。
ベージュのストッキング越しのつま先は長く、そして細く魅力的でした。
つま先で興奮するのはフェチの性です。
そっとストッキング越しのつま先を触ると少し湿っていました。
長時間ハイヒールの中で蒸れたつま先・・・。

(どんな匂いがするのだろう?)

私がゆっくりとつま先を鼻先に持って行こうとした瞬間。

「何してるの?」

綾子課長が私をじっと見ていました。

「課長・・・あ・・・」

セクハラ→クビ→変態扱い→人生終わった!

「野田くん・・・どーするつもりだったの?」

私は課長に憧れていて、どうしても課長の美脚をなんとかしたかったと、土下座しながら謝りました。

「頭上げなよ・・・(笑)。私の足が好きなの?」
「課長自身も好きで・・・」

「言い訳は結構よ!それで野田君、私で一人エッチとかしたことあるのかな?(笑)」
「もちろんです!最近は課長でしかしてません!!」(←嘘です)

「本当?光栄だな。今日の商談成功は野田君のおかげでもあるからサービスしてあげる」
「サービス?」

「私の足、少しだけ触っても良いよ。でもエッチは絶対ダメだからね!」
「分かりました・・・」

私は綾子課長のふくらはぎ、太ももを撫でていきました。

(あ~綾子課長の足・・・たまらない!!)

チラッと綾子課長を見ると顔が紅潮していました。
私はストッキング越しの足の甲に頬擦りしました。
すでに勃起です。

「野田君、本当に足、好きなんだね(笑)」

つま先を鼻先に持ってきて、勢いよく匂いを嗅ぎました。
ハイヒールの中で10時間以上閉じ込められていたつま先は、つ~んと匂いました。

「あ!匂いを嗅いじゃダメ!」

部下に足の匂いを知られる恥ずかしさに課長は狼狽しました。
私は勢いでストッキング越しの親指を口に含みしゃぶりました。

「野田君!汚いからダメ・・・」

「全然汚くない!綾子課長!」

「あん・・・野田君・・・」

(いける!)

私はタイトスカートを捲りました!
綾子課長のパンティ!!
小さく白いパンティがストッキング越しに見えました!

(やった!綾子課長のパンティ!)

初めて見た課長のパンティ。

(社内の男で見たのは俺が初めてかも?)

そう思うと興奮が増しました。
パンティの中心部に顔を埋めるとほのかなフェロモンの匂いがしました。
私は綾子課長の唇を奪いました。

「ダメ・・・」

そう言いながらも課長は私の舌を受け入れました。
キスに集中させて右手をストッキングの中に侵入させて、さらに白いパンティの中に潜り込ませました。
指にヘアの感触がフサフサと伝わりました。
さらに侵入するとヌルッとした感触が指先に伝わりました!

(綾子課長のアソコだ!!この俺が触った!!)

その時です。

「野田君!ダメ!」

課長は私を突き飛ばしました。
やり過ぎたか?ヤバいかな?

「私には夫がいるの・・・だから最後までは出来ない・・・」

二人とも冷静になりました。

「すみません!つい興奮して」

「私も悪かったわ・・・でも大丈夫かな?」

パンパンに膨らんだ私のトランクスを見て綾子課長が心配してました。

「これは地獄です!せめて課長の口で!」
「口はダメ!手だったら・・・」

「じゃー課長の足で擦って下さい!」
「えー!?足で!?」

綾子課長は目を瞑り、私はトランクスを脱ぎました。
ストッキングを穿いた両足で私の突起物を擦ると一気にイッてしまいました。

「この事は絶対秘密」と念を押され、綾子課長の部屋を出ました。

綾子課長の裸は拝めなかったですが、足フェチ、ストッキングフェチの私には最高の夜でした。